" />
FC2ブログ

怪怪怪怪物!

kaikaikai.jpg



(原題:報告老師!怪怪怪怪物! Mon Mon Mon Monsters 2017年/台湾 112分)
監督・脚本/ギデンズ・コー 製作/アンジー・チャイ 撮影/チョウ・イーシェン 美術/リャオ・ミンイー 衣装/ドラ・ン 編集/リー・ニエンシウ 音楽/クリス・ホウ
出演/トン・ユィカイ、ケント・ツァイ、ユージェニー・リウ、チェン・ペイチー、ジェームズ・ライ、タオ・ボーメン、リン・ペイシン

概要とあらすじ
日本でリメイク版も製作された大ヒット青春映画「あの頃、君を追いかけた」を手がけた台湾の人気作家ギデンズ・コーの監督、オリジナル脚本による学園ホラー。いつもクラスメイトにからかわれ、いじめられているリン・シューウェイはある日、問題を起こし、いじめっ子の3人とともに奉仕活動として独居老人の手伝いを命じられる。そして、手伝いのために訪れた老人宅でシューウェイたちは、夜中に2匹のモンスターと遭遇。モンスターを捕獲したシューウェイたちは、彼らなりの調査と実験をスタートさせ、友情を深めていく。しかし、次第にモンスターがシューウェイたちの手には負えない存在となり……。2017年・第30回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品。「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018」(18年10月12日~/東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて開催)上映作品。(映画.comより



残残残残念!

随分と威勢のいいタイトルの『怪怪怪怪物!』。それだけにかなりの期待を持って観ました。しかーし、タイトルとは裏腹に非常にモヤモヤするお話で、非常に残念でした。残残残残念!! なのです。

いじめられっ子のリン(トン・ユィカイ)は、今日も今日とていじめっ子グループに学級費を盗んだという濡れ衣を着させられています。担任の女教師もとことんクズで、不良たちの言い分に逆らうことができず、リンを疑う始末。一応、リンは優等生ということになっていますが、完全に学級崩壊しているし、先公はクズだし、選りすぐりのバカを集めたようなこの学校において優等生と呼ばれるリンは、気が小さいバカに過ぎないでしょう。とにかく、いじめっ子も女教師もいじめられっ子も、非常に記号化されたキャラクターでしかありません。

リンはいじめられているにもかかわらず、積極的にいじめっ子グループの一員に参加します。まあ、これ以上いじめられないために、いじめる側に荷担するということは現実にあり得るのかも知れません。しかし、リンが本当はどう思っているのかをあまり描写しないのでただの優柔不断な人間に見えてしまいました。とにかく最後まで、日和見的なリンが不快でたまりませんでした。

不良グループ(リンを含む)は老人をいたぶり、「怪物」の妹をとらえると、柱に縛り付けて彼女の歯を抜き、口にプレートをビスで張りつけ、彼女の苦手な日光を鏡で反射させて弄びます。その間も記号的なバカ描写は続き、はらわたが煮えくりかえるわけですが、キャッキャいうとる彼らの姿があまりにもコメディタッチで描かれるため、どういう気持ちで観ていいのやら困惑します。

女教師は徹底してクソで、「怪物」の体液を飲んでババちびった挙げ句に自然発火して死んでしまうのは当然な成り行きでしたが、それが不良リーダーの私怨によるものだったのは納得できません。彼女は社会的な制裁を受けるべきだし、それで不良リーダーが溜飲を下げるのも、腑に落ちません。

「怪物」の姉が妹を助けるために現れて、「死闘」らしきものがクライマックスに描かれますが、肝心なところは見せてくれません。しかも、姉捕獲のための段取りに参加していたリンは、この期に及んで「本当の友達じゃない!」みたいな、最初からわかりきっていることに今更気づき、ひとりだけ生き残るのです。「怪物」姉妹を殺して。

画面が真っ赤になり、給食のスープに「怪物」の体液を混ぜたリン。自分の優柔不断さを棚に上げたリンは、責任をクラスメイトに転嫁させてテロに及ぶのです。やがて炎に包まれるクラスメイト。いつも廊下に追い出されていた女生徒(これだけでこの学校は問題外だと思うが)に「君は僕たちとは違う」といって、スープを飲ませないように捨てていましたが、その直後、彼女は教室から燃え上がった炎にのみ込まれてるんですけど……。

もしかしたら、「怪物」よりも普通の人間のほうが「怪物」だよね〜みたいなことを言いたかったのかも知れませんが、ボクの目にはリンこそがもっとも卑しい下等な怪物(と呼ぶのも気が引けるクズ)にしか見えなかったし、たったひとりで自殺するのは寂しくてできないからクラスメイトを巻き添えにしたようにしか感じられませんでした。

怪物姉妹がもたらす恐怖が、リンの鬱屈した(そうは見えなかったけど)精神の象徴(もしくは代理人)としてしか機能していなかったのは残残残残念です。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター