" />
FC2ブログ

シング・ストリート 未来へのうた

singstreet.jpg



(原題:Sing Street 2015年/アイルランド・イギリス・アメリカ合作 106分)
監督/ジョン・カーニー 製作/アンソニー・ブレグマン、マルティナ・ニランド、ジョン・カーニー 原案/ジョン・カーニー、サイモン・カーモディ 脚本/ジョン・カーニー撮影/ヤーロン・オーバック 美術/アラン・マクドナルド衣装/ティツィアーナ・コルビシエリ 編集/アンドリュー・マーカス、ジュリアン・ウルリクス 歌曲/ゲイリー・クラーク、ジョン・カーニー 音楽監修/ベッキー・ベンサム
出演/フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ルーシー・ボーイントン、マリア・ドイル・ケネディ、エイダン・ギレン、ジャック・レイナー、ケリー・ソーントン

概要とあらすじ
「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督の半自伝的作品で、好きな女の子を振り向かせるためにバンドを組んだ少年の恋と友情を、1980年代ブリティッシュサウンドに乗せて描いた青春ドラマ。大不況にあえぐ85年のアイルランド、ダブリン。14歳の少年コナーは、父親が失業したために荒れた公立校に転校させられてしまう。さらに家では両親のケンカが絶えず、家庭は崩壊の危機に陥っていた。最悪な日々を送るコナーにとって唯一の楽しみは、音楽マニアの兄と一緒に隣国ロンドンのミュージックビデオをテレビで見ること。そんなある日、街で見かけた少女ラフィナの大人びた魅力に心を奪われたコナーは、自分のバンドのPVに出演しないかとラフィナを誘ってしまう。慌ててバンドを結成したコナーは、ロンドンの音楽シーンを驚かせるPVを作るべく猛特訓を開始するが……。(映画.comより



とにかく、旅立つこと

まあ、わざわざ比較する必要はないけれど、
『セッション』『ラ・ラ・ランド』
デイミアン・チャゼル監督作からは
音楽に対する怨念のようなものばかり伝わってくるのですが、
ジョン・カーニー監督作からは
音楽を聴き、演奏することの喜びが
溢れ出ています。

監督の半自伝的作品だという
『シング・ストリート 未来へのうた』
本当にわくわく楽しい音楽映画であり、
甘酸っぱい青春映画です。

ダブリンで暮らす
14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)
過程の経済状況の煽りを受けて
進学校から荒みきった公立校へと転校させられます。
学級崩壊、典型的ないじめっ子、
それを放置する教師と威張るしか能がない校長がいるなかで、
案の定、コナーはいじめられるのですが、
彼にさほど悲壮感はありりません。
学校の前でたたずむ
モデル志望のラフィーナ(ルーシー・ボーイントン)
一目惚れしたコナーは、
彼女の気を惹くためにバンド結成を決意。

まずはマネージャー役の少年と仲良くなり、
あらゆる楽器を所有し、作曲能力もある盟友と出会い、
残りのメンバーもさくっと集まって
「シング・ストリート」というバンド結成に至るという流れは
あまりにも都合がよすぎる気がしないでもありませんが、
本作においては、そんなことに気を取られずに
彼らの多幸感を共有するのが作法というもの。
コナーの兄ブレンダン(ジャック・レイナー)は善き指南役だし、
盟友の母親は、バンドの練習中に
大人のおもちゃの電池を入れ替えたりもしているけれど、
子供たちに飲み物を振る舞ったりする
とても理解ある母親です。
いじめっ子もさほど粘着質にからんでくるわけではないので、
人間関係に恵まれているといっても
過言ではないのではないでしょうか。

それでも、
大不況に見舞われた80年代のアイルランド特有の
閉塞感
が背景に横たわっています。
失業し、酒におぼれ、
たとえ夫婦が不仲になっても
離婚が法的に禁じられていたため、
大人たちはなかなか新しい人生に歩み出せません。
ドイツ行きの夢を見ていた兄ブレンダンも
経済的な理由から大学を中退し、
鬱屈した日々を送っているのでした。
コナーが「ここじゃないどこか」を夢見るのは
このような社会的背景に起因するのではなく、
思春期における脱出願望の発露だと思うのですが、
社会を覆う失望からの脱却が
14歳の少年の個人的な旅立ちに託されつつ重ねられ

エモーショナルに描かれています。

デュラン・デュラン、ザ・ジャム、ザ・キュアなどなどの
楽曲が流れるなか、
コナーたちのバンドのやることはデモテープ作りではなく、
まずMVを撮影するところがいかにも80年代的。
80年代のアマチュア・バンドが
みんなMVを作っていたとは思えないけれど、
テレビでみたMVのミュージシャンのファッションを
翌日にはすぐにまねをする彼らにとって
とても大きな影響力があったのでしょう。
彼らが撮影したMVが、これまたきちんと80年代的演出で
ほほえましさとノスタルジーが相まって
ある年齢以上の層にとっては胸がキュンキュンするポイントです。

本作が抜け目なく心地いいのは、
学園祭を間近に控えたコナーたちが
いじめっ子をローディーとして招き入れるところ。
敵対する相手を排除するのではなく、
共通点を見つけて融和するという、
ひとつの理想像を示してくれるのも
映画の役目なのではないでしょうか。
嬉々としてローディー仕事に励む
元いじめっ子のかわいいこと。

ついにラフィーナを伴って
ロンドンへと「船出」したコナー。
文字通り荒波にもまれているふたりの
前途多難な未来を予見させはするものの、
とにかく、旅立つことそのものに対する
多幸感と希望に満ちたコナーの笑顔に
背中を押されます。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター