" />
FC2ブログ

レディ・プレイヤー1

readyplayer1.jpg



(原題:Ready Player One 2018年/アメリカ 140分)
監督/スティーブン・スピルバーグ 製作/ドナルド・デ・ライン、クリスティ・マコスコ・クリーガー、スティーブン・スピルバーグ、ダン・ファラー 原作/アーネスト・クライン 脚本/ザック・ペン、アーネスト・クライン 撮影/ヤヌス・カミンスキー美術/アダム・ストックハウゼン衣装/カシア・ワリッカ=メイモン 編集/マイケル・カーン、サラ・ブロシャー 音楽/アラン・シルベストリ 視覚効果監修/ロジャー・ガイエット、グレイディ・コファー
出演/タイ・シェリダン、オリビア・クック、ベン・メンデルソーン、リナ・ウェイス、サイモン・ペッグ、マーク・ライランス、フィリップ・チャオ、森崎ウィン、T・J・ミラー、ハナ・ジョン=カーメン、ラルフ・アイネソン、スーザン・リンチ、パーディタ・ウィークス

概要とあらすじ
スティーブン・スピルバーグ監督が、アーネスト・クラインによる小説「ゲームウォーズ」を映画化したSFアクション。貧富の格差が激化し、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年。世界中の人々がアクセスするVRの世界「OASIS(オアシス)」に入り、理想の人生を楽しむことが若者たちの唯一の希望だった。そんなある日、オアシスの開発によって巨万の富を築いた大富豪のジェームズ・ハリデーが死去し、オアシスの隠された3つの謎を解明した者に、莫大な遺産とオアシスの運営権を明け渡すというメッセージが発信される。それ以降、世界中の人々が謎解きに躍起になり、17歳の孤独な青年ウェイドもそれに参加していた。そしてある時、謎めいた美女アルテミスと出会ったウェイドは、1つ目の謎を解き明かすことに成功。一躍オアシスの有名人となるが、ハリデーの遺産を狙う巨大企業IOI社の魔の手が迫り……。作中のゲーム世界には、アメリカはもとより日本のアニメやゲームに由来するキャラクターやアイテムなどが多数登場する。(映画.comより



そういう映画だと思います。

巷の興奮とは裏腹に
さほど強烈に観たいと思っていなかったのですが、
まあ観とくか、くらいの軽いテンションで行ってきました、
『レディ・プレイヤー1』
単純に、70歳を超えるスピルバーグの
エネルギッシュな創作意欲には土下座。

本作の合間に『ペンタゴン・ペーパーズ』(←観てない)という
社会派映画までさらっと撮っちゃうんですから
本当にすごい人だなあと思います。
ここでもう一回、土下座。

冒頭、ヴァン・ヘイレンの『Jump』にのせて
トレーラーハウスがうずたかく積み上げられた貧民街から
ウェイド(タイ・シェリダン)が登場。
「ジャンプ!」つってんのに、
ウェイドがどんどん下降していくのは……
なんてことを映画の構造的に読み解けたら
ちょーかっこいいんですけど、よくわかりません。

それはともかく。
2045年の世界は現実世界に絶望した人々であふれ、
「OASIS」というVRゲームの中へと逃避し、
ポイントを稼ぐことに夢中になっているのでした。
さまざまなおなじみのキャラクターが登場する……
ということくらいは前評判で知っていたのですが、
アルテミス=サマンサ(オリビア・クック)が乗った
「カネダ・バイク」がクラッシュするまで、
アトラクション的映像が怒濤のごとく繰り出され、
あまりの情報量と展開の早さにもうグッタリ。
2Dで観ていても酔いそうになるていたらくで
カメオ出演しているキャラクターを発見しようとする気すら
失せてしまいました。

「OASIS」の開発者ハリデー(マーク・ライランス)
ゲームの中に隠された「イースター・エッグ」を発見し、
謎を解いた者に「OASIS」の所有権を譲渡すると言い残して
他界してしまったため、
みなが競って「OASIS」攻略に励んでいるわけですが、
本作に潜んでいるさまざまな隠れキャラも
イースター・エッグ
ということなんでしょう。
しかし、ほとんどの隠れキャラの登場は一瞬だし、
同時にわんさか登場するし、なんせ画が暗いし……ということで
初見ですべてを把握することなどほぼ不可能でしょう。

多種多様な権利関係を乗り越えて
(ウルトラマンはダメだったそうだけど)
様々なキャラクターが次から次へと登場することが可能なのも
監督がスピルバーグだからこそなのかもしれません。
しかし、本作には
タランティーノやエドガー・ライトなどが
ヒップホップな感性で引用を盛り込んでいる作品とは
似て非なるもの
を感じます。
スピルバーグ自身もオタクには違いないでしょうが、
なにより彼は映画のパイオニアであって
すなわち、むしろ引用される側の人間なので、
オタク心理の熱量には欠けているような気がします。
そのせいか、引用されるネタはわりとメジャーなものが多く、
(もちろん原作ありきなんだけれども)
自身のマニアックさを誇示する、もしくは
仲間内でクスクス笑って喜んでいるような感じではなく、
どこかドライな印象を受けました。

そんなこんなで、
いまいち気分が盛り上がらなかったのですが、
中盤で突如としてテンションがマックスになる展開に。
そう、『シャイニング』です!!
「原作者が嫌いな作品」として
ソウル・バスによるデザインのポスターが登場したときには
軽く笑いましたが、その後がすごい。
オーバールック・ホテルの大広間、
おなじみ六角形のカーペット、双子の姉妹、
エレベーターから流れ出る大量の血、
壁に飾られた集合写真、そして237号室!!!

カメラのアングルも含めてとてつもない再現度で尺も長い!
突如としてスピルバーグが
自身のキューブリック愛=オタク魂を炸裂させたのです。
何度心の中でイエーイ!!と叫んだことでしょう。
オマージュどころではない、
スピルバーグがキューブリックの二次創作を見せてくれたのです。
これだけで本作は100点満点の100万点。

まあ、そのあとのメカゴジラ波動拳ミフネ
「オレはガンダムで行く!」とかに感嘆はするものの、
『シャイニング』シーンほどの興奮には至らなかったのは
単にボクがロボットやヒーローよりも
『シャイニング』のファンだからであって、
それぞれがお気に入りのシーンを見つければ
それでいいのでしょう。
そういう映画だと思います。

一応、仮想現実(映画、漫画、ゲーム .etc)で
鬱憤を晴らすのもいいけれど、
やっぱり現実が大事だよね、みたいな
教訓めいた結末
が用意されていますけど
それはほとんど申し訳程度のもので
「ゲームは1日1時間までにしなさい」と
親が子供に言う小言を超えるものではありません。
世界中が「OASIS」に興じているのかと思いきや、
主要メンバーがすぐに集合できる場所にいたりなど、
都合のいいところもあります。
仮想現実のアバターと現実の姿とのギャップについても
さほど熱心に語るつもりはないよう
で、
アルテミス=サマンサが顔に痣があるという
これまた申し訳程度の設定。
(かろうじて、エイチ=ヘレン(リナ・ウェイス)
 ギャップを表現していたけれど)
パーシヴァル=ウェイドが恋した
アルテミスの現実=サマンサが
ウェイドの予想を裏切る(もしくは失望させる)人間だったとしたら
……なんていうことには一切言及しないことを心がけ、
努めて幸福な信頼関係を抱けるように設定されています。
そういうところが物足りないと言えば物足りないけれど、
本作のようなアトラクション映画に
それを求めるのもお門違いかもしれないので、
(心の中ではそんなことはないと思っているけれど)
ま、そういう映画なんだと思います。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

アーカイブ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター