" />
FC2ブログ

レディ・ガイ

ladyguy.jpg



(原題:The Assignment 2016年/アメリカ 96分)
監督/ウォルター・ヒル 製作/サイード・ベン・サイード、ミヒェル・メルクト、ハーベイ・カーン 原案/デニス・ハミル、ウォルター・ヒル 脚本/ウォルター・ヒル、デニス・ハミル 撮影/ジェームズ・リストン 美術/レネ・リード 衣装/エレン・アンダーソン 編集/フィリップ・ノーデン 音楽/ラネイ・ショックニー
ジョルジオ・モロダー
出演/ミシェル・ロドリゲス、トニー・シャルーブ、アンソニー・ラパリ、ケイトリン・ジェラード、シガニー・ウィーバー

概要とあらすじ
「ストリート・オブ・ファイヤー」「48時間」などで知られるウォルター・ヒル監督が、性転換手術で男から女にさせられた殺し屋の戦いを描くアクション映画。「ワイルド・スピード」シリーズのミシェル・ロドリゲスが主人公フランク役を演じるほか、フランクを女に変えた女性医師役で「エイリアン」シリーズのシガニー・ウィーバーが出演。銃撃戦によって意識を失った凄腕の殺し屋フランク・キッチンは、見知らぬベッドの上で目が覚める。全身に巻かれた包帯を取り去り、鏡を見たフランクは、自分の姿がまぎれもない女に変貌していたことに驚愕する。フランクは正体不明の女性医師によって性転換手術を強行されており、しかも、それが医師のフランクへの復讐を意味しているという。大切なものを奪われたフランクもまた、自身の姿を男から女に変えた者への復讐を開始する。(映画.comより



「入れ替わってる〜!?」わけじゃない

捕らえられた殺し屋の男が目を覚ますと
女性の身体に改造されていた!……という、
あまりにも馬鹿馬鹿しい設定にワクワクが止まらない
『レディ・ガイ』です。
御年75歳にしてこんな映画を撮ってしまう
ウォルター・ヒル。なんて素敵なじじいなんでしょう。

哀れな(?)殺し屋フランク・キッチンに扮するのは
いつも男前なミシェル・ロドリゲス姐さん。
髭を蓄え(ちょっとオスカー・アイザック似)
だみ声で喋るミシェル姐さんは
ワイルドな男を懸命に演じておられます。
特殊メイクによる胸毛だらけの裸体を晒し、
なんと立派なイチモツまでブラブラさせているのです!
こんな役を堂々と演じられるのは
ミシェル姐さんのほかにおるまいて! おるまいて!
しかし、いくらミシェル姐さんが元々男前だからといっても
やっぱり身体のシルエットからは女性らしさがうかがえ、
男装することで女性らしさが際立ってしまうという、
なんとも不思議な結果をもたらしています。

逮捕され、精神病院に収容された外科医
Dr.レイチェル(シガニー・ウィーバー)の取り調べという形式で
物語が進んでいく本作。
いつものように、ギャングの
オネスト・ジョン(アンソニー・ラパリア)の依頼を受けたフランクは
バーで引っかけた看護師ジョニー(ケイトリン・ジェラード)
ワンナイト・ラブを楽しんだりしながら
殺しの依頼決行の日を待っていると、
予定が変わったというオネスト・ジョンの手下によって
捕らえられてしまいます。
意識を取り戻したフランクが身体に巻かれた包帯を外してみると
なんと、おっぱいがあるではないか! おっぱいが!
鏡の前に立って愕然とするフランク。
まさかとばかりに股間に手をやると、
なんと、イチモツがないではないか! イチモツが!
(陰毛はある)
なかったものがあって、あったものがない!
「これってもしかして…入れ替わってる〜!?」状態なのですが、
入れ替わったわけじゃなくて、
マッド・サイエンティストのDr.レイチェルによって
性別適合手術を施され、女性の身体にされたのでした。
ていうか、男装してたミシェル姐さんが素に戻っただけなんですが、
そういうのもひっくるめて面白い。

かつてフランクによって最愛の弟を殺されたDr.レイチェルは
復讐と自らの技量を見せつけるために
フランクを女性の身体に改造して精神的苦痛を与えたのでした。
そのわりにはアフターケアにも気を遣っていて
フランクに女性ホルモンを与え、
枕元にはブラジャーまで用意してあります。

自らを芸術家だと評するDr.レイチェルは
豊富な知識を見せびらかし、常に高慢かつ横柄。
セックスも自分のやりたいときにやりたいようにヤるという彼女は
外科医としての優れた能力を持ちながら、
常識外れの言動や居丈高な態度、
そしてとくに女性であるという理由から医学界で不当な扱いを受け、
医師免許まで剥奪された
のでした。

逮捕前のDr.レイチェルはスーツにネクタイをし、
明らかに男性として振る舞おうとしている
のがわかります。
フランクを女性に改造したのはふざけた嫌がらせではなく、
Dr.レイチェルにとって、女性として生きることこそが
拷問にほかならない
からではないでしょうか。
冒頭で馬鹿馬鹿しい設定と書きましたが、
じつはジェンダー問題に対する辛辣な批評が込められています。
女性にされてしまったフランクと
男性になりたいDr.レイチェルが
拘束衣やそれぞれの回想形式という手法によって、
コインの裏表のような対比をみせるのも非常に巧妙です。

娼婦になりすました(つもりの)フランクが
あまりにもあっさりと罠にはまるのには拍子抜けしましたが、
リベンジを果たしたフランクの巧みな策略によって
Dr.レイチェルは精神異常者と認定され、
取調中、拘束衣によって巧みに隠されていた
強烈な仕打ち
が明らかに。
彼女の自尊心を裏付けていたものは失われ、
Dr.レイチェルはあまりにも高い代償を支払うこととなったのです。

なんせミシェル姐さんなので、
ガンアクション以外のファイトシーンがもう少しあったらなあ
という気がしないではありませんが、
コミック風味の演出が軽快で楽しい作品です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター