" />
FC2ブログ

ファースト・マン

firstman.jpg



(原題:First Man 2018年/アメリカ 141分)
監督/デイミアン・チャゼル 製作/ウィク・ゴッドフリー、マーティ・ボーウェン、アイザック・クラウスナー、デイミアン・チャゼル 製作総指揮/スティーブン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ジョシュ・シンガー 原作/ジェームズ・R・ハンセン 脚本/ジョシュ・シンガー 撮影/リヌス・サンドグレン 美術/ネイサン・クロウリー 衣装/メアリー・ゾフレス 編集/ベン・クロス 音楽/ジャスティン・ハーウィッツ
出演/ライアン・ゴズリング、クレア・フォイ、ジェイソン・クラーク、カイル・チャンドラー、コリー・ストール、キアラン・ハインズ、パトリック・フュジット、ルーカス・ハース、イーサン・エンブリー、シェー・ウィガム、パブロ・シュレイバー、クリストファー・アボット、スカイラー・バイブル、コリー・マイケル・スミス、オリビア・ハミルトン、クリス・スワンバーグ

概要とあらすじ
「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いたドラマ。ジェームズ・R・ハンセンが記したアームストロングの伝記「ファーストマン」を原作に、ゴズリングが扮するアームストロングの視点を通して、人類初の月面着陸という難業に取り組む乗組員やNASA職員たちの奮闘、そして人命を犠牲にしてまで行う月面着陸計画の意義に葛藤しながらも、不退転の決意でプロジェクトに挑むアームストロング自身の姿が描かれる。アームストロングの妻ジャネット役に、「蜘蛛の巣を払う女」やテレビシリーズ「ザ・クラウン」で活躍するクレア・フォイ。そのほかの共演にジェイソン・クラーク、カイル・チャンドラー。脚本は「スポットライト 世紀のスクープ」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」のジョシュ・シンガー。(映画.comより



独りよがり、月へ行く

音楽映画ばかり撮ってきたデイミアン・チャゼルの監督第3作目が、なんと宇宙飛行士ニール・アームストロングを描いた『ファースト・マン』だと知って、俄然期待に胸を躍らせた……というのは嘘で、へぇーそうなんですかと鼻をほじる程度でした。脚本を担当した『グランドピアノ 狙われた黒鍵(13)』や監督作の『セッション(14)』『ラ・ラ・ランド(16)』から溢れ出る独特の音楽に対する呪いといじけた独りよがり感に辟易していたので(その間の脚本作『10 クローバーフィールド・レーン(16)』は単につまらなかった)正直、観なくてもいいかなと思っていたのですが、なんとなく『女王陛下のお気に入り』のついでに観てしまったのです。

人類で初めて月に降り立ったニール・アームストロングを描くにあたって、いままであった映画のようなロケット打ち上げや宇宙空間での表現を避け、アームストロング個人の半生にスポットを当てた本作。実際のアームストロングは、非人間的と思えるほど冷静沈着で感情を表に出さない人だったそうで、宇宙飛行士としては最適だが考えようによってはサイコにも思える彼の、にわかには感情移入しづらい複雑な人間性が描かれるのかと思っていました。が、本作のアームストロングは、夭折した娘に対する想いに終始囚われています。確かにライアン・ゴズリングの演技は非常に抑えめですが、娘の死に涙するし、意固地になるし、ジョークを言って笑わせるし自分も笑います。同僚の死を知れば無意識にグラスを割ってしまうほど動揺します。彼は表情に乏しいだけですんごく普通に家族と仲間を愛する「感情的な」男なのです。

彼がアポロ11号の船長に任命されて月へ行くことが決定し、それはすなわち計画が失敗すれば家族との最期の別れになるであろうある晩、淡々と荷造りをするアームストロングが妻ジャネット(クレア・フォイ)にぶち切れられて、ふたりの息子と話をするというシーンでは、さんざんアームストロングのエモーショナルな内面をみせられているこちらとしては、非人間的とも思える冷静さを感じるよりも、家族に面と向かって別れを告げる困難から逃避している彼の弱さを感じます。

では一体、アームストロングの人間性を通じてなにを描きたかったのか。彼のエモーショナルな側面を描けば描くほど彼の実像とかけ離れていくから、彼の実像を反映するためにできるだけ仏頂面にする……そこまでして家族の絆みたいなものを描きたいなら、題材はアームストロングじゃなくてよくね? とか思うのはボクだけでしょうか。

ロケット打ち上げや飛行中のシーンは、コクピット内部の映像に限られ(それも全然徹底されてないけど)、一緒にコクピットにいるような臨場感を体感できる……ということなんでしょうけど、いろんなトラブルが起こってもいったいなにがどうなっているのかさっぱりわかりません(まあ、客観的にみせてもらったところで、なにが起きているのか理解できないだろうけど)。よって宇宙空間にいる恐怖感や孤独感はまったく味わえませんでした。ていうか、飛行シーンの映像は著しく揺れ動き、光の明滅も激しいので、そういう映像が苦手な方は目を閉じているほうが賢明です。あ、そういう意味での恐怖感はあるか。

ところで、ついに月面に着陸した終盤のシーンで星条旗を立てる場面がないことが物議を醸したようです。確かにあれっ? と思いました。これにはアメリカの保守派が一斉に猛反発したそうですが、これに関してチャゼル監督は「星条旗を立てるシーンはとても有名だし、ニール以外の飛行士もしている。探査機のはしごを下って、文字通り最初の人類として月面を踏みしめる場面は劇中に出てくる。彼だけがしたことだからだ(CNN.jpより)」と説明しています。同様にライアン・ゴズリングも「人類全体の偉業として広く認識されていると思う(同上より)」とコメントしています。

まあ、言いたいことはわかります。なんせアームストロングの有名な言葉に「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」てのがありますからね。アメリカ合衆国というひとつの国が成し遂げた偉業だというイメージを排除したい気持ちは十分にわかります。しかし、それならソ連との開発競争で先を越されたというエピソードも必要ないのでは? 莫大な費用がかかる宇宙開発に反対するデモやアジテーションのシーンも必要ないのでは? アポロ計画そのものが政治と切り離せないものだからこそ、政治や社会運動にまつわるエピソードを盛り込まざるを得なかったはずなのに、星条旗を立てる場面だけを削除して「人類の〜」といわれても鼻白むだけでしょう。さらにWikipediaには「地球では国旗を立てることに関する是非を問う声もあったが、ニールはそんなことは全く気にしていなかった。」とあります。このようなアームストロングの無頓着さこそ描くべき不可解な人間性ではないでしょうか。いっそのこと、星条旗を立てているときにニクソン大統領から予定外の電話が入って写真撮影が十分に行なえなかったという事実を取り入れたほうが皮肉に満ちていて面白くなったのではないかと思います。

月に行っても娘を亡くした悲しみを引きずっているアームストロングは、クレーター(?)に娘の遺品である小さなアクセサリーを残します。これは事実なのか創作なのかわかりませんが……どちらにせよ、それはだめだろう……。あとで発見されて大騒ぎになりませんか? 月面着陸を「人類にとって〜」とかいいながら、これをやっちゃったら結局お前のためじゃん。娘のためじゃん。

はい、出た。チャゼルの独りよがり。やっぱりこの人、物事を客観視したり、相対的にとらえたりすることができないんじゃないかなと思ってしまいます(まあ、脚本はチャゼルじゃないんだけど)。こういうところがチャゼル監督作に一貫している独りよがりなのです。人類初の月面着陸をアームストロング個人に焦点を当て、視野をコクピット内部にとどめたのも、チャゼル監督の歪な自己愛ゆえなのかと考えると妙に腑に落ちます。結局、141分という長い時間をかけて何を見せられたのかボクにはさっぱりわかりませんでした。

さて、アームストロングたち宇宙飛行士が多くの犠牲を払った挑戦からおよそ50年経った現在、「人類」は1972年のアポロ17号を最後に月に行っていません。日本では女性タレントとの交際を吹聴する成り上がり実業家が、100億円とも言われる費用をかけて月旅行を計画しているとか。どう思う、ニール?







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

酷評する理由を常に探しながら、嫌いな監督の作品をわざわざ鑑賞しても楽しくなんかないでしょうね。

2019/02/20 (水) 14:46:19 | URL | コリンズ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> コリンズさん
酷評する理由なんて探してませんね。
自分が気に入らない感想をわざわざ見つけ出してコメントを送るのはさぞかし楽しいんでしょうね。

2019/02/20 (水) 20:52:44 | URL | のほうず #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター