" />
FC2ブログ

ゲット・アウト

getout.jpg



(原題:Get Out 2017年/アメリカ 104分)
監督/ジョーダン・ピール 製作/ジェイソン・ブラム、ショーン・マッキトリック、エドワード・H・ハム・Jr.、ジョーダン・ピール 脚本/ジョーダン・ピール 撮影/トビー・オリバー 美術/ラスティ・スミス 編集/グレゴリー・プロトキン
出演/ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、キャサリン・キーナー、スティーブン・ルート、ベッティ・ガブリエル、マーカス・ヘンダーソン、キース・スタンフィールド

概要とあらすじ
「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」「ヴィジット」など人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作し、アメリカのお笑いコンビ「キー&ピール」のジョーダン・ピールが初メガホンをとったホラー。アフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、白人の彼女ローズの実家へ招待される。過剰なまでの歓迎を受けたクリスは、ローズの実家に黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚えていた。その翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに出席したクリスは、参加者がなぜか白人ばかりで気が滅入っていた。そんな中、黒人の若者を発見したクリスは思わず彼にカメラを向ける。しかし、フラッシュがたかれたのと同時に若者は鼻から血を流し、態度を急変させて「出て行け!」とクリスに襲いかかってくる。(映画.comより



ノ〜、ノ〜。ノノノノノノノ

それにしても、ジェイソン・ブラムなのです。
低予算で良質なホラー映画を次々と製作する
ジェイソン・ブラムが手がけた作品は、
『パラノーマル・アクティビティ』シリーズや
『インシディアス』シリーズ、
『グリーン・インフェルノ』『セッション』『ザ・ギフト』
シャマランを復活させた『ヴィジット』『スプリット』などなど
話題作ばかりで枚挙にいとまがありません。
そして、コメディアンのジョーダン・ピール初監督作品である
『ゲット・アウト』もまたしてもジェイソン・ブラム製作。
まさにポスト・ロジャー・コーマンかというべき
活躍ぶりなのです。恐るべし。

そもそも恋人の実家を訪れて両親と会うこと自体が
恐ろしく厄介なものです。
たとえ「娘さんをボクにくださいっ!」的な
シチュエーションではなくとも
彼女の両親と対面するということは
その後の「結婚」を少なからず匂わせる場面であり、
相手両親(+家族)からの「品定め」の視線を
全身でびしびしと感じることになります。
加えて、本作では人種の違いが緊張感に拍車をかけるのですが、
これには、黒人の父と白人の母のもとに生まれ、
白人の妻を持つジョーダン・ピール監督の実体験
色濃く反映されているもよう。

ニューヨークの黒人写真家クリス(ダニエル・カルーヤ)
白人の恋人ローズ(アリソン・ウィリアムズ)から
実家の両親と会って欲しいといわれ、
しぶしぶ承諾することに。
クリスは黒人の自分がローズの両親に受け入れられるのか、
ただ嫌な思いをするだけではないのかと危惧していましたが、
ローズ曰く、彼女の父親は
「オバマに3期目があれば彼に投票する人」だそうで、
決してレイシストではないとクリスを説得します。
日本人にはなかなか実感しづらいところですが、
オバマが黒人初の大統領になったことで
表向きはリベラルに振る舞う人が増え、
以前から根強くあった人々の差別意識が表面化しなくなった
という
事情があるそうです。
その反動によってトランプ政権が誕生したということか。

ローズの父ディーン(ブラッドリー・ウィットフォード)
ミッシー(キャサリン・キーナー)
快くクリスを迎え入れます。
調子に乗って軽口を叩く父ディーンがうざいけれど、
娘婿に対する義父の態度は概ねあんなものかもしれません。
クリスが気になったのはふたりの使用人が黒人だったこと。
それはかつてのアメリカ南部を彷彿とさせます。
(アイスティーを好んで飲むのも南部独特なんだとか)
クリスの態度を察知した父ディーンは
彼らはディーンの父と母の介護のために雇ったもので
ふたりが亡くなった後もそのまま雇っているだけとのこと。
この言葉の意味も映画を見終わったあとでは違って聞こえます。
遅れて合流した
ローズの弟ジェレミー(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)
もう少しあからさまにクリスが黒人であることをいじり、
DNAの優位性がなんたらとか、柔術やろうぜとか
好戦的にからんできます。

夜になっても寝付けないクリスが一服しようと庭に出ると、
ぼんやりと窓の外をみつめる
家政婦ジョージーナ(ベッティ・ガブリエル)が。
かと思えば、庭師のウォルター(マーカス・ヘンダーソン)
クリスに向かって全力で走ってきます。
これは怖い! ていうか、恐怖と笑いが半々。
とにかく、な〜んかおかしいなという雰囲気を
コトコト煮込んでいくのです。
とくにジョージーナに扮するベッティ・ガブリエルの
ミュータント感溢れる顔立ちが絶妙で
(たぶん普通にしてたらとても美しいと思うけれど)
クリスに問い詰められて、涙を流しながら
「ノ〜、ノ〜。ノノノノノノノ」と諭すようにいうときの表情が
最高に不穏で恐ろしい。

寝室に戻ろうとするクリスを待ち受けていたかのような
母ミッシーは、クリスをたくみに誘導し、
紅茶のカップをスプーンでかき混ぜる仕草で催眠術にかけて
クリスの深層心理を探り、
母親の死を巡る彼のトラウマを利用しつつ、
洗脳の種を植え付けます。

ローズの両親の仲間を集めた懇親会が開かれると、
続々と集まった白人たちのクリスに対する上っ面な態度が
不穏な空気を一層高めます。
表面上は丁寧な対応に見えて
言葉の端々から違和感が放たれ、
やっぱり、あっちは凄いの? などといいながら
クリスの腕を触ってくる女性をみたときに
ああ、これは『マンディンゴ(1975)』だなと察しがつきました。
要するにこの懇親会は、クリスの品評会なのです。

この懇親会が白人至上主義者の集まりなのかと思っていると
メンバーの中にタナカという日系人らしき人物が登場し、
少し混乱してしまいますが、
監督のインタビューによると
本来、アメリカ社会において
黒人と同じくマイノリティであるアジア系の人のなかには
経済的に成功し、白人エリート社会に溶け込むことで
まるで自分が白人側にいるように振る舞う
「モデル・マイノリティー」と呼ばれる人たち
がいて
そのような人たちをタナカに象徴しているのだそうです。
タナカはほんのちらっとしか登場しませんが、
暗澹たる気分にさせられるキャラクターです。

ふざけてばっかりで頼りにならなさそうなクリスの親友、
空港警察のロッド(リル・レル・ハウリー)
懇親会参加者のなかにいた
高齢の白人女性に連れられた黒人男性の写真を送ると
その男はどうやらかつての知り合いで
かつ、行方不明中。
危険を察知したクリスが帰宅の準備を始めると
何人もの黒人男性と写るローズのツーショット写真を発見。
(わりとあざといけれど)
ローズはつぎつぎと黒人男性の恋人になっては自宅に招待し、
誘拐していたのでした。
これには素直に驚いた。
ローズの自宅に車で向かう序盤での、
電話先のロッドに対するローズの軽口や
鹿をはねて警官に取り調べを受けていたときに
助手席に座っていただけのクリスに対して
身分証を見せろという警官を頑なに拒絶したのは、
黒人に対する不当な扱いに毅然と対抗したようにみえて、
じつはクリスの足取りを察知させないためだったのか、と
あとになってわかります。
鹿をはねてしまうエピソードは不吉なだけでなく、
交通事故によって母を亡くしたクリスのトラウマを示唆しているし、
さらに牡鹿=バックは黒人に対する蔑称だとか。
(それをふまえると、鹿ならどんどん殺してくれよ〜わっはっは〜という
 父親のセリフが恐ろしくなってきます)
冒頭シーンの夜道で迷った黒人男性が拉致されるシーン
乱暴な手口を父親からも揶揄される
弟ジェレミーの仕業だったのですね。

ローズ一家と懇親会メンバーの企みは
凝固法とかなんとかいっていたけれど、
とにかく、黒人の肉体に対する羨望を抱き、
連れ去った黒人の脳に自分の脳を移植して
永遠の命を得ようというもの
だったのです。
ま、そういわれてもようわからんし、
かすかに本人の意識を残して
おばあちゃんの脳を移植された家政婦や
おじいちゃんの脳を移植された庭師が
あんなにぼ〜っとしてるのは嬉しいのか? という疑問は残るし、
(おばあちゃん! おじいちゃん!と呼ばれれば
 自我が蘇るみたいだけれど)
脳を移植するなら催眠術いらなくね? とも思うが、
理屈はともかく、
自分を乗っ取られてしまう恐怖は
それはそれはたいへんなものなのです。
ましてや、懇親会のビンゴゲームで
クリスを競り落とした盲目のギャラリーオーナーは
クリスの目が欲しいというのですから
写真家のクリスにとって、殺されるよりも恐ろしいことでしょう。

もろもろの格闘を経て、
からくもローズの実家から脱出したクリス。
弟ジェレミーをボコボコにするシーンでは
クリスの「ビースト」が目覚めたようにも感じられ、
彼が抑圧していた暴力性を解放したようにもみえるあたり、
秀逸だと思いました。

カメラのフラッシュで催眠が解けるというのも
わりかし唐突ではありましたがそれはともかく、
瀕死のローズとクリスの前に1台のパトカーが到着。
「助けて!」と叫ぶローズをみて、
あ、これは、クリスが犯人だと勘違いされて
もしくは黒人だから犯人だと決めつけられて
逮捕されるか殺されるかする
最悪に後味の悪いバッド・エンディングかと覚悟しましたが、
パトカーから現れたのはクリスの親友、ロッド。

どうやら、このエンディングは
当初の予定から大きく変更されたようで、
本来は予想通り、
クリスが逮捕されるというエンディングだった
そうですが、
「観客は今作によって逃避、
 あるいは解放感を得る必要があると思った」
という
ジョーダン・ピール監督の判断によって変更されたんだとか。
現実が絶望に溢れているだから
映画の中くらいは希望を持たせたい、ということか。

結果、白人至上主義 VS 犠牲者たる黒人という
短絡的な対立構造に陥るのをまぬがれ、
辛辣な社会風刺はそのままに
説教臭くないエンターテイメントとして結実させることに
成功しているのではないでしょうか。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター