" />
FC2ブログ

1917 命をかけた伝令

1917.jpg



(原題:1917 2019年/イギリス・アメリカ合作 119分)
監督/サム・メンデス 製作/サム・メンデス、ピッパ・ハリス、

ジェイン=アン・テングレン、カラム・マクドゥガル、ブライアン・オリバー 脚本/サム・メンデス、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ 撮影/ロジャー・ディーキンス 美術/デニス・ガスナー 衣装/ジャクリーン・デュラン、デビッド・クロスマン 編集/リー・スミス 音楽/トーマス・ニューマン
出演/ジョージ・マッケイ
、ディーン=チャールズ・チャップマン
、マーク・ストロング
、アンドリュー・スコット
、クレア・デュバーク
、リチャード・マッデン
、コリン・ファース
、ベネディクト・カンバーバッチ


概要とあらすじ
「007 スペクター」「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」などで知られる名匠サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に描く戦争ドラマ。若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクの2人が、兄を含めた最前線にいる仲間1600人の命を救うべく、重要な命令を一刻も早く伝達するため、さまざまな危険が待ち受ける敵陣に身を投じて駆け抜けていく姿を、全編ワンカット撮影で描いた。1917年4月、フランスの西部戦線では防衛線を挟んでドイツ軍と連合国軍のにらみ合いが続き、消耗戦を繰り返していた。そんな中、若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクは、撤退したドイツ軍を追撃中のマッケンジー大佐の部隊に重要なメッセージを届ける任務を与えられる。戦場を駆け抜ける2人の英国兵をジョージ・マッケイ、ディーン・チャールズ=チャップマンという若手俳優が演じ、その周囲をベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングらイギリスを代表する実力派が固めた。撮影は、「007 スペクター」でもメンデス監督とタッグを組んだ名手ロジャー・ディーキンス。第92回アカデミー賞では作品賞、監督賞を含む10部門でノミネートされ撮影賞、録音賞、視覚効果賞を受賞した。(映画.comより



劇場体験型無理ゲー

「脅威の全編ワンカット」という謳い文句の『1917 命をかけた伝令』。しかしこれは宣伝のミスリードで本作は「全編ワンカット」ではありません。むしろ『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014)』のような「疑似ワンカット」というのが正確です。だからといって作品の評価が下がることはないのですが、擬似的に連続してみせているだけでなく、明らかに暗転してシーンが変わっているところもあるし、なにしろ伝令の命を受けた主人公の兵士ふたりが目的地までたどり着くのに6〜8時間はかかると台詞でいっている物語が約2時間にまとめられているわけですから、「全編ワンカット」なわけがないのです。まれに宣伝におけるこのような「フカし」が見受けられますが、「な〜んだ、全編ワンカットじゃないじゃん」というような不要に評価を下げる一因になりはしないかと思う次第。ちなみにポスターなどで使用されている「1917」のロゴにFuturaというドイツ生まれのフォントを使っている(ちょっと加工はしてある)のが興味深いところ(映画本編で使用されているタイトルはちょっと違うんですけど)。

長回しと言えば『バードマン〜』や『トゥモロー・ワールド(2006)』『ゼロ・グラビティ(2013)』でアルフォンソ・キュアロンとコンビを組んだ撮影監督エマニュエル・ルベツキが有名ですが、本作の撮影もいずれ劣らぬ名手のロジャー・ディーキンスサム・メンデス監督とは『007 スペクター(2015)』でもタッグを組んでいます。

さて、第一次世界大戦真っ只中の1917年。ドイツ軍が西部戦線から後退したのを受けて、連合軍は一気呵成に攻め込もうとしておりました。ところがそれは「アルベリッヒ作戦」と呼ばれるドイツ軍の戦略であり、連合軍をおびき出して一網打尽にしようとする罠だったのです。その事実を航空偵察によって知ったイギリス軍のエリンモア将軍(コリン・ファース
)は、ブレイク上等兵(ディーン=チャールズ・チャップマン)スコフィールド上等兵(ジョージ・マッケイ
)を呼出し、「電話線が切れて連絡が取れない。前線にいる1600名もの兵士を無駄死にさせないために攻撃を中止するよう伝えてくれ」と命令するのでした。

本作の物語は、サム・メンデス監督が西部戦線で伝令を務めていたおじいさまから聞いた話を元にしているそうですが、結構重要な任務なので、もうちょっと護衛を付けるとか、ジープ的なものを手配するとかしたほうがいいんじゃないかと思ったりもしますけど、そうもいかないんでしょうかね。いずれにしろかなりな無理ゲー。

ブレイクは伝令を伝える先の前線にいる部隊に兄のブレイク中尉(リチャード・マッデン)が所属しているため、使命感に燃えているわけですが、たまたまその相棒になるはめになったスコフィールドは貧乏くじを引いたような状態。彼は地元に帰りたくないがために戦場に留まっているのですが、有刺鉄線で左の手のひらを切り(ちなみにどうやら彼は右利き)、その直後に腐乱死体の大きくえぐれた傷口に手を突っ込んでしまったり、撤退したドイツ軍が仕掛けたトラップにはまって、瓦礫の中に埋もれてしまったり、あまりにも散々なことが続くので笑いそうになってしまいました。スコフィールドに死亡フラグが立ちまくっていると思っていたのですが、先に命を落としたのはブレイクのほうでした。

めずらしく奮発してIMAXで観賞したのですが、長回しによる没入感は素晴らしいものでした。狭く曲がりくねった塹壕の中でふたりの兵士を追いかけ、または追い越しするカメラの視線がまるで自分のもののようです。滑らかな横移動や地を這うようなアングルも見事で、本作がいかに視覚体験に重きを置いているのかが実感できます。また、スコフィールドが夜の廃墟に飛び出したシーンでの、大きく変化する影の演出も圧巻でした。Youtubeに上がっているメイキングを見ると、この映像を実現するためには緻密に計算された段取りと高度なカメラワークが必要なことがわかります。これをシーンごとに15〜40テイクやったというのですから、すさまじい。

伝令の命を受けた若者が目的地まで行くという、ただそれだけの物語ですが、見事な山あり谷ありで飽きさせません。そしてクライマックスは、爆弾が降り注ぐなか、突進する兵士たちを横切ってスコフィールドがひたすら走るシーン。彼が兵士とぶつかるのはアクシデントだそうですが、むしろそれがリアリティと恐怖をもたらしています。ぜひ映画館で体験していただきたい作品です。











にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター