" />
FC2ブログ

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

tuckeranddale.jpg



(原題:Tucker and Dale vs Evil 2010年/カナダ 88分)
監督/イーライ・クレイグ 製作/トーマス・アウグスバーガー 脚本/イーライ・クレイグ、モルガン・ユルゲンソン 撮影/デビッド・ゲッデス 編集/ブリジット・ダンフォード
出演/アラン・テュディック
、タイラー・ラビーン
、カトリーナ・ボウデン


概要とあらすじ
凶悪な殺人鬼と勘違いされてしまった2人の男が巻き込まれる事件を描いたスプラッターコメディ。気のいいタッカーとデイルは念願だった別荘を手に入れ、休暇を過ごしにやってくるが、近くでキャンプをしていた大学生グループから人里離れた山小屋に住む殺人鬼と勘違いされてしまう。さらに、2人が川で溺れかけていた女子大生を助けたことが誤解を生み、血まみれの死人が続出する事態へと陥っていく。(映画.comより



そうでしょうとも。

ホラー映画あるあるをパロった映画はいろいろありますけれど、こちらはちょいとツイストの効いたコメディ『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』

レッドネック幼なじみのタッカー(アラン・テュディック)デイル(タイラー・ラビーン)はなけなしの金で購入した念願の別荘で一夏を過ごすために片田舎にやってきます。かたや、定番のバカガキたちがキャンプにやってきて、図らずもタッカーとデイルに遭遇。バカガキたちが勝手にふたりを田舎のキチガイだと思い込んだせいで巻き起こるドタバタです。

序盤でガソリンスタンドの売店に立ち寄り、なにやら嫌な予兆を感じ取る定番の設定から、いわゆる「田舎ホラー」を思わせます。さらには湖で『13日の金曜日』、古びたキャビンで『死霊のはらわた』、チェーンソーで『悪魔のいけにえ』と、誰もが知っているホラーなモチーフを詰め込んでいるのですが、本作が面白いのは「田舎ホラー」的設定がディスコミュニケーションによる思い込みだろと指摘するところ。そもそもタッカーとデイルはこの田舎で暮らす地元民ですらないのですが。

釣りをしていたタッカーとデイルがアリソン(カトリーナ・ボウデン)を助けて介抱したことを、さらわれたと思い込んだバカガキたちが恐怖心と復讐心を募らせてタッカーとデイルに襲いかかってきます。その間、ひとりまたひとりと勝手に死んでいくバカガキたち。これが面白い。

身勝手な先入観によってタッカーとデイルはエラい目に遭うのですが、結果だけ見るとふたりがバカガキたちを殺したとしか見えないような演出もなかなか笑えます。心理学を専攻していてやたらと理解のあるアリソンとからっきし女性にモテないデイルが心を通わせていくさまは、多くの非モテ男性に勇気を与えることでしょう。そうでしょうとも。

惜しむらくは、やたらと好戦的なバカガキのリーダー格のチャド(ジェシー・モス)が、20年前に起きた殺害事件の犯人の息子だったという設定。要は、チャドの不可解な凶暴さは遺伝だったというわけで、結果的に惨劇の根拠を用意してしまった感は否めません。できれば、最後まで先入観による思い違いのまま展開して欲しかったところではあります。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター