" />
fc2ブログ

ブレット・トレイン

bullettrain.jpg



(原題:Bullet Train 2022年/日本 126分)
監督/デビッド・リーチ 製作/ケリー・マコーミック、デビッド・リーチ、アントワン・フークア 製作総指揮/ブレント・オコナー、カット・サミック、寺田悠馬、三枝亮介 原作/伊坂幸太郎 脚本/ザック・オルケウィッツ 撮影/ジョナサン・セラ 美術/デビッド・ショイネマン 衣装/セーラ・イブリン 編集/エリザベット・ロナルズドッティル 音楽/ドミニク・ルイス 視覚効果監修/マイケル・ブラツェルトン
出演/ブラッド・ピット、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン、バッド・バニー、ザジー・ビーツ、ローガン・ラーマン、福原かれん、サンドラ・ブロック

概要とあらすじ
作家・伊坂幸太郎による「殺し屋シリーズ」の第2作「マリアビートル」を、「デッドプール2」のデビッド・リーチ監督がブラッド・ピット主演でハリウッド映画化したクライムアクション。いつも事件に巻き込まれてしまう世界一運の悪い殺し屋レディバグ。そんな彼が請けた新たなミッションは、東京発の超高速列車でブリーフケースを盗んで次の駅で降りるという簡単な仕事のはずだった。盗みは成功したものの、身に覚えのない9人の殺し屋たちに列車内で次々と命を狙われ、降りるタイミングを完全に見失ってしまう。列車はレディバグを乗せたまま、世界最大の犯罪組織のボス、ホワイト・デスが待ち受ける終着点・京都へ向かって加速していく。共演に「オーシャンズ8」のサンドラ・ブロック、「キック・アス」シリーズのアーロン・テイラー=ジョンソン、「ラスト サムライ」の真田広之ら豪華キャストが集結。(映画.comより



ファンタジーとしての日本

ブラピ主演の新作映画ということで話題の『ブレット・トレイン』。伊坂幸太郎原作というのも日本人の自尊心を沸き立たせる一因でしょうか(読んでないけど)。

公開されるやいなや、新幹線の車内が舞台になっていることから「東京〜京都が一晩かかる」「車窓から見える街並みが現実とは違う都会ばかりなのに米原だけリアル」などなど、いろんな「ツッコミ」が噴出。まあ、それは確かにそうなんですが、お前ら『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ(2021)』を観ていないのか、と。本作はアンドリュー・小路の出演が被っている『G.I.ジョー:漆黒の〜』と姉妹作といって過言ではないのです。『G.I.ジョー:漆黒の〜』では、羽田空港のすぐ側に富士山があり、ヤクザはお城に住んでいました。

では、制作陣が現実の日本を知らないのかというとそんなはずもなく、本作の監督デビッド・リーチが製作総指揮を務めたNETFLIX『ケイト』では、「バ〜ニラ、バニラ、高収入〜!」と連呼する性風俗アルバイト募集の宣伝トラックが登場しました。つまり、現実の日本を知らないわけがないのです。それでも日本描写が現実とかけ離れてしまう理由は、『ブレードランナー』以降定着した、ハイテク技術と不衛生な盛り場が渾然一体となっていることに欧米人が感じる違和感こそを面白いと思い、そこにこそファンタジーを感じているからではないでしょうか。ネオンだらけの街並み、何でもキャラクター化する幼稚さ、にもかかわらず礼儀正しく大人しい国民性……それらの日本的特徴はいつまでたっても根本的に理解できないけれど、面白いなあと欧米人が感じているのだとしたら、目くじらを立てることでもないと思います。とはいえ、日本人としてはツッコミたくなる気持ちはわからないではありません。シャワートイレのくだりとか、今更感が強くてしつこいのも事実です。

あとは、「原作では日本人の登場人物が欧米人に置き換えられている」というホワイトウォッシュ問題ですが、これ原作通りに日本人キャストだったとしたら観たいと思いますかね。なにしろまずはブラピ映画なわけですし、日本的慣習に接して戸惑う「外国人」という面白さ(本当に面白いかどうかは別にして)は失われてしまいます。あくまで、日本という舞台はファンタジックな異世界であって、本作にはリアルな日本を描くことに主眼はないと考えるのが妥当でしょう。ま、リアルな日本は政権がカルト教団とズブズブなので、本作よりよっぽど荒唐無稽ですが。

それはともかく、本作の魅力は頼りないブラピを愛でるところにあるのでしょう。次から次へと登場する殺し屋に対して、アタッシュケースを抱きかかえたまま相対するブラピのアクションが見所か。おそらくウイットが効いた会話劇も特徴で、ブラピ演じるレディバグ=テントウ虫=7つの星(大罪)からの「セブンはやだな」というブラピにクスッとしてしまいましたが(あと「プランB」)、映画館では笑いが起きることはありませんでした。

「きかんしゃトーマス」のくだりも冗長でしたが、基本的に登場人物の背景をフラッシュバックで語るという構成に難があったのではないでしょうか。舞台は発車したら後戻りできない新幹線。にも係わらず、フラッシュバックで背景を語るたびにライド感やタイムリミット感が停滞してしまいます。「東京〜京都が一晩かかる」というツッコミに同意したいわけではなく、リアルタイムで見せてくれたらもっとワクワク出来たかなあとは思います。新幹線「のぞみ」で東京〜京都は約2時間10分。上映時間としてもちょうど、いいでしょう?

チャニング・テイタムにはおやおやと思った程度でしたが、マイケル・シャノンには驚きました。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター