" />
FC2ブログ

守護教師

shugokyoushi.jpg



(原題:The Villagers 2018年/韓国 100分)
監督・脚本/イム・ジンスン 撮影/ハ・ギョンホ 音楽/モク・ヨンジン
出演/マ・ドンソク、キム・セロン、イ・サンヨプ、チン・ソンギュ

概要とあらすじ
「新感染 ファイナル・エクスプレス」で一躍人気を集めたマ・ドンソクが、女子高生失踪事件に挑む熱血教師に扮した主演作。かつてはボクシングのチャンピオンの座に就きながら、暴力沙汰によりコーチの職を失ってしまったギチョルは、女子高の体育教師として働いていた。女生徒たちに囲まれた職場は、男ばかりの世界で過ごしてきたギチョルにとっては戸惑うことばかりだったが、学校になじもうとする中で不登校中の同級生の行方を捜すユジンと出会う。こつ然と姿を消してしまったその生徒を、他の教師は単なる家出と取り合わず、警察の捜査もまったく進展が見られなかった。生徒の行方を捜さないのは意図的ではないかと感じさせるこの町の不穏な空気をギチョルが感じる中、ユジンが何者かに襲われてしまう。ギチョルはユジンに代わって生徒の行方を探そうとするのだが……。ユジン役は、「冬の小鳥」「アジョシ」などで天才子役として注目を集めたキム・セロン。(映画.comより



韓国映画らしさをなぞった韓国映画

出演していればとりあえず観てみようと思わせる力があるマ・ドンソク。マ・ドンソクが出演していれば、少なく見積もっても面白さが2割増しになるのは間違いありませんが、マ・ドンソクが出演してさえいれば傑作かというとそんなこともないのです。

というわけで『守護教師』なのです。元ボクシングの東洋チャンピオンであるギチョル(マ・ドンソク
)は、自分の教え子が不当な成績に終わったことをボクシング協会の八百長だと訴え、副会長を殴ってしまったために協会から追放され、地方の女子校教師として働くことに。教員免許を持ってたんですな。ていうか彼は一応体育教師でもあるのですが、まったく体育の授業をしません。

ギチョルが赴任した女子校では、ハン・スヨンという少女が行方不明になっているにもかかわらず、教師やほかの生徒たちは素知らぬ顔。ただの家出でしょ? よくあること……てな具合。誰も彼もが愛想が悪いし、なんだか嫌な感じだな〜と思っていると、ユジン(キム・セロン
)ひとりだけは懸命にスヨンの行方を捜し続けていました。キム・セロン、大きくなったのぅ。おじさんは『冬の小鳥』の頃から君を知ってるんだよ〜。

学校の教師たちも警察もスヨンの捜査に及び腰、というか迷惑がっているようす。その裏には、女子校の理事長キム(チャン・グァン)が立候補した知事選の投票日が迫ってきているという事情がありました。まあ、丸っとまるごとこの街はキム理事長に牛耳られているわけです。

かと思っていると、なぜか女子生徒たちからモテモテの美術教師ジソン(イ・サンヨプ
)が女子トイレに隠しカメラを仕掛けていたことが判明。なぜかジソンに声をかけられたユジンは、ためらいもなく彼の車に同乗し、彼の自宅へと連れ去られるのです。

ギチョルがユジンを車に乗せていたり、用具室でふたりっきりで話しているのもたいがいマズいだろと思いましたが、赴任したばかりなのになぜかジソンの自宅を知っていたギチョルは、すぐさま直行。行方不明になったスヨンのスマホを持っていたジソンは逮捕され、その話題はすぐに広まります。にもかかわらず、ジソンがキム理事長の息子であるということにはこの時点で一切触れられず、終盤までとっておくのです。これはかなり無理がある。ていうか、学校で話しかけただけで自分の車に乗ってくれるユジンを、わざわざ夜中に目出し帽を被って襲う必要があったんだろうか。

変態ジソンが捕まったのは、このあと登場する巨悪を隠すための意図的なミスリードかと思いましたが、キム理事長が悪人なのも、その手下であるギャングが営んでいる高級キャバクラ(?)にスヨンが出入りしていたのも承知済みなので、さしたる驚きはありません。しかも、結局釈放されたジソンがまたしてもユジンを誘拐するので、結局お前なの? という肩すかし。

全体的に、観客に対して報せるべきところと隠しておくべきところのバランスが悪く、ギチョルがUFOキャッチャーで獲得した人形は、クローズアップするわりにマブリーの愛らしさを演出する意外になんの役にも立っていないし、ジソンが持っていたスヨンのキーホルダーも登場人物より先に観客に気づかせてほしいアイテムなのに、台詞で説明する無粋さなどが目に付きました。

政治家や警察の不正+前髪もっこりなサイコパスという、韓国映画にありがちな設定を安易にミックスさせ、韓国映画らしさを表層的になぞった韓国映画であり、ぐるっと一周した感じがする作品でありました。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター