" />
FC2ブログ

寝ても覚めても

netemosametemo.jpg



(2018年/日本・フランス合作 119分)
監督/濱口竜介 原作/柴崎友香 脚本/田中幸子、濱口竜介 製作/横井正彦、定井勇二、瀬井哲也、安井邦好、飯田雅裕、本丸勝也、増田英明、久保田修、澤田正道 撮影/佐々木靖之 録音/島津未来介 美術/布部雅人 衣装/清水寿美子 編集/山崎梓 音楽/tofubeats
出演/東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子

概要とあらすじ
4人の女性の日常と友情を5時間を越える長尺で丁寧に描き、ロカルノ、ナントなど、数々の国際映画祭で主要賞を受賞した「ハッピーアワー」で注目された濱口竜介監督の商業映画デビュー作。第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。芥川賞作家・柴崎友香の同名恋愛小説を東出昌大、唐田えりかの主演により映画化。大阪に暮らす21歳の朝子は、麦(ばく)と出会い、運命的な恋に落ちるが、ある日、麦は朝子の前から忽然と姿を消す。2年後、大阪から東京に引っ越した朝子は麦とそっくりな顔の亮平と出会う。麦のことを忘れることができない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。そして、朝子も戸惑いながらも亮平に惹かれていく。東出が麦と亮平の2役、唐田が朝子を演じる。(映画.comより



よくわかりました。

2018年の日本映画界を大いに盛り上げた『カメ止め』とは別に、蓮実重彦御大をはじめとする「目利き」たちの絶賛を浴びた『寝ても覚めても』。これが商業映画デビュー作となる濱口竜介監督はこれまでも『ハッピーアワー』などの自主製作映画で高い評価を受けていたのは知っていましたが、なんせ5時間超という上映時間にたじろぎ、まだ観たことはありません。残念ながら、本作も映画館で観ることが叶わなかったのですが、ようやくネット配信で観ることができました。しかーし、全然理解できなかったので、続けて2回観ることに。開き直って先に申し上げておきますと、原作小説は読んでおりません。

大阪の美術館で開催されている牛腸茂雄の写真展を観に来ていた朝子(唐田えりか)は、「クラリネットをこわしちゃった」を鼻歌で歌う麦(バク=東出昌大)とすれ違います。外に出たふたりは別方向へと進むものの、お互いの名前を聞き合った後、唐突にキスをして結ばれるのです。ふざけている中学生(?)が破裂させる爆竹は恋の火花。まるで少女マンガのようなガール・ミーツ・ボーイです。とにかく「出会っちゃった」わけですから、そこに論理的な整合性は必要ありません。

本作で二役を演じる東出昌大は、そもそも凡百のイケメン俳優に留まらない不穏さを湛えている希有な俳優だと思います。彼ほど何を考えているのかわからない俳優はほかにいないでしょう。彼の大きな瞳はつねに空虚で、持って生まれた「エイリアン感」があると思っています。しかも、いかにもヅラ然としたマンガチックな長髪の嘘くささもあいまって、油断すると「概念を抜かれる」んじゃないかとヒヤヒヤしてしまいます。

ていう、朝子と麦の馴れ初めを聞いた岡崎(渡辺大知=永遠の童貞)は「そんなわけあるかい!」とツッコミますが、遅れて合流した朝子の親友である春代(伊藤沙莉)は直感で「これはあかんわ」と朝子と麦のつきあいを否定するのでした。リアリストの春代は麦の「非日常性」を察知し、警戒するのです。

居酒屋での会食のあと、シーンはクラブ(?)へと移り、麦はDJをやっています(一昔前なら麦はバンドマンだったかも知れません)。朝子にちょっかいを出そうとする男が現れれば、即座に麦が立ちはだかり、自慢の長身で威圧して「悪い虫」を撃退します。なんという頼もしい王子様でしょうか。さらには、バイクにタンデムした麦と朝子は事故に遭って道路に投げ出されるもお互い無傷で、それどころかわっはっはと笑い合い、チューします。麦は朝子にこれ以上ないほどの「非日常」をもたらしてくれるのです。洗濯物を干すときはパンパンってやればシワがつきにくいとかいう、誰でも知っているしょーもない麦のライフハックにすら感心する朝子。恋する者にとっては自分が心地よくなれればなんでもいいのです。岡崎にベランダから投げられたシーツに隠れてチューするふたり。このステルス感がよりいっそう恋を盛り上げるのはわかります。まあ、バレバレなんですけど。

少なくとも日本では、友人の母親を下の名前で呼ぶ男は基本的にろくでもないやつだと思いますが、それはともかく、麦はしらっと姿を消してしまうのです(その前に、翌朝用のパンを買いに行くという麦が「クリームパン」をチョイスしている時点で狂ってると思う)。

時は経ち、舞台は東京へ。日本酒メーカーに勤める関西出身の亮平(東出昌大)と朝子が出会います。いわずもがな亮平は麦と瓜二つ。麦との思い出を断ち切るために大阪を離れたであろう朝子は愕然とし、拒否反応を示します。気のいい亮平は朝子の態度を不審がりますが、やがてふたりは結ばれることに。入場時間をオーバーしたギャラリーの前でのやりとりで亮平が「自分(朝子)のほうがはるかに怖いやろ」といっていたのは、図らずも朝子の本質を突いていたと思います。

ところが、つねに麦の幻影を追い続けている朝子にとって、亮平は麦の「代替品」でしかなく、「現実的妥協案」なのです。麦と良介が瓜二つなのは、単にこういう顔立ちのイケメンが好きというわけではなく、朝子がつねに麦のイメージを追いかけているからに他なりません。どうやら原作小説では、麦と亮平が瓜二つだと思っているのは朝子だけで、周囲はいわれてみれば似てるかもしれないという程度らしく、亮平に麦の面影を投影する朝子の能動的な倒錯がよりわかりやすくくなっていると思います。小説では登場人物の顔は読者の想像に委ねられていますが、はっきりと提示せざるを得ない映画では二役を同一人物が演じ分けることによって、むしろ内面の違いを強調しています。亮平は麦の(麦は亮平の)ドッペルゲンガーで、亮平は「日常」を、麦は「非日常」を象徴しているんだと思います。

てっきり朝子は亮平とつきあうことにしたんだと思ったら、彼女はすぐに思い直し、亮平に電話で別れを告げます。朝子を追う亮平は女優のマヤ(山下リオ)が出演する演劇に足を運びますが、そこにも朝子はいませんでした。そして、東日本大震災が発生。この大災害の記号的な扱い方に気持ち悪さを感じないわけではありませんがそれはともかく、交通機関がストップして徒歩で帰宅する亮平の前に突如朝子が現れ、今度こそふたりは結ばれるのでした。

大震災を機に朝子は積極的な行動を取るようになり、東北でのボランティア活動にも精を出すように。とはいっても、朝子が本当は何を考えているのかはわからないままです。東出昌大が何を考えているのかわからないと書きましたが、小西真奈美のドッペルゲンガーかと思う顔つきの唐田えりか=朝子もまったく心が読めません。

順調に交際を続けていた亮平と朝子でしたが、再び麦の影が。麦は人気モデルとなり、映画で主演を務めるほどのスタアになっていたのです。なんという巨大化した「非日常」。しかし、華々しい世界に行った麦に距離を感じてむしろ気持ちを断ち切れたのか、朝子は撮影現場から立ち去る麦が乗った車に向かって晴れやかな表情で手を振るのです。大阪本社への転勤が決まった亮平は、朝子が麦への想いを引きずっていたことを承知したうえでプロポーズ。めでたしめでたし。

……とはならず、引越準備に追われる朝子と亮平の部屋に、突然麦がやってきます。その場は抵抗した朝子でしたが、友人たちとの会食中にまたしても麦が登場し、朝子は麦とともに逃げ去ってしまいます。追いすがる亮平を後にして。

朝子のこの行動に関しては、まあ、わからないわけではありません。やっぱり亮平より麦のほうが好きなんだったら仕方のないことでしょう。亮平には気の毒だけれど、結婚を約束した相手がいても(すでに結婚していたとしても)自分の気持ちに正直に行動するほうがいいと思います。繰り返しますが、こればっかりは仕方がない。

ところが不可解なのはその後。北海道の実家へ向かって車を走らせる麦が仙台の手前で仮眠から目覚めると、遅れて目覚めた朝子は「私、これ以上行かれへん。帰らな」と言い出すのです。なんか、悪い夢でも見たんでしょうか。「麦は亮平やない。私、ちゃんとわかってなかった」……さっぱり意味がわからへん!

仮設住宅で暮らす仲本工事に金を借りた朝子は高速バスに乗り、亮平との新婚生活を送るはずだった大阪の新居へ。「帰れ!」と憤る亮平。まあ当然です。
 亮平「どの面下げてきとんねん? 俺もそんなにお人好しやないで」
 朝子「わかってる」
 亮平「お前も相当頭おかしいな?」
 朝子「うん」
麦が亮平ではないことがわからなかった朝子というひとは、それ以外のことはなんでもわかってて、なんでもお見通しのようです。「猫は捨てた」と言われると探し回りますが、亮平が言うように最初に猫を捨てたのは朝子です。ワタクシ、これとほぼほぼ同じことをされた経験があるので、なにが「じんた〜ん」じゃボケと思います。

さらに、亮平の後を走って追いかけた朝子は玄関のドア越しにこう言います。「亮平に謝りたい。でも、どんだけ謝っても謝りきれない。だから謝らへん。」……どないやねん! 無い袖は振れぬってことか? さらに「許されたいとも思ってない。私はただ亮平と一緒に生きていきたい。だから私はここにいる」……要するに、謝らないし許して欲しいとも思わないが、とにかく自分のやりたいようにやらせろ、と。私がここにいたいっていうてんねんから、いさせろ、と。すがすがしいほど身勝手な朝子。亮平の気持ちなど、ガン無視です。ワタクシ、このような超論理的な狂ったやりとりも経験済みです。

しかし、朝子に対する未練でいっぱいの亮平は、朝子を家に招き入れてしまいます。亮平のこの弱さには共感。「俺はもう、お前のこと一生信じへんで」という亮平にまたしても「わかってる」と答える朝子。……はあ、やっぱりおわかりでしたか。信じてもらえるかどうかなんて、どうでもいいんでしょうね。ベランダに並んで立ったふたりは夕立で水かさが増した川を眺めています。「きったない川やで」と亮平がいうと、「でも、きれい」という朝子。……川の汚さくらい認めてくんないかな? 最後まで徹底して自分本位な朝子なのでした。

受け身でおとなしそうに見える前半の朝子は、「ありがとう」「ごめん」という台詞を頻発します。しかし「ごめん」と謝るときでさえ、彼女が自分のやりたいことをやりたいようにやったあと、もしくは決して覆すつもりのない決断をしたあとの事後承諾に過ぎません。前半の朝子がみせるおとなしさは消極性の表れではなく、他者の見解をまったく意に介さず、関心すらなく、よって主張する必要もないという唯我独尊によるものではないかと思います。朝子が亮平や麦に抱きつくのをみると、これはハグじゃなくてクリンチじゃないかとさえ思いました。もはや朝子には狂気しか感じません。そういう意味で本作は完全にホラーです。

いつしか朝子は亮平との「日常」に退屈し、再び「非日常」を求めて姿を消すでしょう。2回観ても、やっぱり朝子のことは理解できませんでしたが、恋愛がよくわからないものだということはよくわかりました。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター