" />
FC2ブログ

乙女の祈り(1994)

otomeinori.jpg



(原題:Heavenly Creatures 1994年/ニュージーランド・アメリカ合作 100分)
監督/ピーター・ジャクソン 脚本/ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ 製作総指揮/ハンノ・ヒュース 製作/ジム・ブース 共同製作/ピーター・ジャクソン 撮影/アルン・ボリンガー 美術/グラント・メイジャー 音楽/ピーター・ダゼント 編集/ジェイミー・セルカーク
出演/メラニー・リンスキー、ケイト・ウィンスレット、サラ・パース、ダイアナ・ケント、クライブ・メリソン

概要とあらすじ
54年6月にニュージーランドで起きた実際の事件に材を取り、多感な二人の少女が、殺人の凶行に駆り立てられるまでを追った異色の心理ドラマ。思春期の少女特有の純粋さと残酷さを描くヴィヴィッドな演出と、少女たちが夢見る幻想世界を表現する斬新なヴィジュアル・センスが見もの。監督は「ブレインデッド」の奇才ピーター・ジャクソン。製作は「ブレインデッド」ほか、彼の前2作でもジャクソンとコンビを組んだジム・ブース、エクゼクティヴ・プロデューサーはハンノー・フス。脚本はジャクソンとテレビ映画出身で89年以来彼とパートナーを組むフランシス・ウォルシュの共同。撮影のアルン・ボリンガー、音楽のピーター・ダセント、編集のジェイミー・セルカークら、ジャクソン作品の常連組のほか、ヴィジュアル・エフェクトをW.E.T.A.、美術をグラント・メイジャーがそれぞれ担当。主演の少女2人には新人のメラニー・リンスキーとケイト・ウィンスレットがそれぞれ起用された。劇中歌として、50年代の人気歌手マリオ・ランザの『フニクリ・フニクラ』やプッチーニの『蝶々夫人』が使われるなど音楽的に多彩な内容となっている。ちなみにモデルとなった2人は現在社会復帰しており、ポウリーンはオークランドの書店に勤務し、ジュリエットは英国に戻った後アン・ペリーの名前で作家になったと報じられている。(映画.comより



君はひとりじゃない

『乙女の〜』とか『〜の祈り』というタイトルの映画が多すぎて
わけがわからなくなりかけているボクの記憶力を
嘲笑うかのようにど真ん中を突いてくる
『乙女の祈り』
監督は「指輪」以前のピーター・ジャクソンです。

1954年のニュージーランドで
実際に起きた事件を基にしている本作は
犯人の少女が綴っていた日記が重要な証拠となったことから
日記の記述をモノローグとして進みます。

絵を描くことが好きだけど、内気で友達もいない
ポーリン(メラニー・リンスキー)の女学校に
ジュリエット(ケイト・ウィンスレット)が転入してきます。
美しく溌剌としているジュリエットは家庭も裕福で
下宿宿を営むポーリンの家庭とは大違いなのですが、
マリオ・ランザというテノール歌手をきっかけに打ち解け、
急速に親密になっていくのでした。
ふたりが共同で小説を創作し、
粘土で登場人物の人形を作り、
ふたりだけの世界(「第四帝国」)を構築していくさまは
やっぱり『小さな悪の華』を思い出さずにはおれません。

ポーリンとジュリエットが
文学の世界に耽溺したり、
好きな歌手の写真を並べる儀式の真似事をするのは
『小さな悪の華』とそっくりですが、
それよりも、少女がともに二人組というのが
とても重要な気がします。
それぞれが孤独で疎外感を感じていた少女のまえに
かけがえのない理解者が現れることによって互いに触発され
たったひとりで鬱々と耕していた妄想の庭に
突如として大輪の花を咲かせるのではないでしょうか。
実際の事件の少女たちは
性行為も行なっていたということですが、
レズビアンだったというよりも
単に、性への興味から行為に及んだだけのような気がします。
(もちろん憶測)

少女目線の本作は
多彩なカメラワークとポップな編集、
そしてファンタジックな逸脱
で多幸感に溢れています。
実体化した粘土人形はポーリンを優しく受け入れ、
気に入らない大人を成敗してくれます。
やがてジュリエットが結核を再発させ、
長期療養を余儀なくされたことで
頻繁に会うことが出来なくなったふたりは
より一層無理解な親たちへの敵意を深め、
さらに互いの絆を固くするのです。

ジュリエットが南アフリカへ療養に行くことになり、
いよいよ離ればなれになってしまうふたり。
自分も南アフリカに行きたいと願うポーリンでしたが、
パスポートを得るためには親の同意が必要だけど、
頑固な母親が同意するはずがない。
ことごとく私たちの邪魔をする無学な母親。
ああ、母親さえいなければ……。


というわけで、ふたりは
ポーリンの母親殺害を実行に移すのです。
南アフリカ行きそのものを阻止するために
ジュリエットの両親を殺害するというのなら
まだ理屈がわかるのですが、
ふたりでともに南アフリカへ行くという目的に対して
母親殺害がまったく意味をなさないのは明らか。
少女たちの幼稚さと屈折した思考が窺えます。

エンドロールでは、ふたりのアイドル
マリオ・ランザが歌う『You’ll Never Walk Alone』が。
「君はひとりじゃないよ」というワケですが、
事件後、この少女ふたりが再会することは
なかったようです。
オーソン・ウェルズの扱いをどう理解すればいいのか
わからないけれど、
とにかく、ファンタジックだけど残酷な作品です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター