" />
FC2ブログ

ホムンクルス

homunculus.jpg



(2021年/日本 115分)
監督/清水崇 原作/山本英夫 脚本/内藤瑛亮、松久育紀、清水崇 製作統括/勝股英夫 プロデューサー/中林千賀子、三宅はるえ 撮影/福本淳 照明/市川徳充 録音/西山徹 美術/寒河江陽子 装飾/中澤正英 衣装/田中亜由美 ヘアメイク/小出みさ、石邑麻由 特殊スタイリスト/百武朋 VFXプロデューサー・VFXディレクター/平田耕一 VFXスーパーバイザー/高橋直太郎 編集/鈴木理 音楽/ermhoi 江崎文武
出演/綾野剛、成田凌、岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽

概要とあらすじ
「殺し屋1」などで知られる山本英夫の同名漫画を綾野剛主演、清水崇監督のメガホンにより実写映画化。車上生活を送る名越進の前に、ある日突然現れた医学生の伊藤学。記憶がない名越は、伊藤の勧めにより期限7日間、報酬70万円を条件にある手術を受けることに。第六感が芽生えるという頭蓋骨に穴を開けるトレパネーション手術を受けた名越は、右目をつむって左目で見ると、人間が異様な形に見えるようになる。伊藤はその現象を「他人の深層心理が視覚化されて見えている」と言い、その異形をホムンクルスと名付けた。名越はその能力を用い、心の闇を抱える人たちと交流していく。名越役を綾野、伊藤役を成田凌が演じるほか、内野聖陽、岸井ゆきの、石井杏奈らが脇を固める。(映画.comより



ちひろの神隠し

原作・山本英夫、監督・清水崇の『ホムンクルス』。原作マンガは週刊ビッグコミックスピリッツで連載中に読んでいた記憶があるのですが、ま、当然ほとんどなにも憶えておりません。劇場公開してすぐにNETFLIXで配信が始まったのは、やっぱりコロナの影響があるんでしょうか。

新宿都庁のすぐ側で車中泊生活をしている名越進(綾野剛
)は、かつて保険の営業でぶいぶい言わせていましたが、なぜか記憶喪失となり、新宿中央公園で寝泊まりするホームレスに混ざって生活しているのでした。「金はあるんだ」といってブラックカードでレストランの支払いをする名越の銀行口座はどうなってるんだ? とか、新宿中央公園にホームレスはいないけどなあとかいう、細かいことを気にしてはいけません。とにかく、名越は突然現れた伊藤学(成田凌
)という男に、額に穴を開ける「トレパネーション」の手術を受けないかと誘われます。本作の成田凌は『スマホを落としただけなのに(2018)』で培ったサイコパス演技を存分に発揮しておられます。ま、すでに記号的ですが。

伊藤によればトレパネーションとは(実在するそうですが)、およそ10%しか活用されていない人間の脳を頭蓋骨による圧迫から解放し、未知なる能力を引き出すために行なわれる手術とのこと。父親が経営する病院に勤める研修医である伊藤は、トレパネーションに取り憑かれているようで、適任の被験者として名越に白羽の矢を立てたのでした。

実験台になる報酬として提示された70万円を「金はある」と固辞した名越でしたが、わりとあっさり伊藤の申し出を受け入れます。「植物状態になっても構わない」というほど自暴自棄になっていたからかもしれませんが、こんな怪しい申し出を受け入れる動機についてはあまり説得力がありません。

手術を終えた名越が歌舞伎町の街をふらついていると、すれ違う人々が異形のものとして目に映ります。理由は明かされませんが、なぜか左目限定でおかしなものが見えるのです。名越の左目に映る異形の姿こそが、人々のトラウマを視覚化した「ホムンクルス」と呼ばれるものでした。

VFXによる特殊効果はおもにホムンクルスの表現に用いられています。原作に忠実かどうかはさておき、このホムンクルス表現こそがひとつの売りではないのかと思っていたのですが、視覚的なアイデアに乏しいと言わざるを得ませんでした(もちろん的外れな期待をしていた可能性も否めませんが)。おそらくVFX的最大の見せ場は、風俗嬢(?)JKの1775(石井杏奈
)の砂表現ということになるんでしょうが、さほドラッギーでイカれた表現とは感じませんでした。

手のかかったVFXよりも、歌舞伎町でぶつかったヤクザの組長(内野聖陽)がいきなりドスを振り回したり、JK1775がさっさと物語から退場したりする違和感のほうが気になりました。最もずっこけたのは後半に明らかにされる伊藤のトラウマで、伊藤の父親が自分よりも可愛がっていた金魚というのが、縁日で買ってきたような金魚たった一匹ということ。金魚鉢も小さいし古臭いし、テーブルに置いてあるし。こういう細かいディティールにこそこだわってほしかったと思うところ。

奈々子(岸井ゆきの
)という女性と出会った名越は、なにやら記憶の片隅を刺激されますが、奈々子もまた記憶喪失なのでした。これまた原作がどうなのか知りませんが、謎を作るために記憶喪失を便利に使いすぎじゃね? で、奈々子も伊藤によってトレパネーション手術を受けているので、完全に伊藤はピンポイントでこの二人を狙っているとしか思えないのはともかく、奈々子が見るホムンクルスはどんなものなのかを描いてほしかったなあとは思います。

結局、奈々子は名越と暮らしていた奈々子ではなく、ちひろという女性で、偶然にも奈々子を死なせてしまうことになる交通事故を引き起こした自責の念にかられて記憶喪失になったのでした。これぞ「ちひろの神隠し」……いうてる場合か。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター