" />
FC2ブログ

オアシス

oasis.jpg



(原題:Oasis 2002年/韓国 133分)
監督・脚本/イ・チャンドン 製作/ミョン・ゲナム 撮影/チェ・ヨンテク 美術/シン・チョミ 音楽/イ・ジェジン
出演/ソル・ギョング、ムン・ソリ、アン・ネサン、チュ・グィジョン、リュ・スンワン

概要とあらすじ
「ペパーミント・キャンディー」のイ・チャンドン監督が、社会に適応できない青年と脳性麻痺の女性の愛の行方を描き、第59回ベネチア国際映画祭で監督賞などを受賞した恋愛ドラマ。ひき逃げ死亡事故で服役し刑務所から出たばかりの青年ジョンドゥは、家族の元へ戻るが迷惑がられてしまう。ある日、被害者家族のアパートを訪れた彼は、寂しげな部屋にひとり取り残された被害者の娘コンジュと出会う。重度の脳性麻痺を持つ彼女は、部屋の中で空想の世界に生きていた。互いに惹かれ合い、純粋な愛を育んでいくジョンドゥとコンジュだったが……。「ペパーミント・キャンディー」でも共演したソル・ギョングとムン・ソリがジョンドゥとコンジュをそれぞれ演じた。2019年3月、イ・チャンドン監督の「バーニング 劇場版」公開にあわせて、HDデジタルリマスター版が日本初公開。(映画.comより



ふたりの世界だけがオアシス

村上春樹原作の『バーニング 劇場版』をさくっと観逃したので、この際イ・チャンドン監督の過去作を観ようと思い立ちまして、『オアシス』

清掃員をひき逃げした罪で服役していたジョンドゥ(ソル・ギョング)。刑期を終えて出所した彼は、飄々とした態度で見知らぬ人からタバコをもらい、女子学生をからかったりしています。その姿は自分が犯した罪に責任を感じているようには見えません。店先で豆腐にかぶりついているのはなんなんだよと思いましたが、韓国では刑務所から出所すると、身も心も潔白になるようにと豆腐や牛乳などの白いものを食べる習慣があるんだとか。要するに、ジョンドゥには迎えに来る家族がいないのです。それどころか、家族は彼に報せずに引っ越しています。途方に暮れた(ようにはあまり見えないが)彼は無銭飲食でさっそく警察のご厄介に。やっと弟が引き取りにきましたが、再会した家族はジョンドゥのことを煙たがっているようす。

ADHDかと思うほど勝手気ままに振る舞うジョンドゥは、あろうことかひき逃げ事件の被害者宅へ手土産を持って挨拶に行くのです。当然、被害者の家族は彼を追い返します。しかしジョンドゥは、そこで目にした脳性麻痺を持つ被害者の娘コンジュ(ムン・ソリ)に惹かれるのでした。コンジュの兄夫婦は、彼女をぼろアパートに残して彼女名義で購入した障害者用マンションに移り住もうとしているところでした。

花束を抱えて出直したジョンドゥは、植木鉢の下に隠してあった鍵でコンジュがいる部屋に侵入。自由に身体を動かせないコンジュの脚を舐め始めたかと思うと、彼女にのしかかってレイプしようとするのです。一体こいつは何をやってるんだ! これじゃ家族に見放されても仕方がないわ! と思いましたよ、そりゃ。

ところがその後、コンジュはジョンドゥが残していった番号に電話するのです。彼女は自分のことを女としてみてくれた(おそらく初めての)男、ジョンドゥに興味を抱いたのでした。

ジョンドゥはコンジュの部屋に足繁く通い、身の回りの世話をしたり、外へ遊びに連れて行ったりします。ふたりを追い払うレストランや、あからさまに迷惑がるジョンドゥの家族たち……。ジョンドゥには脳性麻痺のコンジュに対する先入観が微塵もありません。ふたりはただ惹かれ合っている恋人どうしに過ぎないのです。だからこそ、コンジュは頭の中で不意に車椅子から立ち上がり、壁に掛けられたタペストリーから抜け出てきた子象やインドの少年と美女とともに踊り、ジョンドゥとキスをするのです。

序盤でたっぷりとジョンドゥの無軌道さを見せつけられ、どうにも手に負えない人間だと思わされた印象がどんどん変化していきます。とどめに明かされるのは、じつはひき逃げ事件を起こしたのはジョンドゥの兄で、ジョンドゥは兄の身代わりとなって服役していたという事実。にもかかわらず、ジョンドゥを邪魔者扱いする態度が信じられません(弟はジョンドゥを慕っているようすだったけど)。ジョンドゥはそんなことをされても恨みに感じない、あまりにも純粋無垢な男なのです。

コンジュからジョンドゥをベッドに誘い、ついに結ばれるふたり。しかし、そこに兄夫婦がコンジュの様子を見にやってきてしまいます。身体を重ねるふたりを目撃した兄夫婦は、即座に父親を殺した加害者が娘をレイプしていると判断してしまい、ジョンドゥは逮捕されてしまいます。ただ恋人同士がセックスしてただけなのに。コンジュがいくら弁明しようとしても、うまく話せないので警察も相手しません。しかし、ジョンドゥはそれまでコンジュと普通に会話していました。ジョンドゥを除く人間たちは、コンジュには判断能力がないと勝手に思い込んでいるのです。なんという……なんという理不尽。

刑務所から届くジョンドゥからの手紙を読みながら、掃除するコンジュ。序盤で、光を鏡に反射させていたのとは打って変わって、部屋には窓から差し込む光が溢れています。社会からも家族からも真っ当に扱われないジョンドゥとコンジュにとって、ふたりの世界だけがオアシスなのでしょう。

顔をゆがめ、全身を引きつらせて脳性麻痺のコンジュを演じたムン・ソリの演技が凄まじい、ラブストーリーの傑作だと思いました。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター