" />
FC2ブログ

クローバーフィールド パラドックス

cloverfield-pdx.jpg



(原題:The Cloverfield Paradox 2018年/アメリカ 102分)
監督/ジュリアス・オナー 製作/J・J・エイブラムス、リンジー・ウェバー 原案/オーレン・ウジエル、ダグ・ユング 脚本/オーレン・ウジエル 撮影/ダン・ミンデル 美術/ダグ・ミーアディンク 衣装/コリーン・アトウッド 編集/アラン・ボームガーテン、マット・エバンス、レベッカ・バレンテ 音楽/ベアー・マクレアリー
出演/ダニエル・ブリュール、エリザベス・デビッキ、アクセル・ヘニー、ググ・バサ=ロー、クリス・オダウド、ジョン・オーティス、デビッド・オイェロウォ、チャン・ツィイー、

概要とあらすじ
地球の資源不足を解決するため、宇宙ステーションで新たなエネルギーの開発を試みる科学者たち。しかしある事故により、恐ろしい別次元の世界を目の当たりにする。(NETFLIXより



そりゃあ、こんなことになるさ。

予算が超過したとかなんとか……詳しいことは知りませんが、
劇場公開が頓挫したと思ったら、
NETFLIXで世界同時配信された
『クローバーフィールド パラドックス』
これからこういうケースが増えるんでしょうか。
時流に乗ってそそくさと観てみました。
J・J・エイブラムス
『クローバーフィールド/HAKAISHA』が一大ヒット作となって
最近はやりの「バース」を展開しようと
目論んでいるもようですが、
第2作となる『10 クローバーフィールド・レーン』
第1作の続編ではなく、
怪獣をチラ見せするという設定だけが引き継がれた
まったく別の物語でした。

本作の予告編では、一部『HAKAISHA』の映像が使われ、
あたかも怪獣出現の真相が明かされる
まっとうな続編のような印象でしたが、
やっぱり第1作とはな〜んにも関係のない物語でした。
そして、なにがやりたいのかほぼほぼわからない
珍妙な作品
となっておりました。

5年以内に地球のエネルギーが枯渇するという世界。
人類は6人の科学者が乗る宇宙ステーションに一縷の望みを託し、
無限の電力供給が可能だという
シェパード粒子加速器なるものを
なんとか作動させようと試みる……わけですが、
なぜその実験を宇宙空間でやらなければならないのか
さっぱりわかりません。
しかも、無限の電力供給だぜ。無限の。
凄すぎないか?
しかし、シェパード粒子加速器はまったく思うように作動せず、
失敗続きで、半年と言われていた宇宙ステーション勤務は
すでに2年が過ぎようとしている
のです。
そんなに一か八かの計画なのか……。
ていうか、宇宙船の燃料や乗組員の食料は
最初から2年分もあったのか……。

細かい矛盾をあげつらいたいわけではありませんが、
呑気にゲームで遊んでいるかと思ったら、
お決まりのように乗組員が内輪もめを始めたり、
宇宙船でテレビのワイドショーを観ていたり、
ひっかかるところが多すぎるのです。
シェパード粒子加速器を起動したら換気をして……
とかいう理屈が次々と語られるのですが、
なぜにそうしなければならないのかはまったく理解できないまま、
ああ、そうなんですかと
無理矢理飲み込まなければいけないことばかり。

そのうち、機内からうめき声が聞こえるようになり、
配管の間から(ていうか、配管と一体化した)
ミーナ・ジェンセン(エリザベス・デビッキ)という女性が
突如現れるのでした。
なぜか本作のヒロイン、
エヴァ・ハミルトン(ググ・バサ=ロー)の名前を知っているミーナは
どうやらかつての乗組員で、
シェパード粒子加速器の故障だかなんだかが原因で
タイム・パラドックスが生じて
なんか、ややこしいことになったみたいです。

ほかにも、宇宙ステーションでは
『エイリアン』的な展開になって、
ミミズみたいな虫に体を乗っ取られるやつが出てきたり、
はたまた、ある者はなぜか壁に引き込まれて
右腕をなくしたかと思うと、
その右腕がひょこひょこと現れて
メッセージを残し、
それに従うと、ミミズ男の腹の中から
コンパス装置の一部が出てきたりします。
この一連の出来事が、シェパード粒子加速器によるものなのか、
タイム・パラドックスによるものなのか、
はたまたその両方なのか、
さっぱりわからないのです。
しかも、人間の体内に寄生した(?)ミミズも
一人歩きする右腕も
だからといって、なにかをもたらすわけでもなく、
こけおどし以外の価値が見当たらないので
これはとんでもない失敗作を見ているぞという、
間違った方向の興奮を覚える
のです。
右手を失ったマンディ(クリス・オダウド)という奴は
明らかにお笑い担当で
どんな状況でもくだらないジョークを言い続けるのですが、
緊張感を阻害する以外の役に立っていません。
結局こいつは、伸びてきたハンダに襲われて死ぬのですが、
なぜハンダが彼を襲うのか、見当もつきません。

ミーナとエヴァはどうやらかつての同僚のようで、
ミーナがいたパラレル・ワールドでは、
マイケルとの間に子供を授かったエヴァは
自分が犯した過ちによって子供を亡くしていたのでしたが、
エヴァが宇宙ステーションに乗り込む前のエピソードでも、
子供と一緒にいる過去の動画を見るシーンでも、
そのことが明らかにされないので、
ミーナとエヴァのやりとりをみても
まったく何のことかわかりません。
エヴァにそういう過去があるなら
あらかじめ観客に伝えておくべきだと思うのですが
恐ろしいほど語り口が下手なのです。

ミーナはシェパード粒子加速器の起動を
阻止したいらしいのですが、
登場人物たちが何をしたかったのか
いまいちわからないままエンディングを迎えます。
無限の電力供給どころではなく、
ぼろぼろになった宇宙ステーションから脱出した
エヴァともうひとりの男が地球へと向かうと
雲の間から突如、怪獣が現れてジ・エンド。
思わず、はぁ〜〜〜????と声が出ました。

タイム・パラドックスによって生じた
パラレル・ワールドの
現在のエヴァがどのワールドにいるのかわからないし、
マイケルが助けた少女のエピソードは無駄でしかないし、
最後に怪獣て。
SFパニックものをやりたいなら、どうぞ。
タイム・パラドックスをやりたいなら、どうぞ。
モンスター映画をやりたいなら、どうぞ。
その全てを混ぜて、その全てを中途半端にやったら
そりゃあ、こんなことになるさ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター