" />
fc2ブログ

さがす

sagasu.jpg



(2022年/日本 123分)
監督/片山慎三 脚本/片山慎三、小寺和久、高田亮 エグゼクティブプロデューサー/豊島雅郎、仲田桂祐、土川勉 プロデューサー/井手陽子、山野晃、原田耕治 撮影/池田直矢 録音/秋元大輔 装飾/松塚隆史 衣装/百井豊 ヘアメイク/宮本奈々 カラリスト/大西悠斗 音響効果/井上奈津子 編集/片岡葉寿紀 音楽/高位妃楊子
出演/佐藤二朗、伊東蒼、清水尋也、森田望智、石井正太朗、松岡依都美、成嶋瞳子、品川徹

概要とあらすじ
「岬の兄妹」の片山慎三監督が佐藤二朗を主演に迎え、姿を消した父親と、必死に父を捜す娘の姿を描いたヒューマンサスペンス。大阪の下町に暮らす原田智と中学生の娘・楓。「指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」と言う智の言葉を、楓はいつもの冗談だと聞き流していた。しかし、その翌朝、智が忽然と姿を消す。警察からも「大人の失踪は結末が決まっている」と相手にされない中、必死に父親の行方を捜す楓。やがて、とある日雇い現場の作業員に父の名前を見つけた楓だったが、その人物は父とは違う、まったく知らない若い男だった。失意に沈む中、無造作に貼りだされていた連続殺人犯の指名手配チラシが目に入った楓。そこには、日雇い現場で出会った、あの若い男の顔があった。智役を佐藤が、「湯を沸かすほどの熱い愛」「空白」の伊東蒼が楓役を演じるほか、清水尋也、森田望智らが顔をそろえる。(映画.comより



「超え」ならずも期待大

傑作『岬の兄妹(2018)』の片山慎三監督の商業デビュー作『さがす』。期待値爆上がりだったんですが、年明けのコロナ感染者急増に怯えて外出を控えているうちに劇場公開を逃してしまいました。そんなわけでアマプラ観賞。

大坂は西成で暮らす原田智(佐藤二朗)と中学生の娘・楓(伊東蒼)。かつて原田は小さな卓球場を営んでいましたが、妻の自殺を機に生活も困窮。いまは日雇い労働者として働いています。スーパーでの支払いが20円足らずに万引き扱いとされた父を引き取りに、慌てて駆けつける楓。口争いは絶えませんが、うだつの上がらない父親としっかり者の娘は、それでも仲がいい。ところが「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」といった翌日、原田は姿を消すのでした。楓の「さがす」が始まります。

片山慎三監督曰く「大阪に住む父が指名手配犯を見かけた、という実体験から生まれたオリジナル作品です(公式サイト)」とのことですが、ここで登場する連続殺人事件は、座間9人殺害事件(2017)を大きくモチーフにしているようで、Twitterを使って自殺志願者を募るなど、実際の事件の犯行にかなり忠実です。殺人犯の山内照巳(清水尋也)がリハビリ施設に勤務していたことから津久井やまゆり園事件や、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の犯人像などが加えられているでしょうか。

「商業デビュー作ということもあり、よりエンターテイメントな作品にしたいという気持ちがありました(公式サイト)」というように、かなりサービス精神旺盛な語り口になっており、それが逆に説明的だと感じてしまいました。全体的に流れる妙にウェットな劇判も耳障りでしたが、とくに本作は時系列を操作したミステリーでもあることでより説明的にならざるを得なかったのではないかとも思いました。

『岬の兄妹』では、どん底の状況にもかかわらず、つい笑いを誘ってしまうようなシーンの存在が魅力で片山監督の作風のひとつだとも思うのですが、楓の胸を見た同級生男子が鼻血を出すなど漫画的表現や、冒頭とラストで繰り返される変顔(?)、離島にクラスじいさんのAVルームなど、ちょっと浮いた印象でした(楓がシスターに唾を吐きかけるシーンは最高でしたが)。

最も引っかかったのは、殺人犯の山内照巳のキャラクター。日本映画でも韓国映画でも何度も繰返されてきた類型的なサイコパス像です。父・原田に成りすました山内を作業現場で見つけた楓に向かって、まるで自己紹介でもするかのように指名手配犯の特徴である爪を噛むクセをやってみせたのには鼻白みましたが、白いハイソックス・フェチや「有料コンテンツ」という決め台詞にも、既視感が漂っておりました(キャハハハなんて高笑いしないだけマシですけど)。

物語は大胆で、行方不明になった父・原田はかつて、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患った妻が死にたいと口にするようになったことで思い悩み、ついに安楽死を試みるも実行できずにいたところ、原田に目を付けたリハビリ施設の職員だった山内が自殺幇助を申し出たのでした。山内は自殺幇助をもっともらしく正当化していますが、もちろん彼の真の目的はわずかな報酬と快楽殺人です。

依頼通りに原田の妻を殺した山内は、なんと今後も自分の犯行を手伝ってくれるよう原田を誘います。ここでの山内の豹変ぶりを唐突に感じたし、山内への報酬20万円をちゃらにしてくれるというだけで、原田が連続殺人の共犯者となるのはいささか無理があるではなかろうか。また原田に複数のTwitterアカウントの管理を任せるのも、山内にとってもリスクが高すぎるのではないでしょうか。

いくつかの犯行を重ねた後、山内が全国指名手配となったことを知って原田に動揺が走ります。そんなとき、かつて山内から逃げ出したことのあるムクドリ(森田望智)が飛び降り自殺に失敗したことが週刊誌で報じられました。ムクドリと連絡を取った原田は、彼女にはまだ自殺願望があり、改めて自殺幇助を依頼するために300万円を用意しているといいます。その金を逃走資金にしろと。この時点で、すでに原田は山内殺害を計画していたのか、ムクドリがきれいな服がほしいとホテルから脱走したのがきっかけかは判然としませんが、山内殺害後の隠蔽計画はなかなか綿密なので、早い段階で決意していたのかもしれません。

ムクドリから受け取った300万円を山内が表面しか確認しないあざとさが気になりましたがそれはともかく、指名手配の懸賞金目当てで山内を追っているうちに犯行現場に出くわし、自らは包丁で刺されながらも格闘の末に山内を金槌で返り討ちにしたという原田のストーリーは警察をも欺き、懸賞金と感謝状を手にするのでした。

ここからさらに物語は展開するのですが、まどろっこしくもあり性急でもあり。ムクドリが残した300万円は中身が白紙で(満身創痍のムクドリにこんな細工が出来るのか疑問だが)微々たる金額でしかなく、原田は営業を再開したものの卓球場は閑古鳥。高校進学を控える楓の将来も気がかりな原田は、残っていた山内のTwitterアカウントに寄せられたDMを見つけ、自ら自殺幇助で収入を得ようと思い立つのでした。ところが、その自殺志願のDMの送り主は楓だったのです。

DMの送り主との待ち合わせが空振りに終わった原田は帰宅し、楓と卓球台を挟んでラリーをしています。買い物に行くと言って出かけた原田がなにも買わずに帰ってきたことに「なにがほしかったん?」と尋ねる楓。「忘れてもうた」と返す原田に「忘れたらあかんで。うちのことも、おかあちゃんのことも」という楓は、いままで原田が何をしていたのかすべて知っていることを打ち明け、「やっと見つけた」と言うのでした。

つまらないことですが、ふたりのラリー中にパトカーのサイレンが聞こえてきて、楓が「迎えにきたで。さよならや」といいます。このセリフによって、真実を知った楓が警察に通報したとも考えられますが、スマホの画面をのぞくと楓がDMを送ったのは2022年8月13日で、DMに気づいた原田が返信したのは2022年10月10日となっています。この間およそ2か月のブランクがあり、父の犯行を悟った楓が警察に通報するなら8月13日よりも前なのではないでしょうか。または、確証が持てなかった楓が、原田から返信が来るまで、つまり再犯に動くまで通報を保留していたとも考えられます。ただ、ラストで繰り返される変顔は言い争いをチャラにする親子のゲームであり(ラストの状況で思わず噴き出してしまうとは思えないが)、原田の犯行をチャラにした楓は通報していないのではないかと考えます。なんの勝負やねん。

てなかんじで、『岬の兄妹』を超える衝撃と感動はありませんでした。商業デビュー作ということもあり、エンターテイメントを意識しすぎて詰め込みすぎたのではないかなあという感想です。普通なら十分の出来なんですけど片山慎三監督に対する期待値が高いもんで、厳しめになってしまいました。今後も新作を楽しみにしています。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター