" />
FC2ブログ

君が生きた証

kimigaikitaakashi.jpg



(原題:Rudderless 2014年/アメリカ 105分)
監督/ウィリアム・H・メイシー 製作/キース・キャラヴァル、ブラッド・グレイナー、ジェフ・ライス 脚本/ケイシー・トゥウエンター、ジェフ・ロビソン、ウィリアム・H・メイシー 撮影/エリック・リン 音楽/イーフ・バーズレイ
出演/ビリー・クラダップ、アントン・イェルチン、フェリシティ・ハフマン、ジェイミー・チャン、セレーナ・ゴメス、ローレンス・フィッシュバーン、ウィリアム・H・メイシー

概要とあらすじ
「ファーゴ」「マグノリア」などで知られる名優ウィリアム・H・メイシーが初監督を務め、死んだ息子が残した楽曲を歌い継ぐ父親と、その歌に魅了されたミュージシャン志望の青年が、音楽を通じて再生し、成長していく姿を描いたドラマ。やり手の広告宣伝マンだったサムは、大学生の息子ジョシュを銃乱射事件で亡くしてしまう。会社を辞め、荒んだ生活を送っていたサムは、別れた妻から音楽好きだったジョシュが残したという歌の歌詞とデモテープを受け取る。その曲を聴き、息子のことを何も知らなかったことに気付いたサムは、ジョシュの遺品でもあるギターを手に、場末のライブバーでステージに飛び入り参加する。そんなサムの演奏を聴き、感銘を受けたロック青年のクエンティンはサムを説得し、親子ほど年の離れた2人はバンドを結成することになる。(映画.comより



あなたは態度を変えますか?

気の弱そうな表情が魅力的なウィリアム・H・メイシーの初監督作
『君が生きた証』
なんだか感じのいい音楽映画と見せかけて
(実際、そのとおりでもあるんだけれど)
じつは、ギョッとさせる作品でもあります。

大学の寮で宅録に励むジョシュ(マイルズ・ハイザー)
彼が授業に向かおうとしていると、
仕事の成功に気をよくした父親サム(ビリー・クラダップ)から電話があり、
食事に誘われます。
「授業なんかサボっちまえ」という父親の誘いに
一瞬応えようとしたかにみえましたが、彼は校舎へと向かいます。
サムはすっぽかされたと思いましたが、
じつはそのとき大学で銃乱射事件が起こり、
ジョシュは「死んでしまった」のでした。

愛する息子を失ったサムはすっかり生活が荒みきってしまい、
イケイケだった広告代理店の仕事もやめ、
2年後には酒浸りのヨット住まいに……。ヨット……。
やさぐれるにも金が必要なのですよ。
経済的に余裕のあるものだけが、自暴自棄になる権利を持つのですよ。
ここだけはちょっと気に入らない設定ではありましたが、
最終的にサムはその経済力を親しい人々に還元するので
まあ、よしとしよう。

元妻エミリー(フェリシティ・ハフマン)から
ジョシュの遺品の一部を渡されたサムは
その中にジョシュの宅録CDを見つけるのでした。
自分もギターの心得があるサムがそのCDを聞いてみると
息子への想いが強烈にわき上がり、そのうえ曲そのものも悪くない。
ジョシュが残した曲をジョシュの「生きた証」としようと考えたのか、
ウィリアム・H・メイシーが店長を務める
飛び入りOKのライブハウスで演奏することを思いつきます。
その演奏を客席で聞いていたクエンティン(アントン・イェルチン)
サムが歌った曲に感銘を受けたと言い寄り、
やがて彼らはバンドを組むようになるのでした。

サムとクエンティンのやりとりは父と息子そのもの。
サムはあきらかにクエンティンを息子のように可愛がりますが、
クエンティンを演じるアントン・イェルチンが
本作から2年後の2016年に27歳の若さで他界していることを知っている今となっては
サムにとって、ジョシュの代役としてのクエンティンも
すでにこの世にいないのかと、
虚実を重ねながら痛ましい気持ちになります。

はじめは乗り気ではなかったサムは
クエンティンに巻き込まれるようにあれよあれよとバンドを結成。
それがまた評判がよく、ライブハウスのレギュラーとなり、
バンドの評価はうなぎ登りでした。
ジョシュの死によって自暴自棄になっていたサムは生きる喜びを取り戻し、
ジョシュが残した曲によって再起を遂げようとしていた……
というところで、
サムの息子ジョシュこそが銃乱射事件の犯人だったことが明かされます。

巧みなミスリードによって
勝手にジョシュが事件の被害者だと思わされていた観客は
ここで明かされる事実に驚きます。
事件から2年の月日が流れているゆえに
登場人物たちがサムのことを忘れていたにせよ、
ジョシュが事件の犯人であることは物語上は周知の事実なので、
観客が勝手にジョシュが被害者だと思い込んでいただけとするのが見事です。
それまでは、凄惨な事件に巻き込まれて死んでしまった息子を忘れられずに
人生を棒に振ってしまった父親が
再び生きる喜びを取り戻していく再生と和解の物語……
だと思っていたものが、
事情はもっとややこしかったというわけです。
なかなかいい曲じゃないかと気分よく聞いていたジョシュの曲が
銃乱射事件の犯人が作った曲だとわかったら、
あなたは評価を改めますか? 態度を変えますか?

という問題を突きつけてくるのです。
結構、意地が悪いです。

しかし、銃乱射事件の犯人が作った曲を
そうとは言わずに演奏して拍手喝采を受けたとしたら、
やはり現実的には問題があるでしょう。
サムとクエンティンは決裂し、バンドも空中分解。
それでもサムはクエンティンに自分の曲を演奏するように勧め、
ローレンス・フィッシュバーンの楽器屋を買い取って、
なにかしらの解答を見つけたようす。
オープニングでジョシュが宅録していた未完成の曲に
自ら歌詞を書き足した曲を
自分が銃乱射事件の犯人の父親であり、
この曲がその犯人によって作られたものだと宣言したうえで
弾き語りを始めるのでした。

このラストシーンは、落涙必死。

寮生活に不満を持っていたようすは窺えましたが、
ジョシュが犯行に及ぶはっきりとした動機は語られません。
彼の曲の歌詞に込められた厭世観や自己嫌悪は
若者なら誰しも抱く不満以上のモノではありませんでした。
にもかかわらず凶行に至ったジョシュの心を
本当に理解するのは父親であるサムにも無理なんでしょう。
理解できないことを承知したうえで引き受ける覚悟を決めたサムだからこそ、
歌詞に息子へのメッセージを書き加えた歌を
歌うことができたのではないでしょうか。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター