" />
FC2ブログ

クワイエット・プレイス

quietplace.jpg



(原題:A Quiet Place 2018年/アメリカ 90分)
監督/ジョン・クラシンスキー 製作/マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッドリー・フラー 脚本/ブライアン・ウッズ、スコット・ベックジョン・クラシンスキー 撮影/シャルロッテ・ブルース・クリステンセン美術/ジェフリー・ビークロフト 編集/クリストファー・テレフセン 音楽/マルコ・ベルトラミ
出演/エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ、ケイド・ウッドワード

概要とあらすじ
「ボーダーライン」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントが主演、ブラントの夫でもある俳優のジョン・クラシンスキーが監督・脚本を手がけ、全米でスマッシュヒットを記録したサスペンスホラー。ブラントが主人公となる一家の母親エヴリンに扮し、エヴリンを支える夫のリーをクラシンスキーが自ら演じ、夫婦共演も果たした。聴覚障害を持つ娘役は、自身も同じ障害を持つ「ワンダーストラック」のミリセント・シモンズ。音に反応して人間を襲う「何か」によって人類が滅亡の危機に瀕した世界で、「決して音を立ててはいけない」というルールを守り、生き延びている家族がいた。彼らは会話に手話を使い、歩くときは裸足で、道には砂を敷き詰め、静寂とともに暮らしていた。しかし、そんな一家を想像を絶する恐怖が襲う。(映画.comより



年末特番「音を立ててはいけない○○」

「音を立てたら即死」という惹句の
『クワイエット・プレイス』
本国アメリカでは大ヒットしたそうだし、
こういうワン・シチュエーション・スリラーが大好物なので
(当たりは少ないが)
予告編以外の情報を遮断し、
かなり期待して映画館に観に行きました。
とにかく「静寂」を強いられる映画だろうと思っていたので、
本作を映画館で観る唯一の懸念は
ゴソゴソガサガサと音を立てる
マナーの悪い客に出くわすことでしたが
幸い杞憂に終わりました。
ていうか、そんなことはどうでもいい作品でした。

ゴーストタウンとなった街の雑貨屋で
めぼしいものを物色する家族。
裸足で抜き足差し足する彼らをみて
さあて始まったぞと期待に胸を膨らませました。
軽い脅かしがあったりしながら緊張感を煽ります。
やがて、雑貨店から出た家族が
逃避行の続きを始めた瞬間……腰を抜かしました。
なんと、ストリングスの劇判(BGM)が流れ始めたのです。

まじか、と。
劇判あんのか、と。
「音を立てたら即死」な世界を
体感するような恐怖を味わえると思っていたので
この時点で心底ガッカリしました。
それ以降も無駄でしかない劇判は鳴り続け、
本作が音を立ててはいけない緊張感を
観客に味合わせるつもりなどさらさらない
ことが
わかります。
本当に酷いと思ったのは、
中盤で、クリーチャーに妻を殺され絶望した老人が
自ら大声を出してクリーチャーを呼び寄せて
自死しようとするシーン

ダンダンダンダン! と緊迫感をあおる劇判が鳴り響くのです。
静寂を破る絶叫の瞬間が見事に台無しです。
音を立ててはいけない世界を描きながら、
この映画自体が映画館を静寂に包むことにおじけづき、
音の演出によって盛り上げようといている
のです。
この本末転倒ぶりときたら。

この家族がなぜに手話で会話する(できる)のかと思っていたら、
長女のリーガン(ミリセント・シモンズ)が聴覚障害だからで
(ミリセント・シモンズは実際に聴覚障害者)
それなら、音を察知して襲ってくるクリーチャーが
いようがいまいが、
そもそもこの家族は以前から手話で会話していたことになり、
なんだか言い訳がましい設定によって
緊急事態でのサバイバル感が目減りしています。
(リーガンが聴覚障害者だということは
 終盤になってやっと気づいたが)

声が出せない状況下で手話を使って会話するのは
『ザ・イースト(13)』のワンシーンで
非常に実用的かつ効果的に使われていたし、
聾学校での群像劇を描いた『ザ・トライブ(14)』では
当然のごとく劇判など一切なく、
その緊張感たるや凄まじいものがありました。
そんなストイックな作品と比べると
本作の世界観は、非常に中途半端で
腰が引けたもの
と言わざるを得ません。
「音を立てたら即死」どころか、
せいぜいダウンタウンの「笑ってはいけない○○」で
ケツバットされるルール程度
のいい加減なのものです。

このような特異なシチュエーションを舞台にした作品では
たとえ荒唐無稽でも納得できるだけの
ディティールが重要になってくるのですが、
「音を立てたら」の音量の設定も曖昧です。
この家族は、裸足で行動していることから
靴音はNGということのはずなのですが、
そのわりには平気で生活音を鳴り響かせるので、
立ててはいけない音量の基準がわかりません。
おそらく視覚のないクリーチャーは音にだけ反応するのですが、
川や滝を流れる水の音はOKのよう。
ということは、クリーチャーが反応するのは
「人間が立てた音」だけということになりますが、
クリーチャーはそれをどうやって判別しているのでしょう。
さらには、クリーチャーは水の音には無関心だけど
花火やライフルの音には惹かれるのです。
ていうか、あんな盛大な打ち上げ花火を
何のためにどうやって用意したのか。
あと、そもそもこの家族が暮らす家の電力は
どこから賄っているのか。

しかも、母親エヴリン(エミリー・ブラント)
逃避行中に新しい子どもを身籠もって臨月なのです。
いやいや、ヤリたくなるのはわかるよ。
冒頭で死んだ子どもの穴埋めですか?
感心しないけどまあ、それもいいや。
でも、あんた。妊娠するのもう4人目だぞ?
赤ん坊の泣き声がいかほどのものか知っているはずじゃないの?
さらにはエヴリン、
階段の真ん中からすんごく飛び出た釘を踏んでしまうのです。
なんか洗濯物に引っかかって……みたいな
伏線風のカットがあったけど、
洗濯物で釘抜いたことある? そんなんで釘動かねえよ。
つーか、それまで踏まなかったほうが奇跡だろ。
ていうか、生まれたての赤ん坊に呼吸器着けて
箱の中に閉じ込めるって、酷くない?
まあ、都合よくほとんど泣かない赤ん坊だったけどね。

子どもたちがサイロに落ちちゃうシーンも含めて
本作で巻き起こる事態は
基本的に登場人物の間抜けさによって成り立っているので
ダメなスリラーの見本市のようになっております。
終盤になると、どいつもこいつも
ドタバタドタバタ音を立てて動き回ります。
子どもたちを守るために、父親が自ら犠牲になりますけど、
ひとりを襲うと満足するクリーチャーの習性が
よくわからないので、
父親は無駄死にとしか思えません。

クリーチャーが音だけに反応するなら
『ドント・ブリーズ』みたいに
クリーチャーと接近してヒヤヒヤする場面もほしいし、
家族の物語というなら、
殺したクリーチャーが身籠もっていた……なんてのも
あってよかったのではないでしょうか。
とりあえず、劇判を全部外せ。

監督・主演のジョン・クラシンスキーと
エミリー・ブラントは実際の夫婦だとか。
はぁ、そうですか。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター