" />
FC2ブログ

ラスト・ブラッド

lastblood.jpg



(原題:Blood the Last Vampire 2009年/香港・フランス合作 91分)
監督/クリス・ナオン 製作/ビル・コン、エイベル・ナーミアス 脚本/クリス・チョウ 撮影/プーン・ハンサン 美術/ネイサン・アマンドソン 編集/マルコ・キャベ 音楽/クリント・マンセル
出演/チョン・ジヒョン、小雪、アリソン・ミラー、リーアム・カニンガム、J・J・フェイルド、コリン・サーモン、倉田保昭

概要とあらすじ
プロダクションI.Gのアニメ「BLOOD THE LAST VAMPAIRE」を、「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン主演で実写化。16世紀から400年に渡って続いてきた人間と“オニ”と呼ばれる吸血鬼たちの戦い。日本刀でオニたちを斬る謎の少女サヤは、在日米軍基地で発生した殺人事件の陰に究極のオニと呼ばれる“オニゲン”の存在を感じ、基地内のアメリカ人学校に潜入するが……。オニゲン役で小雪が出演。監督は「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のクリス・ナオン。(映画.comより



ちょうどいい

時間はある、でもややこしいこと考えたくない、
なるたけ気軽に映画を観たい……というわけで選んだ
『ラスト・ブラッド』
狙い通りの作品でした。

プロダクションI.Gのアニメ『BLOOD THE LAST VAMPIRE』
実写化した作品だということすら知らずに観たもので
この設定、どこかで観たことあるなあと思っていたのですが、
元ネタがあるんだから当たり前でした。
とかいいながら、
『BLOOD THE LAST VAMPIRE』を観たことがないので
一応、新鮮な気持ちで観られたのと同時に
アニメ版との違いなどもわかりません。

まあとにかく、
応仁の乱で多くの血が流されたのきっかけに
人間の姿をした「オニ」が生まれ、人間の血を餌に増殖。
キヨマサという名の勇敢なサムライが「オニ」を退治したけれど
オニゲンと呼ばれる大ボスに殺されて、
何世紀にもわたって暗黒の時代が続いた。
しかし、オニ退治を目的とする秘密結社に雇われた少女、
小夜(チョン・ジヒョン)がオニゲンを倒すべく、
70年代の日本でめっちゃ頑張るというお話です。
小夜のネーミングは「鞘」からきているんでしょうか。
だとすればちょっとエロチックでナイス。

「何世紀にもわたって暗黒の時代が続いた」わりに
人間が生き残っているのはひっかかりますが、
それよりもしばらく理解に苦しんだのは
仕事終わりにボトルに入った血で一杯やる小夜が
ヴァンパイアでオニとは別物だと思っていたら、
オニ=ヴァンパイアだったということ。
うむ、まぎらわしい。
しかし、こんな設定の段階でつまづいていたら、
本作を楽しむことはできません。
ましてや、終点が浅草だという地下鉄は
どうも銀座線のようだけど、車両は丸ノ内線
だなどという指摘は
はしたないのです。
(売却された車両を使ってブエノスアイレスでロケしたそうなので
 意外と予算があったのかしらん
 ていうか、日本の地下鉄でロケできないことが問題か)

なんちゃってジャパンな街並みを背景に
日本刀を振り回して暴れる小夜のアクションは
漫画チックな外連味たっぷり。
というか、原作アニメの演出を踏襲しているんでしょうか。
CGまるだしの血しぶきや
重力を感じさせないワイヤーアクションの馬鹿馬鹿しさ

そういう腹づもりで観れば十分楽しめるし、
アクション・シーンのアイデアは豊富です。

米軍基地内にオニがいるということで、
基地内の学校に小夜を潜り込ませるために組織が用意したのが、
古めかしいセーラー服というのも
かえって目立つだろ! というツッコミ待ちか。
いかん! また些細なことを気にしてしまった……。

足手まといにしかならない将軍の娘アリス(アリソン・ミラー)
行動を共にするようになった小夜は
ばっさばっさとオニを斬り続けます。
並々ならぬ強靱な肉体をもつ小夜は
背中から銃で撃たれても
ちょろっと血を舐めればすぐに元気を取り戻します。

自らの血を小夜に呑ませてやったのはアリスは、
いつのまに小夜が血を呑むことで回復するのを知ったのか……。
しまった! また些細なことを!
ちなみに、小夜は戸越銀座のホテル暮らしです。

そんなことより、小夜の育ての親カトウを演じる
倉田保昭は懐かしのかっこよさでした。
やはり殺陣に関しては年期の違いを見せつけます。
そして、大ボスのオニゲンはなんと小雪!
クライマックスにおける小夜との格闘シーンは
チャン・イーモウ風味で羽衣ひらひら。
小夜は、父親を殺したオニゲンを倒すことを
目的として生きてきましたが、
瀕死のオニゲンの口から飛び出したのは
まさかの「アイム・ユア・マザー」!!

てなわけで、なまった頭には
ちょうどいい作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター