" />
FC2ブログ

悪魔のシスター

akumanosister.jpg



(原題:Sisters 1973年/アメリカ 92分)
監督・原案/ブライアン・デ・パルマ 製作/エドワード・R・プレスマン 脚本/ブライアン・デ・パルマ、ルイザ・ローズ 撮影/グレゴリー・サンダー 音楽/バーナード・ハーマン
出演/マーゴット・キダー、ジェニファー・ソルト、チャールズ・ダーニング、ウィリアム・フィンレイ

概要とあらすじ
美しいモデルのダニエルと一夜を過ごした男性が殺害される。その現場を真向いのマンションから目撃した記者グレースは探偵ジョセフとともに事件解明に乗り出す。やがてグレースたちはダニエルをめぐる秘密を知ることに。ダニエルは体がつながったまま生まれたシャム双生児だった。彼女には、切り離し手術後に死んだ双子の片割れの意識が乗り移っていたのだ……。ヒッチコックへのオマージュも色濃いブライアン・デ・パルマ監督のサスペンス・スリラー。(映画.comより



当たるかぁ、そんなもん。

ヒッチコック好きを公言している
ブライアン・デ・パルマの初期作品
『悪魔のシスター』
『裏窓』+『サイコ』なんて言われるのも納得。

「ピーピング・トム(のぞき嗜好のある男)」という
すごいタイトルのクイズ番組から始まります。
男性が着替えているロッカールーム(?)に
盲目の女性が入ってきて服を脱ごうとします。
さて、このあと男性はどんな行動をとるでしょうか?
という3択問題なんですが、
解答者が一回答えると「残念!外れです。続きはまた次回!」って
恐ろしくもったいぶる番組。
しかもドッキリを仕掛けて観察しているのかと思いきや、
クイズはお芝居なのです。
当たるかぁ、そんなもん。


とにかく、
クイズの出演者フィリップ(ライスル・ウィルソン)
ダニエル(マーゴット・キダー)はあっという間に意気投合。
女優志望のダニエルにつきまとう
元夫エミール・ブルトン(ビル・フィンレー)から
守ってくれたことに頼りがいを感じたのか、
ふたりは早速ベッドイン。
いや、実際はソファだからソファ・インか。
結果的にフィリップはソファにインしちゃうしね。

翌朝、体調が悪いダニエルに
薬が切れたから買ってきてほしいと頼まれたフィリップが
ついでに誕生日ケーキも買って帰ってくると
豹変したダニエルに殺されてしまうのでした。
じつはダニエルにはシャム双生児の妹ドミニクがいて
フィリップを殺したのはドミニクでした。

ていうか、ドミニクはすでに死んでいるのですが、
時折ダニエルの別人格として現れるのです。
ダニエルが飲もうとしていた真っ赤な錠剤には
ドミニク出現を押さえる効果があったんだろうけれど、
そんな薬を薬局で売ってるのか! と思うし、
その日がダニエルの誕生日というのもとくに意味はなく、
ディティールがいまいちかみ合っていない印象です。

フィリップの断末魔を窓越しに見ていた
向かいの家に住むグレース(ジェニファー・ソールト)
フリーの記者というのもかなりご都合主義的。
『裏窓』的な展開なんでしょうけど、
グレースはいつも他人の家を覗いているわけではないので
唐突感は否めません。
しかも、ここから物語の中心人物が
ダニエルからグレースへと移るのです。
そして、いまやデ・パルマの代名詞とも言うべき
スプリット・スクリーンが登場しますが、
まだ物語が序盤だし、そこで行なわれていることは
大したことではないので
緊張感がアップする効果はありません。

徐々に、ダニエルの元夫エミールは
シャム双生児だったダニエルとドミニクの
分離手術を施した医師だったとわかります。
とはいえ、かなりのマッド・サイエンティストで
モノクロでフラッシュバックされるシーンでは
なにやら呪術的な雰囲気の中、
肉切り包丁を使って手術するなど
怪奇映画の様相を呈してきます。

しかし、この映画の最も恐ろしいところは
シャム双生児でも肉切り包丁でもなく、
エミールが経営する精神病院に侵入したグレースが
理不尽にも基地外扱いされたうえに催眠術をかけられて、
洗脳されてしまう
ことでした。
こういう展開はいろんな映画で見られますが、
自分を乗っ取られ、操られるのはやっぱり怖い。
最初は捜査に消極的だった警察が
やっと真相に迫ろうとしたときには
「死体がないから、殺人もない!」
フィリップ殺害事件そのものを否定してしまうグレース。

よく言えば、予想を裏切る展開が続くのですが、
同時にとっちらかってる印象も強い作品です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター