" />
FC2ブログ

ハイテンション

hightension.jpg



(原題:Haute Tension 2003年/フランス 91分)
監督/アレクサンドル・アジャ 製作/アレクサンドル・アルカディ、ロベール・ベンムッサ 撮影/マキシム・アレクサンドル 音楽/フランソワ・ウード 美術/グレゴリー・ルバスール
出演/セシル・ドゥ・フランス、マイウェン、フィリップ・ナオン、フランク・カルフン、アンドレイ・フィンティ、ワーナ・ペリーア

概要とあらすじ
あまりにも残虐な殺戮シーンのため日本での公開が長い間見送られていたフランス産スプラッター・ホラー。親友アレックスの実家で週末を過ごすことになった女子大生マリー。ところがその夜、突然訪ねてきた謎の男がアレックスの両親と弟を惨殺、さらにトラックでアレックスを連れ去ろうとする。マリーはなんとか彼女を救おうとするのだが……。殺人鬼に立ち向かう主人公マリーを「ロシアン・ドールズ」のセシル・ドゥ・フランスが熱演。(映画.comより



いまいち気が利いていない

ルイの9番目の人生(18)』や『ホーンズ 容疑者と告白の角(15)』のアレクサンドル・アジャ監督による『ハイテンション』。まあ、アジャ監督作品とはあんまりそりが合わないんですけども。

親友アレックス(マイウェン)の実家で試験勉強をすることになったマリー(セシル・ドゥ・フランス)。ベリーショートがイカしてます。

トラックの運転席で女性の生首にフ○ラさせている男が登場しますけど、それはともかくアレックスとマリーの2人は実家に到着。あいさつもそこそこに、それぞれが就寝するのですが、どうやら眠れないマリーはアレックスが入浴する姿を窓の外から目撃して欲情し(?)、オ○ニー開始。すると夜も更けた時間にさっきのつなぎを着たトラックの男が現れるのです。

次々と斬殺されていくアレックスの家族。手っ取り早いと言えばそうなのですが、つなぎの男がこの家族を襲う動機やきっかけは一切語られません。とにかくスプラッターな映像を見せて怖がらせるのです。まあ、ホラー映画の面白いところって、頭のおかしいやつが襲ってきて、どうやって生き延びるかという過程にあるわけですから、本来、犯人の動機とか物語の整合性とかはどうでもいいことなのかもしれません。でもね、たとえ肉が目的だったとしても、いきなりじゅうじゅう焼けた肉を出されるよりも、とりあえずビールで乾杯したりさ、段取りってものがあるじゃないですか。そういう助走的なものが本作には一切ありません。だからこそ暴力の理不尽さを感じられるとはいえます。

つなぎの男からなんとか身を隠していたマリーは、拘束されたアレックスを連れ去ろうとするトラックに忍び込み、追跡。ガソリンスタンドから警察に助けを求めるも、アレックスを乗せたトラックが逃げ去ってしまったため、さらに追跡。ビニールハウスでの格闘の末、ついにマリーはつなぎ男に勝利します。ところが、通報があったガソリンスタンドに遅れて到着した警察が防犯カメラの映像を確認すると、ガソリンスタンドの店員を斧で殺すマリーの姿があったのでした。

ここにきて、なるほどつなぎ男のぶっきらぼうさはそういうことなのねと理解します。おそらくつなぎ男はマリーが作り上げた暴力的なオルターエゴで、すべてはマリーの犯行だったというわけ。じつはレズビアンのマリーはアレックスにぞっこんで、なんとか彼女を自分だけのものにしたいという想いを募らせていたのでした。だからこそのベリーショートで、オ○ニーなんですね。

まあ、あっと驚くどんでん返しなんですけど、真犯人がマリーだとわかった時点で、驚くというよりもむしろ腑に落ちてしまいました。つなぎ男に対して、不自然だなと思うような演出がなかったので(謎めいた行動をしないので)、じつはマリーが真犯人でしたとわかったあとでそれまでのシーンを思い返しても、だからあのとき○○だったのか! と膝を打つようなことはありませんでした。

いずれにしろ、アレックスの実家にやってきたマリーが、家族を皆殺しにしてまでアレックスを独り占めにしようとスイッチが入った理由はさっぱりわかりません。オ○ニーでなんか目覚めちゃったのかしら。このようなどんでん返しの構造を持つ作品にしては、あまりにもフリや伏線がずさんだと感じました。

今敏監督のアニメ『パーフェクトブルー(98)』を見たときにも同じことを感じたんですが、観客に真相が明かされたあとも、引き続きオルターエゴ=仮の姿で表現するのは、一体誰の視点なのかわからなくなると思うのですが、いかがでしょう。本作では、アレックスによって「私の家族を殺したのはあなたよ!」とはっきりとマリーが言われているにもかかわらず、その後もアレックスに襲いかかるのはつなぎ男でした。つなぎ男はマリーの目にしか見えないはずで、つなぎ男=マリーだと判明するまではマリーの視点(脳内の)だったわけですから、その虚偽が明らかにされた以上、つなぎ男が登場するのはおかしいんじゃないの? 感じてしまいました。

気の利いたことをやろうとしているのはわかるけれど、いまいち気が利いていない作品でした。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター