" />
FC2ブログ

15時17分、パリ行き

1517paris.jpg



(原題:The 15:17 to Paris 2018年/アメリカ 94分)
監督/クリント・イーストウッド 製作/クリント・イーストウッド、ティム・ムーア、クリスティーナ・リベラ、ジェシカ・マイヤー 原作/アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン、ジェフリー・E・スターン 脚本/ドロシー・ブリスカル 撮影/トム・スターン 美術/ケビン・イシオカ 衣装/デボラ・ホッパー 編集/ブル・マーレイ 音楽/クリスチャン・ジェイコブ
出演/アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン、ジェナ・フィッシャー、ジュディ・グリアレイ・コラサニ、P・J・バーン、トニー・ヘイル、トーマス・レノン、ポール=ミケル・ウィリアムズ、ブライス・ゲイザー、ウィリアム・ジェニングス

概要とあらすじ
「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を、プロの俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いたドラマ。2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を防ぐことに成功する。映画は、幼なじみで親友同士のスペンサー、アレク、アンソニーの3人が出会った少年時代や、事件に遭遇することになるヨーロッパ旅行の過程を描きながら、ごく普通の若者たちが、いかにしてテロリストに立ち向かうことができたのかを明らかにする。(映画.comより



リアリティとはなんぞや?

昭和5年生まれのクリント・イーストウッド監督による
『15時17分、パリ行き』
このところずっと実話ベースの作品ばかり撮っている
イーストウッドですが、
主人公を始め、多くの登場人物たちが
モデルとなった事件の現場に居合わせた実際の人物ということで
もう実話ベースを通り越して、
究極の再現VTRというべきなのかもしれません。

イーストウッド曰く、
「彼らの持つリアリティをそのまま映画に採り入れたら
 面白いんじゃないかとね。彼らがリラックスして、
 映画で描かれる出来事を追体験すれば、
 プロの役者に負けないリアリティを
 再現してくれるんじゃないかと思った。」

映画.comより
とのことですが、
そういわれると、映画のリアリティとはなんぞや? と
考えざるを得ません。
実際の場所(列車)で実際の人々が
事件を忠実に再現することがリアリティなのか。
俳優ではない人々の台詞回しがいかほどのものなのか、
残念ながら判断がつかないけれど、
「実際の人々」の「演技」はとても「自然」にみえました。
「自然」? そりゃそうだよ、本人だもん。
でもそれは、本当にリアリティなのでしょうか。

役柄を徹底的にリサーチし、
役柄が置かれた状況を追体験すれば、
演技などせずとも自然と振る舞えるというのが
メソッド演技法ですが、
本人が本人を演じれば、そんな手順は必要ないと
イーストウッドは考えたのでしょうか。
本作でスマホの自撮りが頻繁に登場するように
カメラで撮影される(する)ことに対する抵抗感が
薄れてきていることも
イーストウッドのアイデアを後押ししたのかもしれません。

とはいえ、これは映画なのです。
キャリーバッグを引きずって高速列車タリスに乗り込むテロリストの足取りを
クローズアップでとらえたオープニングは
とても順当なサスペンス映画の導入です。
そして、アンソニー、アレク、スペンサーという
3人の主人公たちの幼少期に遡り、
彼らの出逢いから別れを律儀に追っていきます。
ミリオタのスペンサーの部屋に
『フルメタル・ジャケット』と『硫黄島からの手紙』のポスター
貼ってあるのはシャレか、事実か。
(もう1枚あったけど、何のポスターかわからなかった)
仲良し3人組はそれぞれの事情で離ればなれになるのですが、
その過程はドライで急ぎ足です。
しかし、アレクとスペンサーがADD(注意欠陥障害)によって
教師から落伍者のような扱いを受ける
のは
おそらく事実なんでしょうけど、
彼らが最後にみせるヒロイックな行動と
それによって勝ち取る称賛のための周到な伏線のようにみえます。

成長して軍隊に入隊したスペンサーが
人一倍努力を重ねるものの、希望の部署には配属されず、
何度も挫折を味わうのも
結末を引き立てるために十分な負の機能を果たしているし、
逆に柔術の上達は、テロ実行犯を取り押さえるときに
直接的な効果を発揮します。
信仰心の強いスペンサーは
神の導きや運命をよく口にしていましたが、
淡々と事実が綴られているだけにより一層
人生においてなにが功を成し、
なにが災いするのかわからないもんだと感嘆しました。

まして本作は、
クライマックスでどんなことが起きて
その結果どうなるかがわかったうえで進行していくので
結末から逆算する構造になっているため、
運命の分岐を検証するような面白さがあります。
その最たるものは、ヨーロッパ旅行を楽しむ3人が
いまいち乗り気ではなかったパリ行きを選択することでしょう。
普通のサスペンス映画なら存在するであろう
彼らが「パリに行かなければならない理由」がないのです。

長々とした旅行中の弛緩した時間が許されるのも、
この結末あってのこと。
しかしそれにしても、3人の幼馴染みが
観光名所を巡ってはしゃぎ、ナイトクラブではしゃいだ挙げ句、
そこではとくになにも起こらないという驚き。
いやまあ、ただの旅行ですから
事件が起こらないほうが当たり前なんですけど。
とくに、ヴェネツィアで会ったアジア系の美女
(日本の芸能人みたいな異常に白い歯が気になったけど。
 この人は俳優だとか)
あっさりとスペンサーの誘いに乗って
一緒に行動するようになるのも驚いたけど
別れをまったく描かないまま姿を消すし、
途中で合流したアレクとの再会もとくに描かないという、
ほんとにビデオ日記みたいになっていて、
イーストウッドにとって
そういうことはどうでもいいんだろうなと思いました。

さて、とうとう訪れたクライマックス。
Wi-Fiが繋がるからという理由で
テロリストが潜む一等車両へと3人が移動する偶然。
そして、突進するスペンサーに向けられた銃口から
銃弾が出ないという奇跡。

フィクションなら興ざめするような
運命のイタズラが連続します。
現場に居合わせた人たちも実際にそこにいた人たちだそうですが、
唯一犯人に背中から撃たれ、
瀕死の重傷を負う人も本人だと知って、
よくそんな恐ろしいことを自分で再現できたなと思いました。

運命の不可思議さと
いざというときどのように行動するかを試されるような作品ですが、
軍隊の授業中に警報が鳴り、みなが机の下で身構えるなかで
ひとりボールペンを持ってドアの前で暴漢を待ち構えるスペンサーは
文字通り彼の無鉄砲さを表しているものの、
警報が誤作動だとわかったあと、教官が生徒たちに
「バカだと思う人、手を挙げて。はい、正解」というように、
スペンサーの行動は勇敢には違いないけれど、
誰しもが同じ行動をとるべきではないし、
また、そうすることもできないでしょう。
テロリストと対峙したスペンサーには
たまたま運命が味方してくれたのだと思います。

映画を見終わった後、
自然とテロリストの生い立ちに思いを馳せました。
彼にもスペンサーたちと同じように無邪気な幼少期があり、
幾多の人生の分岐を辿ったはずです。
本作では一切語られていませんが、
原作にはテロリストの半生も記されているようで
気になるところではあります。

もうすぐ88歳になるイーストウッド監督が到達した
映画作りの境地をみた思いがしました。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター