" />
FC2ブログ

死霊館のシスター

shiryoukansister.jpg



(原題:The Nun 2018年/アメリカ 96分)
監督/コリン・ハーディ 製作/ピーター・サフラン、ジェームズ・ワン 製作総指揮/リチャード・ブレナー、ウォルター・ハマダ、デイブ・ノイスタッター、ゲイリー・ドーベルマン、マイケル・クリア、トッド・ウィリアムズ 原案/ジェームズ・ワン、ゲイリー・ドーベルマン 脚本/ゲイリー・ドーベルマン 撮影/マキシム・アレクサンドル 美術/ジェニファー・スペンス 編集/ミシェル・オーラー、ケン・ブラックウェル 音楽/アベル・コジェニオウスキ
出演/タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチルバーク、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズ、ジョナ・ブロケ、イングリット・ビス

概要とあらすじ
実際にあった心霊現象をベースに描く大ヒットホラー「死霊館」シリーズの始まりを描く物語。1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。事件には不可解な点が多く、真相を究明するため派遣されたバーク神父と見習いシスターのアイリーンは、調査の過程で修道院に隠された想像を絶する秘密にたどり着く。そして2人は、決して関わってはならない恐るべき存在「悪魔のシスター」と対峙することになる。主人公となるアイリーンを、「死霊館」シリーズで主演を務めたベラ・ファーミガの妹でもあるタイッサ・ファーミガが演じ、バーク神父には「エイリアン コヴェナント」のデミアン・ビチルが扮した。監督は「ザ・ハロウ 侵蝕」のコリン・ハーディ。脚本は、本作と同じ「死霊館」シリーズの「アナベル 死霊館の人形」や、大ヒット作「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」などを手がけたゲイリー・ドーベルマン。(映画.comより



ガッカリ案件

ジェームズ・ワンの「死霊館」シリーズの最終作(?)『死霊館のシスター』。このシリーズはこれまで観続けてきたのですが、いい加減に食傷気味なので映画館には観に行きませんでした。

このシリーズは、アナベルという呪われた人形が大変なことを巻き起こすのが根幹で、そのアナベル人形の起源を探るのが前作『アナベル 死霊人形の誕生(17)』でした。本作では、前作で思わせぶりに登場したマリリン・マンソン的ラスボス尼僧を巡る物語なのです。とかいいながら、これまでのシリーズ、ぜんぜん覚えてないんですけど。

時は1952年まで遡ったルーマニア。修道院で封じ込めていたはずの悪魔がやんわりと暴れだし、ひとりの尼僧が自殺したことから、バチカンから真相解明の命を受けたアンソニー神父(デミアン・ビチルバーク)が尼僧見習いのアイリーン(タイッサ・ファーミガ)を引き連れて修道院を訪れるというお話。

入口にぶら下がった尼僧の首つり死体といい、戦争の爆撃によって半壊した修道院といい、まあ普通に考えて近寄りがたい場所で悪魔が暴れ回るのですから、意外性がありません。なにかが起こったとしても不思議ではないし、なんにも起きなくても怖いシチュエーションなのです。そんな場所にわざわざ出向いていった登場人物たちが予想通りに大変な目に遭うので、こちとら、これから一体なにが起きるんだろうというワクワク&ドキドキ感がありません。

そんな、端っから気味の悪い場所で幽霊的ななにかが見えたり見えなかったりするのはむしろ当たり前なので、影が動いたもしくは気配を感じた登場人物が振り返ると誰もいないという演出を執拗に繰り返されても、1mmも怖くないのです。

それにしても悪魔ってやつは、なかなか直接的に襲ってきませんね。シャイなのかな? 基本的には怖がらせて楽しむ程度。かと思えば、がっつり首を絞めてきたりもします。見習いでありながらアイリーンがこの激務に抜擢されたのは、彼女に悪魔憑きの経験があるからか、それとも処女性(処女かどうかわからないけれど)なのかわかりませんが、いずれにしろ彼女が持つなんらかの特性が悪魔退治に役立ったとは思えません。ひとつだけあるとすれば、彼女が幻覚の中で聞いた「マリア様が示す」という言葉でしょうか。

振り返るといない演出のほかは、脅かし演出ばかりだし、怨念の恐ろしさのようなものは一切味わうことができませんでした。逆さ十時とかランプとか、シリーズに繋がるアイテムは登場しましたが、無理矢理に痕跡を残した感は否めず、前作までの関連性をダイジェストで見せられてもなんの感動も受けません。

という、かなりのガッカリ案件でした。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター