" />
FC2ブログ

彼女がその名を知らない鳥たち

kanojotoritachi.jpg



(2017年/日本 123分)
監督/白石和彌 原作/沼田まほかる 脚本/浅野妙子 撮影/灰原隆裕 照明/舟橋正生 録音/浦田和治 美術/今村力 編集/加藤ひとみ 音楽/大間々昂
出演/蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨、赤堀雅秋、赤澤ムック、中嶋しゅう、竹野内豊

概要とあらすじ
沼田まほかるの人気ミステリー小説を蒼井優、阿部サダヲ主演、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督で映画化。下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶのではとないかと戦慄する。(映画.comより



身勝手な登場人物たちによる身勝手な物語

次々と映画を量産している白石和彌監督『彼女がその名を知らない鳥たち』。基本的には男臭いというか、東映くさいというか、ハードボイルドな作品が多い白石監督ですが、本作は、まあ、ラブストーリーの範疇に入るんでしょうか。

修理に出した時計がどうとか、レンタルしたDVDが途中で再生が止まったとか言ってるクレーマーの十和子(蒼井優)。彼女は一日中部屋でゴロゴロしているだけで、同居人の陣冶(阿部サダヲ)に養われています。ガテン系(という言い方自体が古いけれども)の陣冶は、とにかく十和子に頭が上がらないようすで、家事をこなし、十和子のための小遣いを置いてから出勤するような男。十和子と陣冶はセックスをすることもなく、十和子がもよおしたときには、陣冶が指で彼女を満足させてやるだけです。

どうやら十和子は、かつて恋人だった黒崎(竹野内豊)という、どの角度から見てもチャラくて胡散臭い男のことが忘れられず、どういうわけか撮影した黒崎とのセックス映像をどういうわけかわざわざ焼いて保存してあるDVDを見ているのです。超変態メンヘラ女なのです。

時計の修理についていちゃもんをつけていた十和子は、時計屋の責任者である水島(松坂桃李)がイケメンだとわかると、いそいそと部屋を片付け、謝罪にやってきた水島とさっそくチューします。とにかく十和子は、イケメンに弱いクソ女なのです。水島と十和子が初めてホテルに行ったときの、ベロチューの仕方や十和子の耳をまさぐる仕草はナイスでした。

やがて、刑事の訪問によって、黒崎が行方不明だと知らされます。これが一応、ミステリーということになるんでしょうか。しかし、十和子と何年も合っていない黒崎が行方不明だとわかっても、なんかイマイチ驚きがありません。水島が砂漠について語る台詞が写真集(?)の受け売りだったり、十和子が買ってもらった時計が安物だったりと、水島の本性を暴く謎解きみたいになってますけど、こちとら、まあそんな男だろうなと思って観てるわけで、2回も念を押されてもやはり驚きはありません。

結婚をちらつかせたうえで、妻の叔父(どうやら大物らしい)に十和子を差し出し、挙げ句の果てに十和子を殴って関係を断つ黒崎は、まあ当然クズ。水島もあくどい女たらしですが、わりとよくいる普通のクズ。しかし、そんなクズ男にすがってしまうのは十和子の問題でしょう。それが十和子が抱えている弱さといえばそうかもしれませんが、決して自分を裏切ることのない従順な下僕の陣冶に対しては、非常に高慢な態度を取るので、彼女の身勝手さと愚かさばかりが際立ってしまい、彼女の弱さを思いやる気には到底なれません。

十和子の行動をストーキングしていた陣冶が黒崎を殺したんじゃないかという疑惑が持ち上がり、陣冶もそれを認めます。そして修羅場を迎えたあとふたりがどうするかというと、冷凍の肉を焼いて食べるのです。旨いなとかいいながら。こういうところに陣冶と十和子の一筋縄ではいかない関係性を描こうとする白石和彌監督の演出力を感じます。

翌日、決意を持って水島を呼び出した十和子はナイフ(なぜかフルーツ用)を買い込み、あいかわらず軽薄な水島を刺すのです。いつものようにストーキングしていた陣冶が止めに入ると、突然十和子は思い出すのでした。黒崎を殺したのは自分だったと。

おそらくこれがどんでん返しになっているわけですが、黒崎殺害にまつわることだけ十和子が記憶を失っていたというのは、いくらなんでも不可解。「生き続けるために忘れたんやぁ」みたいなことを陣冶が言うてはりますけど、事件の真相は十和子が忘れてただけっていう、何という都合のいいミステリーでしょうか。

共感できない登場人物ばかりのなかで、もっともクズで変態なのはじつは陣冶ではないでしょうか。これまでのいきさつを語った後、「(十和子が)思い出したこと、全部俺が持ってったるわ」という陣冶は崖の上のフェンスに昇り、自殺するのです。しかも、捨て台詞で十和子に「いい男を見つけろ」と、そして「俺を産んでくれ」というのです……。超〜気色悪い!!

これを純愛だととらえる向きもあるようですが、恐ろしくねじれた自己愛でしかありません。陣冶が十和子に注ぐ愛情は自己犠牲とか奉仕とかではなく、躾けにくいペットを愛でているようにしか見えず、出勤前に彼が十和子のために残していくお金はまるで金魚(メダカというべきか)に餌をやっているようです。じつは十和子より優位な立場にあるのは陣冶のほうではないでしょうか。

そもそも陣冶が自殺したところで、黒崎殺害や水島の刺傷にまつわるなにかが解決するわけでもなく、陣冶は自殺によって自分の存在を十和子に刻印し、さらには彼女の子供となって一生つきまとうと宣言しているのです。陣冶は自ら種なしだといっているので、その代償として自分の魂を十和子の子宮に宿らせようとしているのです。なんと、おぞましい。

子宮の中までストーキングする陣冶がフェンスから落ちていくのを見た十和子は「陣冶、たったひとりの私の恋人」とつぶやきます。いや、お前、絶対そんなこと思ってないよね。どうせまたイケメン見つけたらすぐにポーッとなるでしょ。都合の悪いことは忘れてしまう十和子ですから、陣冶が自殺したこともあっさり忘れるかも知れません。誰を相手にしてもずっと曖昧な関係しか築けなかった十和子が最後に突然「恋人」という表現を用いたのも違和感しかありませんでした。最後の最後まで徹底して依存体質の十和子。

登場人物に共感できなくても、感情移入できなくても、感動する作品はたくさんありますけど、ここまで身勝手な登場人物たちによる身勝手な物語はなかなかお目にかかれないと思います。俳優陣の演技や白石監督の演出は見事だと思いましたが、いかんせんそもそもの物語に無理がありすぎて、どうにも食えない作品でした。原作は読んでないけど。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター