" />
fc2ブログ

ナイトメア・アリー

nightmarealley.jpg



ナイトメア・アリー
(原題:Nightmare Alley 2021年/アメリカ 150分)
監督/ギレルモ・デル・トロ 製作/ギレルモ・デル・トロ、J・マイルズ・デイル、ブラッドリー・クーパー 原作/ウィリアム・リンゼイ・グレシャム 脚本/ギレルモ・デル・トロ、キム・モーガン 撮影/ダン・ローストセン 美術/タマラ・デベレル 衣装/ルイス・セケイラ 編集/キャメロン・マクラクリン 音楽/ネイサン・ジョンソン
出演/ブラッドリー・クーパー、ケイト・ブランシェット、トニ・コレット、ウィレム・デフォー、リチャード・ジェンキンス、ルーニー・マーラ、ロン・パールマン、メアリー・スティーンバージェン、デビッド・ストラザーン

概要とあらすじ
「シェイプ・オブ・ウォーター」でアカデミー賞の作品賞ほか4部門を受賞したギレルモ・デル・トロ監督が、ブラッドリー・クーパーはじめ豪華キャストを迎えて送り出すサスペンススリラー。過去にも映画化されたことのある、1946年に出版された名作ノワール小説「ナイトメア・アリー 悪夢小路」を原作に、野心にあふれ、ショービジネス界で成功した男が、思いがけないところから人生を狂わせていく様を描く。ショービジネスでの成功を夢みる野心にあふれた青年スタンは、人間か獣か正体不明な生き物を出し物にする怪しげなカーニバルの一座とめぐり合う。そこで読心術の技を学んだスタンは、人をひきつける天性の才能とカリスマ性を武器に、トップの興行師となる。しかし、その先には思いがけない闇が待ち受けていた。スタン役を「アリー スター誕生」「アメリカン・スナイパー」などで4度のアカデミー賞ノミネートを誇るブラッドリー・クーパーが務め、2度のアカデミー賞受賞歴をもつケイト・ブランシェットほか、トニ・コレット、ウィレム・デフォー、ルーニー・マーラらが共演した。2022・第94回アカデミー賞では作品賞に加え撮影、美術、衣装デザインの計4部門にノミネート。(映画.comより



あまりにもきれいな着水

ギレルモ・デル・トロが異形のものへの偏愛を発揮した『ナイトメア・アリー』です。かつての見世物小屋といえば、すぐさまトッド・ブラウニングの『フリークス(怪物團)』が思い浮かびますが、こちらはウィリアム・リンゼイ・グレシャムの小説『ナイトメア・アリー 悪夢小路』が原作。同じ原作で1947年に映画化された『悪魔の往く街』のリメイクではないとのこと。

死に往く父親を家ごと焼き殺し、彷徨っていたスタン(ブラッドリー・クーパー)は「テン・イン・ワン・テント」という巡業する見世物小屋へとたどり着きます。観客として紛れ込んだそこでは「ギーク」と呼ばれる獣人が生きた雌鳥の首を食いちぎるショーが始まろうとしていました。「ギーク」とは、今ではパソコンオタクの意味で使われますが、もとは見世物小屋でこの芸(といっても必要なのは根性だけだが)をする「獣人」のことだったもよう。

「テン・イン・ワン・テント」のオーナーであるクレム(ウィレム・デフォー)になぜか気に入られたスタンは、この見世物小屋で働くように。読心術師ジーナ(トニ・コレット)とその夫ピート(デビッド・ストラザーン)の手伝いをしながら、読心術のトリックを憶え、コールドリーディングを身につけていくのでした。やがて、電気少女モリー(ルーニー・マーラ)と恋に落ちたスタンは、ふたりで見世物小屋を抜け出して、ボードビルへと乗りだし一旗揚げようと試みるのでした。着実に人気を集め始めたスタンとモリーの前に、心理カウンセラーのリリス・リッター博士(ケイト・ブランシェット)が現れたことで、スタンの人生は大きく傾いていくのでした。

スタンの振る舞いは明らかにエディプス・コンプレックスであり、マザコン。彼は若く美しいモリーを手に入れたものの、ジーナやリリスら年上の女性に惹かれ、肉体関係を持ちます。不可抗力とはいえ、ジーナの夫ピートを死なせてしまったのは冒頭のフラッシュバックにおける父殺しと同じことでしょう。スタンは父親への嫌悪から酒を拒絶していましたが、いつしかリリスによって酒を口にするように。かたやモリーは(本人の口からは語られず、もっぱらブルーノ=ロン・パールマンによって臭わせられるけれど)、父親に対して過剰な愛情を抱くエレクトラ・コンプレックス

当時の(第二次世界大戦開戦前後)見世物小屋に詳しい人からすれば、「テン・イン・ワン・テント」のセットは立派すぎるようですがそれはともかく、アカデミー賞でノミネートされたように本作の美術がとても豪華。照明の美しさも相まって、非常にリッチな絵面となっております。そこに佇んだケイト・ブランシェットが心の読めないうっすらとした笑みを浮かべれば、それはもうノワール。

結果からいうと、立身出世のために禁断の「幽霊ショー」を出し物にし、有力者エズラ・グリンドル(リチャード・ジェンキンス)と相対することになったことが、スタンが冒した決定的な失敗ということになりますが、そこへと導いたのはスタンの何枚も上をいくリリスでした。スタンが初めてリリスのオフィスを訪れたとき、最初は拒否しつつも結局はカウンセリング用の長椅子に横たわることになるスタンは、すでにリリスの手の内にあったのでしょう。

エズラが若いころに恋人を失ったこと、そしてその恋人のお腹にはエズラの子供が宿されていたことを知ったスタンは、警戒心の強いエズラの信頼を掴み、死んだエズラの恋人の亡霊を見せるという最終手段に出ます。その役目はモリー。いくらなんでも無理な気がするんですが、案の定恋人に扮したモリーの姿を目撃し感極まったエズラは、スタンの制止を振り切り彼女に抱きつきます。そこで当然、こうなるわけです。「だれだ、お前」。

後に引けないスタンはエズラを撲殺。鼻がすっかりなくなるまで殴るなんてこと、出来るんだろうか。それはともかく、これがスタンによる3人目の父殺しともいえると思います。エズラに預けていた金はすべて1ドル札にすり替わり、追われる身となったスタンはおあつらえ向きに鶏を積んだ汽車に潜り込み、ジーナに紹介された見世物小屋にたどり着きます。仕事にありつきたいスタンは得意の読心術をアピールしますが、無下に断られます。しかし、なにやらひらめいた見世物小屋のオーナーは立ち去ろうとするスタンを引き留め、こう言うのでした。「よかったらひとつ仕事がある。本物のギークが見つかるまでなんだが」

ワタクシにしては珍しく原作(翻訳:柳下毅一郎)を読んでいたのですが、元々スタンは見世物小屋で働いていたり、会ったことがないのに自らリリスにカウンセリングを依頼しに行ったり、細かいところはもちろん脚色されているのですが、概ね物語はそのままです。最も大きな改変は、原作では心霊稼業のスタンが牧師となっていたところ。つまりスタンは、聖書を崇めている父親と逃げていった母親の浮気相手が牧師だったことに対する反撥で、自ら牧師になってニセ降霊術で人々を欺していたというわけです。

これには聖書に書かれていることや牧師の説教もみんなインチキで、口先のトリックじゃないかというキリスト教に対する批判が暗に表現されているのではないでしょうか。この部分をすっかりそぎ落とした本作は、愚かな男スタンの個人的な因果応報として矮小化されているように感じました。原作通りとはいえ、落語のようにあまりにもきれいに着水する結末に拍子抜けし、150分もかけて語る話じゃないよなというのが正直なところ。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター