" />
FC2ブログ

アウトレイジ 最終章

outrage3.jpg



(2017年/日本 104分)
監督・脚本/北野武 撮影/柳島克己 照明/高屋齋 美術/磯田典宏 衣装/黒澤和子 編集/北野武、太田義則 音楽/鈴木慶一
出演/ビートたけし、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、原田泰造、池内博之、津田寛治、金田時男、中村育二、岸部一徳

概要とあらすじ
北野武監督・主演で裏社会に生きる男たちの抗争を壮絶に描いたバイオレンス映画「アウトレイジ」シリーズの最終作。関東最大の暴力団組織・山王会と関西の雄・花菱会との抗争後、韓国に渡った大友は日本と韓国を牛耳るフィクサー、張会長のもとにいた。花菱会幹部の花田は取引のためやって来た韓国でトラブルを起こして張会長の手下を殺してしまい、張グループと花菱は緊張状態へと突入する。激怒した大友は日本に戻り、過去を清算する好期をうかがっていた。その頃、花菱会ではトップの座をめぐる幹部たちの暴走がはじまっていた。ビートたけし、西田敏行、塩見三省、白竜ら前作からの続投組に加え、大森南朋、ピエール瀧、岸部一徳、大杉漣、原田泰造、池内博之らが新たに参加。(映画.comより



「カタをつける」ための映画

文字通りシリーズ最終章となる
『アウトレイジ 最終章』
事前に目にしていた北野武監督インタビューで
本作の太刀魚と『ソナチネ』のメインビジュアルである
ナポレオン・フィッシュとの相関関係
が語られていたので、
軽トラが呑気に海に向かう冒頭のシーンをみて
うわあ、『ソナチネ』だ! と色めき立ちました。
沖縄は済州島に置き換えられ、
死までのモラトリアムである砂浜のじゃれ合いは
成果を上げる見込みがほとんどない太刀魚釣りに圧縮されています。
白竜、大杉漣、岸部一徳という
かつての北野映画を象徴するキャスティングが復活していることからも
本作が北野映画大決算の意味合いが強いことを
物語っているような気がします。
本作は単純にアウトレイジ・シリーズの最終章というに留まらず、
セルフパロディを用いつつ、
自身のフィルモグラフィーに「カタをつける」ための
メタな視点を持った作品
ではないかと感じました。

フレッシュな起用であり、
すべてのもめ事の発端となるドMやくざの
ピエール瀧が演じる花田が重要な役割を担っていますが、
花田はあくまできっかけを作るゲストに過ぎず、
最初のエピソード以降、自発的に行動することはなく、
ただおろおろと先輩やくざのあとをついてまわるだけだったのは
ちょっと残念でしたがそれはともかく、
本作は西田敏行扮する西野塩見三省扮する中田のふたりが主役であり、
そこにビートたけし扮する大友が絡んでくる物語。
あいかわらず醜い謀略が繰り広げられるわけですが、
シリーズ1、2作目と比べると複雑さにかけていると
いわざるを得ません。
(ていうか、1作目でツメたはずの大友の小指が
 メインビジュアルで復活しておるではないか!


元証券マンのくせに花菱会の会長を務める野村(大杉漣)
『ビヨンド』での加瀬亮の代役を担い、
最初っから死亡フラグが立ちまくりで面白いのですが、
本来なら花菱会の会長には『ビヨンド』の神山繁が就くはずで
(シナリオでもその予定だったとか)
現実に神山さんが亡くなったことを受けての改変だと知ると
やっぱりちょっと切ない気持ちになってしまいます。
西田敏行と塩見三省の怪演に疑いの余地はありませんが、
西田敏行は頸椎を痛めて首を回せない状態、
塩見三省は脳出血の後遺症でリハビリ中
とのことで、
強い声が出せないことのほうが気になってしまいました。
(だからこそ、塩見三省が耳に手を当てて
 「あぁぁっ?」と啖呵を切るシーンは文字通り渾身の演技)
あいかわらず頭はキレキレだけど
滑舌が怪しくなって久しいビートたけしからも
痛々しさを感じないといえば嘘になります。
だからというわけじゃないでしょうが、
前作に比べるとカット割りも長く穏やかです。

世話になった張会長(金田時男)に対する
義理を果たすためという一応の動機はあるけれど
済州島から日本に戻ってきた大友のスーパーな暴れっぷり
1、2作目での巻き込まれキャラの影は薄れ、
超越的な存在として描かれているように感じました。
組員の出所祝いのパーティを急襲するシーンや
張会長が原田泰造に襲われるシーンなどのバイオレンスは
リアルな痛さを表現することよりも
どこかファンタジックな様式美に覆われています。
大義なき現世でひとり筋を通す大友にすら大義はなく、
(というか、あまりにも大友はしがらみから自由な存在で)
すべてをリセットする復讐の自動機械のようにみえました。
「ドライブ行こうか」(1作目)、
「野球やろうか」(2作目)ときて
「キャンプやろうか」という大杉漣拷問シーン
ピエール瀧が仕掛けられるよだれ玉爆弾の長すぎる導火線
ファンサービスのためのオマケのようなもので、
石橋蓮司の歯医者でぎゅーん、國村隼のベロ噛み、
マキタスポーツの耳に菜箸、椎名桔平の首くくりチョーンが
詰まっていた1作目と比べると
ディティールに物足りなさを感じてしまいます。
(ま、1作目が詰め込みすぎなのかもしれないけれど)

監督曰く、「アウトレイジ」におけるやくざ同士の抗争は
会社組織での人間関係や駆け引きに明け暮れる政治の世界にも
置換可能だということで、
それは間違いなくその通りだと思うものの、
新興勢力の突き上げや下克上が描かれていない点において
若い世代にさほど恐怖も期待も感じていないということなのかなあと
思ったりしています。
若者はただ無駄死にを命ぜられるだけで
老人たちが既得権益を奪い合うという図式は
それはそれでリアリティがありますが。

ラストで『ソナチネ』を彷彿とさせる自死シーンをみせ、
地面に横たわる大友の姿をしっかり映して念を押して
「カタをつけた」本作。
北野監督は「次はラブストーリー」とかおっしゃってるようですが
独自の「振り子理論」でいうと
まったく違うベクトルの次回作が待ち受けているはずで
いまから楽しみではあるけれど、
お身体大事にしてくださいね、殿。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター