" />
fc2ブログ

東京自転車節

tokyojitensha.jpg



(2021年/日本 93分)
監督/青柳拓 構成・プロデューサー/大澤一生 撮影/青柳拓、辻井潔、大澤一生 編集/辻井潔 音楽/秋山周
出演/青柳拓、渡井秀彦、丹澤梅野、丹澤晴仁、高野悟志、加納土、飯室和希、齊藤佑紀、林幸穂、加藤健一郎

概要とあらすじ
「ひいくんのあるく町」の青柳拓監督が、2020年緊急事態宣言下の東京で自らの自転車配達員としての活動を記録したドキュメント。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため緊急事態宣言が発出された2020年の東京。自転車配達員として働くことになった青柳は、スマートフォンとGo Proで自身の活動を記録していく。セルフドキュメンタリーを踏襲しながら、SNS動画の感覚でまとめあげた日常を記録した映像を通し、コロナ禍によって生まれた「新しい日常」とは何かを問いかけていく。(映画.comより



「いま、なにやってる?」

まさに今だからこそ作り得た話題のドキュメンタリー『東京自転車節』。話題と言っても、現在東京都内で上映されているのはポレポレ東中野の1館のみ(順次拡大公開していく予定だとか)。それでもSNSなどで評判が聞こえてまいりました(ちなみに、ボクが観に行った回では、青柳監督とともに俳優の川瀬陽太氏、映像作家集団・空族の富田克也氏と相澤虎之助氏が上映後トークに登壇されました)。

2020年3月、地元・山梨県で代行運転(車で飲みに出かけた人が帰宅するときに運転を代行する。田舎ならでは)の仕事をしていた青柳監督は、コロナ禍によって飲み屋が軒並み営業休止してしまったため、無職になってしまいます。実家暮らしとはいえ、奨学金550万円の返済が滞りつつあるいま、なんとかして金を稼がねばなりません。しかし、山深い田舎には仕事がありません。そこで一念発起。東京に出てUberEatsをやることにしたのでした。ま、プロデューサーの大澤一生氏から企画を打診されたのがきっかけだそうですが、働かなければならないことにかわりなく、コロナ禍の東京を撮ってみたいというドキュメンタリー監督としての欲望もあったもよう。

本作からは青柳監督の人の良さが滲み出ています。それを裏付けるかのように、彼の友人たちもまたいいやつばかり(すくなくとも本編内では)。地元の友人に借りた自転車で野を越え山を越え、とうとう東京に辿り着いた青柳監督はさっそくUberEatsを始めるのでした。

まずはUberEats特有の四角いバッグ(¥5,000)を自腹で購入。新宿を拠点に働き始めた彼は不慣れなために思っていたほど稼げません。それでも徐々に日給¥10,000を超える日も。しかし、そんな日は実働時間が10時間越え。つまり、それなりに過酷な労働にもかかわらず、時給に換算すると¥1,000程度です。すでにいろいろと問題になっていますが、必要経費を負担せず、補償もなく、いつでも解雇できるこの雇用システムは、企業にとってとても都合のいいものです。

最初に青柳監督が居候した土くん(加納 土)も映画監督で、青柳監督に「ケン・ローチの『家族を想うとき』観た?」と聞いてきます。『家族を想うとき』は、UberEatsと同様に、従業員を雇用契約ではなく個人事業主とする配送業の男が主人公で、その業務形態の理不尽さや社会システムそのものの問題を問いかける作品です。土くんにケン・ローチのインタビュー動画をみせられた青柳監督は「でも、稼がなきゃいけないんだよ〜」と言うのですが、この一言が現実におけるジレンマを見事に表現していると思いました。システムの問題なのはわかっているし、自分たちが企業に搾取されていることも知っている、それでもいまを生き抜くために「稼がなきゃいけないんだよ〜」。文字通りの自転車操業。

時には仕事に行かなかったり、APAホテル(なんと一泊¥2,500!)に泊まったり、誕生日にデリヘル(これもデリバリーだ!)を呼んだけど所持金が足りなかったりするのが青柳監督の憎めないところ。というか、ベンチで横になっているだけで警備員に追い払われる反面、ホテルが一泊¥2,500になったり、牛丼を無料で食べられるネットカフェ(?)があったりすることにも経済の歪さを感じます。風俗業の是非は置いておいて、可能な限り人との接触を禁じられているコロナ禍でデリヘル嬢やキャバ嬢も相当のダメージを受けているはず。だからこそ、失意の青柳監督は感染の危険を冒してでも働かざるを得ないデリヘル嬢にお金が渡るよう、再び風俗店に電話して謝意を伝えたのではないでしょうか。心優しい青柳監督。金はないけど。

配達業を続けるうちに「(ケン・ローチさんはそういうけれど)でも稼がなきゃいけないんだよ〜」と言っていた青柳監督に少しずつ変化が。人と人を繋ぐ仕事だと思っていたけれど、「置き配」では客と顔も会わせない。これではドローンが配達しても同じではないのか(こんな台詞はありませんが)。青柳監督に徒労感が漂い始めます。たびたび電話をかけてくる地元の有名人ひいくん(青柳監督の第1作『ひいくんのあるく町』の主人公でもある)は、第一声がいつも「いま、なにやってる?」。上映後トークでの監督自身の言葉によると、「いま、なにやってる?」という素朴な言葉が、徐々に自分を問い詰めるように聞こえてきて「……おれ、なにやってるんだろう」と思い始めたそうです。

とにかく、直面している「システム」を突き詰めようという考えに至った青柳監督は、3日間で70件の配達を超えれば貰える特別報酬「クエスト」達成を目指すことに(「クエスト」の条件はほかにもあるようですが、現在は変更されているかもしれません)。ここで感じざるを得ないのは、この仕事のゲーム性。目標を与えることで配達員は達成感を感じる……と聞けば、なんか良さげですが。

「クエスト」達成を目指し、雨の夜道で自転車を駆る青柳監督からは、当て所ない怒りが充満しています。フィクションなら、ここで事故に遭った主人公は働けなくなって……となりそうな状況なのでヒヤヒヤしましたが、配達先のマンションのモニタに向かった監督は「お待たせしました、ウーバーイーツです」と満面の笑みで挨拶するのでした。

ラストは国会議事堂へと向かう青柳監督。彼が国会議事堂へ配達しようとしたものはなんでしょうか。政治家は彼の「届け物」を受け取るでしょうか。以下、公式サイトの監督インタビューから引用です。

「撮影を終えて今回僕が初めて身にしてみたのは「一部の権力者に振り回されているということを、もう少し僕自身が自覚する必要がある」ということです。そして、振り回されていることを自覚したら次はどうするか、そこのところはまだ模索中ですが、ひとつ「こっちの方向ではないか」ということを主張してみたので、そこも含めて面白がって頂けたら嬉しいです。」







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター