" />
fc2ブログ

ゴジラvsコング

godzillavskong.jpg



(原題:Godzilla vs. Kong 2021年/アメリカ 114分)
監督/アダム・ウィンガード 製作/メアリー・ペアレント、アレックス・ガルシア、エリック・マクレオド、ジョン・ジャシュニ、トーマス・タル、ブライアン・ロジャース 製作総指揮/ジェイ・アッシェンフェルター、ハーバート・W・ゲインズ、ダン・リン、ロイ・リー、坂野義光、奥平謙二 原案/テリー・ロッシオ、マイケル・ドハティ、ザック・シールズ 脚本/エリック・ピアソン、マックス・ボレンスタイン 撮影/ベン・セレシン 美術/オーウェン・パターソン、トーマス・S・ハモック 衣装/アン・フォーリー 編集/ジョシュ・シェファー 視覚効果監修/ジョン・“DJ”・デジャルダン
出演/アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、スレベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリー、小栗旬、エイザ・ゴンザレス、ジュリアン・デニソン、カイル・チャンドラー、デミアン・ビチル、ランス・レディック、ケイリー・ホトル

概要とあらすじ
ハリウッド版「ゴジラ」シリーズの「GODZILLA ゴジラ」(2014)、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(19)と、「キングコング:髑髏島の巨神」(17)をクロスオーバーして描く「モンスターバース」シリーズの第4作で、ゴジラとキングコングという日米の2大怪獣が激突する。モンスターの戦いで壊滅的な被害を受けた地球。人類は各地で再建を計り、特務機関モナークは未知の土地で危険な任務にあたりながら、巨大怪獣のルーツの手がかりを掴もうとしていた。そんななか、ゴジラが深海の暗闇から再び姿を現し、世界を危機へ陥れる。人類は対抗措置として、コングを髑髏島(スカルアイランド)から連れ出す。人類の生き残りをかけた戦いは、やがてゴジラ対コングという未曽有の対決を引き起こす。監督は「サプライズ」やNetflix実写版「Death Note デスノート」などを手がけたアダム・ウィンガード。出演はアレクサンダー・スカルスガルド、レベッカ・ホール、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」から引き続き登場するミリー・ボビー・ブラウン、カイル・チャンドラーほか。また、「GODZILLA ゴジラ」「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮役で小栗旬が出演し、ハリウッドデビューを飾った。(映画.comより



これはコングの2作目

コロナ禍によって公開が延期となっていた「モンスターバース」最新作『ゴジラvsコング』。東の横綱ゴジラと西の横綱コング、どっちが強いか戦わせてみよう! という非常に無邪気な発想。1962年に『キングコング対ゴジラ』(ゴジラシリーズ第3作目というのが意外に早い)がすでに作られていて、引用されているところも少ないないのですが、リメイクのつもりではないようす。

髑髏島のコングは穏やかな日々を過ごしていると思いきや、コングが暮らしているのはモナークが建設したドーム(ケージ?)の中。巨大化したコングを飼うにはそろそろ無理っぽいと感じているモナークのアイリーン博士(レベッカ・ホール)。彼女が世話をしている超かわいい聾唖の少女は、髑髏島原住民の唯一の生き残りジア(ケイリー・ホトル)

かたや突如として現れたゴジラは、フロリダのハイテク企業エイペックス社を襲撃します。訳もなく暴れないゴジラがピンポイントでエイペックス社を襲撃するなんて、なにかに起こっているに違いない、というわけ。

まあ、物語的には終始デタラメ。根底にあるのが地球空洞説というトンデモだし、そこに行かなければならない理由(エイペックス社がエネルギーをほしいらしいけど)や、コングを連れて行かなければならない理由はさっぱりわからない(台詞で言い訳程度の説明はしているんでしょう、たぶん)。ゴジラが暴れ出した真相を探ろうとするマディソン(ミリー・ボビー・ブラウン)が頼りにしているのは、たったひとりの陰謀論者でしかありません。都合良くエイペックス社のセキュリティはガバガバ。

なんとかしてゴジラとコングが戦う理由をひねり出そうとする努力を労いたい気持ちは十分にありますが、無理がたたった感は否めません。人間の扱いなんぞ「なんかよくわかんねーけど、ゴジラとコングが喧嘩始めたぞ! わーこっちきた! 逃げろ逃げろ!」で十分なのではないでしょうか、もはや。結果的にそうなるんだし。

気になったのは、本作があきらかにコング寄りで作られていること。ゴジラとコングは古来からのライバル関係で対等な存在なはずなのに、コングは表情が多彩で、手話で意思疎通が可能、非常に人間臭くて愛着を持てる存在として描かれている一方、ゴジラの表情は読み取りづらく、人間と心を通わすようなシーンは一切なし。ゴジラが脇に回っているのは明らかで、「ゴジラ vs コング」と銘打っているものの、内実はコングの物語であって、「モンスターバース」のコング2作目といっても過言ではないかと。まあ、眠らされてはいろんなところに連れ回されるコングも気の毒ではあるが。

もともと「巨大な動物」であるコングと「カイジュー」たるゴジラは、じつは食い合わせが悪いのかもしれません。普通に考えて、放射熱線とか出されたら「動物」に勝ち目はないでしょう。それを見越してか、一応ゴジラとコングのファイトは、ゴジラの勝利という形をとります。

とはいえ、ゴジラとコングのファイト・シーンはさすがに迫力満点、アイデアも豊富でやっぱり楽しい。ビルが建ち並ぶ香港での戦いからは、着ぐるみ特撮感が漂います。正直に言って、ファイト・シーンを観て「うひょー!」とか「かっけー!」とか言えれば満足なのです。上映時間114分のうち、100分はこれでいいんだけどな。

ゴジラとコングの勝負はゴジラの勝利で決着。古来、キングの座を争って戦い続けてきたはずなのに、なぜかスポーツマンシップを発揮してトドメを刺さないゴジラ。そして、なんとギドラのDNAをラブ注入したメカゴジラの登場。エンペックス社はこれがやりたかったのね。ボコボコにされるゴジラに目を覚ましたコングが助太刀して共闘。人間の傲慢を許さないぞってことで(遺伝子組み換えのリンゴが微妙な伏線に)、胸熱なシーンということになるんでしょうか。ぶっちゃけ、メカゴジラは圧倒的に強いんですけど、マディソンと一緒にいた小僧が操作盤に陰謀論者バーニーの酒をぶちまけると電気系統がショートして動きが止まります。……あまりに脆い。ていうか、パスワードがわからないのに「早くしろ!」とか喚いてるの、なに?

最後にどうしても言及せざるを得ないのは、小栗旬。一応、ゴジラシリーズで渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子という設定らしいですが、これほど添え物感がハンパないのも珍しい。台詞は二言三言、生け贄のようにメカゴジラの操縦席に座らされた挙げ句に、なんと白目!! これで「ハリウッド初進出!」かぁ……。プライド、大丈夫?







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター