" />
FC2ブログ

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

starwars9.jpg



(原題:Star Wars: The Rise of Skywalker 2019年/アメリカ 142分)
監督/J・J・エイブラムス 製作/キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ミシェル・レイワン 製作総指揮/カラム・グリーン、トミー・ゴームリー、ジェイソン・マクガトリン 脚本/J・J・エイブラムス、クリス・テリオ 撮影/ダン・ミンデル 美術/リック・カーター、ケビン・ジェンキンス 衣装/マイケル・カプラン 編集/メリアン・ブランドン、ステファン・グルーブ 音楽/ジョン・ウィリアムズ 特殊効果/ニール・スキャンラン 視覚効果監修/ロジャー・ガイエット
出演/デイジー・リドリー
、アダム・ドライバー
、ジョン・ボイエガ
、オスカー・アイザック
、マーク・ハミル
、キャリー・フィッシャー
、ビリー・ディー・ウィリアムズ
、ルピタ・ニョンゴ
、ドーナル・グリーソン
、ケリー・マリー・トラン
、ヨーナス・スオタモ
、アンソニー・ダニエルズ
、ビリー・ロード
、ケリー・ラッセル
、ナオミ・アッキー
、リチャード・E・グラント
、イアン・マクダーミド


概要とあらすじ
「スター・ウォーズ」の新たな3部作としてスタートした「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015)、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(17)に続く3部作の3作目。「スター・ウォーズ」サーガのエピソード9にあたり、1977年のシリーズ1作目から計9作品を通して語られてきたスカイウォーカー家の物語が完結する。「フォースの覚醒」を手がけたJ・J・エイブラムスが再びメガホンをとり、主人公のレイを演じるデイジー・リドリーほか、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザックら3部作の主要キャラクターを演じてきたキャストが集結。初期3部作の「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80)、「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」(83)に登場した、ビリー・ディー・ウィリアムズ演じるランド・カルリジアンが再登場するほか、シリーズを通して重要な役割を担ってきた、16年12月に急逝したキャリー・フィッシャー演じるレイア・オーガナも、「フォースの覚醒」製作時に撮影されていたものの未使用だった映像を用いて登場する。(映画.comより



そんなことだろうと思ったよ。

1978年日本公開の『スター・ウォーズ/新たなる希望』から41年! ついに全9部作のラストを飾るエピソード IX『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』!! ……と、テンション高めに始めてみましたが、それほど高揚しているワケではありません。エピソード IV〜VIまでは、そりゃあもう熱狂しましたが(とはいってもインターネットのない時代、『ロードショー』や『スクリーン』といった映画雑誌を穴が開くまで読み漁るほか情報を得る手段はありませんでした)、その後あまりにも待ちぼうけを食らった反動でいまだエピソード I〜IIIは観ていないという、非常に軽薄な映画ファンであります。ぶっちゃけ、本作を観逃したところでさほど落胆することもないのですが、まあ、なんせ最後ですから。せっかくですから。

ジェダイとしての修行を続けるレイ(デイジー・リドリー)。かたや前作でストークを倒したカイロ・レン(アダム・ドライバー)は「ファースト・オーダー(とりあえずビール)」の最高指揮官に就任していました。しかし、レンを牛耳っているのはシスの暗黒卿「パルパティーン(イアン・マクダーミド)」。パルパティーン……。エピソード I〜IIIを観ていない者にとってはあまり馴染みのない人ですが、とにかくラスボスなんでしょう。二つしか存在しないビラミッド型の「ウェイファインダー」はシスの居場所を示すというけれど、それほど重要なアイテムとは思えませんでした。そんなことより、レイを演じるデイジー・リドリーが随分色っぽくなったなあなどと思っておりました。あと、レイアを演じるキャリー・フィッシャーが登場したのに驚き。なんと『フォースの覚醒』の撮影時にされていた未使用の映像を使用しているのだとか。ひょえ〜(ちらっと登場する若き日のルークとレイアはどうやってるんでしょう?)。

まあとにかく、賛否両論の前作『最後のジェダイ』では、それまでのSWサーガにおける宇宙規模の血縁争いから脱し、名もなき人々による共闘や連帯の物語を(強引に)開拓した……と思われていましたが、酒代のかわりに捨てられたといわれていたレイが、なんとじつはパルパティーンの孫だったということが判明。また血縁争いにもどっちゃったよ! そこではたと気づきました。この昼メロのような血縁争いこそが『スター・ウォーズ』なのだと。新キャラのジャナ(ナオミ・アッキー)がもしかしてランド(ビリー・ディー・ウィリアムズ)の娘? と臭わせるようなシーンもあったし。パルパティーンが優れたフォースの持ち主をダークサイドに勧誘するのも、出自を知らない主人公が育ての親のもとで成長するのも、捕らえられた仲間をみんなで助けに行くのも、思えばずっと同じことを繰り返してきたわけで、これこそが『スター・ウォーズ』なんだと考えれば、なにも文句はありません。ま、レイはチューイの娘に違いない(ちょっとシャクレてるから)というボクの予想は見事に外れましたが。

しかもこれがシリーズ最後ともなれば、そして監督がSW大好きっ子のJ・J・エイブラムスであればなおのこと、『スター・ウォーズ』らしさを求めるのは当然と言えば当然です。かつてのキャラクターが続々登場し(イウォークも!)、これぞ総決算的な仕上がり。他界してしまったキャリー・フィッシャーへの哀悼もしっかり物語に組み込んだ、見事なまとめ方だと思いました(レイアの死を知ったチューイが慟哭する姿にちょっと泣いた)。それだけに、エピソードVIIとVIIIがただのつなぎのようになってしまっている気がしないでもないので、JJ、お前ずるいなあとも思いました。フォースに関してはもう完全に超能力と化し、ありきたりなエスパー対決表現になっていたのは残念でした。あれができるんならこれは簡単じゃないの? とか思ったりもしましたし。あと、新キャラのゾーリ(ケリー・ラッセル)がほぼ顔が見えないのにエロカッコよくてナイスでした。

というわけで、シリーズ完結、おつかれさまでした! と思ったら、すでにディズニーが新たな3部作の製作に入っているとか、ボバ・フェットのスピンオフ・ドラマが配信されるとか……。そんなことだろうと思ったよ!







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター