" />
fc2ブログ

テッド・バンディ

tedbundy.jpg



(原題:原題:Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile 2019年/アメリカ 109分)
監督/ジョー・バーリンジャー 製作/マイケル・コスティガン、ニコラス・シャルティエ、ジョー・バーリンジャー、アラ・ケシシアン、マイケル・シムキン 製作総指揮/ザック・エフロン、マイケル・ワーウィー、ジョナサン・デクター、ジェイソン・バレット 原作/エリザベス・クレプファー 脚本/マイケル・ワーウィー 撮影/ブランドン・トゥロスト 美術/ブランドン・トナー=コノリー 衣装/メーガン・スターク・エバンズ 編集/ジョシュ・シェファー 音楽/マルコ・ベルトラミ、デニス・スミス 音楽監修/ロビン・アーダング
出演/ザック・エフロン、リリー・コリンズ、カヤ・スコデラーリオ、ジェフリー・ドノバン、アンジェラ・サラフィアン、ディラン・ベイカー、ブライアン・ジェラティ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジム・パーソンズ、ジョン・マルコビッチ、ジェームズ・ヘットフィールド

概要とあらすじ
「グレイテスト・ショーマン」のザック・エフロンが、30人以上の女性を惨殺した実在の殺人鬼を演じた犯罪ドラマ。1969年、ワシントン州シアトル。とあるバーで出会い恋に落ちたテッド・バンディとシングルマザーのリズは、リズの幼い娘モリーとともに3人で幸福な家庭生活を築いていた。しかし、ある時、信号無視で警官に止められたテッドは、車の後部座席に積んであった疑わしい道具袋の存在から、誘拐未遂事件の容疑で逮捕されてしまう。また、その前年にも女性の誘拐事件が起きており、目撃された犯人らしき男はテッドと同じフォルクスワーゲンに乗り、その似顔絵はテッドの顔に酷似していた。テッド役のエフロンのほか、リリー・コリンズ、ジョン・マルコビッチらが脇を固める。監督は、同じくテッド・バンディを題材としたNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合」を手がけたジョー・バリンジャー。(映画.comより



普通は人を殺さないけど

「シリアルキラー」という言葉が生まれるきっかけとなった殺人鬼を描く『テッド・バンディ』。監督のジョー・バーリンジャーはNetflixオリジナル『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』というドキュメンタリーシリーズも手掛けております。

テッドの恋人だったエリザベス・ケンドールの回顧録を基にしている本作は、事件の真相に迫るというよりも、テッド・バンディという人間の生き様に視点をおいております。法学部の学生だったテッド(ザック・エフロン)はパブで知り合ったシングルマザーのリズ(リリー・コリンズ)と交際するように。一夜を共にしたふたり。遅れて目を覚ましたリズがキッチンにいくと、エプロンをつけたテッドが朝食の支度をしていました。テッドの優しさに惹かれるリズ……。このシーンで、テッドが手にした包丁がちらっと写るカットがあり、彼の凶暴性を暗示するさりげない演出です。

ふたりは婚約を交わすまでの関係になりますが、テッドがユタ州で逮捕されると一変します。すでに複数の若い女性が行方不明になる事件が起きていましたが、所持品や愛車のフォルクスワーゲンなどからテッドが容疑者として疑われたのでした。

それからというものテッドの容疑は深まっていくのですが、状況証拠ばかりでいまいち決定的な証拠がでてきません。なにしろ1970年代、まだDNA鑑定ができない頃で、PCによるデータベースもなく、さらには州を跨いだ犯罪の情報共有が十分出来ていない時代だったのです。しかもテッドは決して犯行を認めず、最後の最後まで無実を訴え続け、本作には犯行シーンもない(ワンシーンだけある)ので、テッド・バンディという稀代の殺人鬼のことを知らずに観ると、これは冤罪なんじゃないかと思う人がいても不思議ではありません。

実際の犯行や裁判から死刑執行に至るまでの経緯は、『殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合』で詳細に語られています。つねにヘラヘラとした笑顔が鼻につくのですが、女性たちはハンサムな彼にメロメロ。ザック・エフロンは実物のテッドに結構似ています。

正直に言って、テッド・バンディという男の奇怪さと恐ろしさを堪能(?)するには『殺人鬼との対談〜』を観るほうがいいと思います。本作も事件と裁判の流れは事実と同じなのですが、テッドの狂気を感じ取るには至っていないのではないかと。『殺人鬼との対談〜』では、犯行現場や犠牲者の遺骨の写真も登場しますが、恐ろしいのは2度目の脱獄後、女子寮でふたりを惨殺したあと、立て続けに別の場所で犯行に及んでいること。普通、犯行後は逃げて身を隠すでしょう?(まあ、そのまえに普通は人を殺さないけど)

テッドとリズが刑務所の面会室で対峙するラストシーンは、『殺人鬼との対談〜』で登場しませんでした。あれはフィクションなんだろうか。ただ、後に自白を始めたテッドによると、切り落とした被害者の首を持ち帰り、リズの家の暖炉で焼却したこともあるようで、そのあたりのことを表現しているのかもしれません。









関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター