" />
fc2ブログ

ベイビー・ブローカー

broker.jpg



(原題:Broker 2022年/韓国 130分)
監督・脚本・編集/是枝裕和 製作/ソン・デチャン、福間美由紀 製作総指揮/イ・ユジン 撮影/ホン・ギョンピョ 美術/イ・モグォン 衣装/チェ・セヨン 音楽/チョン・ジェイル
出演/ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ、IU(イ・ジウン)、イ・ジュヨン

概要とあらすじ
「万引き家族」の是枝裕和監督が、「パラサイト 半地下の家族」の名優ソン・ガンホを主演に初めて手がけた韓国映画。子どもを育てられない人が匿名で赤ちゃんを置いていく「赤ちゃんポスト(ベイビー・ボックス)」を介して出会った人々が織り成す物語を、オリジナル脚本で描く。古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョンと、赤ちゃんポストのある施設で働く児童養護施設出身のドンスには、「ベイビー・ブローカー」という裏稼業があった。ある土砂降りの雨の晩、2人は若い女ソヨンが赤ちゃんポストに預けた赤ん坊をこっそりと連れ去る。しかし、翌日思い直して戻ってきたソヨンが、赤ん坊が居ないことに気づいて警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく赤ちゃんを連れ出したことを白状する。「赤ちゃんを育ててくれる家族を見つけようとしていた」という言い訳にあきれるソヨンだが、成り行きから彼らと共に養父母探しの旅に出ることに。一方、サンヒョンとドンスを検挙するため尾行を続けていた刑事のスジンとイは、決定的な証拠をつかもうと彼らの後を追うが……。ソン・ガンホのほか、「義兄弟 SECRET REUNION」でもソンと共演したカン・ドンウォン、2009年に是枝監督の「空気人形」に主演したペ・ドゥナら韓国の実力派キャストが集結。2022年・第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、主演のソン・ガンホが韓国人俳優初の男優賞を受賞。また、人間の内面を豊かに描いた作品に贈られるエキュメニカル審査員賞も受賞した。(映画.comより



カタルシスなき辻褄合わせ

第75回カンヌ国際映画祭でソン・ガンホが主演男優賞を授賞したことで話題の是枝裕和監督『ベイビー・ブローカー』。前作『真実(2019)』に続いて海外での映画製作となった是枝監督ですが、本作を韓国で撮った理由は、もともと交流のあった出演者たちとのあいだで温めてきた企画だったとのこと。

冒頭、ベイビー・ボックス(赤ちゃんポスト)が設置された施設の前で車の中から張り込みをする刑事スジン(ペ・ドゥナ)がいきなり「捨てるなら生むなよ」と言います。赤ちゃんを産んだのに育てられず(もしくは育てようとせず)ベイビー・ボックスに赤ちゃんを捨てる母親に対しての言葉ですが、是枝監督のインタビューによると「赤ん坊を捨てる女性に対して一番多く投げられる言葉」を想定してのことのようです。つまり、以降ずっと「ブローカー」たちを尾行し続けるふたりの刑事が、観客の視点を代行しているという宣言。

ベイビー・ボックスに捨てられた赤ちゃんを金目当てで横流ししようとするサンヒョン(ソン・ガンホ)ドンス(カン・ドンウォン)。しかし、翌日思い直した母親ソヨン(イ・ジウン)が施設を訪れるも捨てたはずの赤ちゃんがいないので警察に通報しようとします。通報されると都合が悪いサンヒョンとドンスはソヨンを巻き込み、赤ちゃんを売って得る報酬を山分けすることに。

ということで、是枝監督お得意の「疑似家族」の物語がロードムービー形式で始まるのですが、どうにも盛り上がらない。金目当てなんだけど養子縁組させるほうが赤ちゃんにとっていいことだという考えのサンヒョンとドンス。一度は赤ちゃんを捨てはしたものの、それは複雑な事情あってのことで母性が芽生えて思い直したソヨン。法外だが善行というテーマは『万引き家族』から引き継がれています。しかし、最初からサンヒョンとドンスはいいひとにしかみえないし、ソヨンも情状酌量の余地が多分にあるであろうキャラクターとして描かれているので、変化に乏しいと言わざるを得ません。

ふたりの刑事が人身売買の現場を押さえて現行犯逮捕したいという意図はわかりますが、それにしても後をついて回るだけで泳がせすぎ。いくら観客代行といえども「一番子供を売りたがってるのは私たちかもね」なんて補足説明のようなことを言わせるのはいかがなものか。しかも当初の計画がうまくいかないとみるやソヨンに司法取引を持ちかけて方針転換するのですが、やっぱりひたすら「待ち」の状態でサンヒョンとドンスに迫っている感じがまったくありません。

殺人事件という要素にも強引さを感じましたがそれはともかく、警察にマークされ、借金取り立てでヤクザからも狙われているはずのサンヒョンとドンスは、どんどん窮地に陥ってなんらかの突破を試みると思いきや、いつまでたっても彼らが追い詰められている切迫感が感じられず、それどころかどんどん「いい家族」へと絆を深めていきます。

殺人を犯したソヨンのいきさつは仕方がないとしても、孤児院で育ったドンスの生い立ちや、ひとり娘がいるのに離婚したサンヒョンのエピソードなどは語り過ぎな気がしました。要するに、当初思い描いていた登場人物の印象を覆されることもなく、 カタルシスもなく、新たな発見や問題提起を得られることもない辻褄合わせに終始したというのが正直な印象です。

とはいえ「生まれてくれてありがとう」という、超ストレートな存在の全肯定はその場にいる登場人物ひとりひとりに対して繰り返されただけあって、グッときました。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター