" />

ライク・サムワン・イン・ラブ

likesomeoneinlove.jpg



(原題:Like Someone in Love 2012年/日本・フランス合作 109分)
監督・脚本/アッバス・キアロスタミ 撮影/柳島克己 編集/バーマン・キアロスタミ
出演/奥野匡、高梨臨、加瀬亮、でんでん、森レイ子、大堀こういち、辰巳智秋

概要とあらすじ
イランの巨匠アッバス・キアロスタミが日本を舞台に描いたドラマで、デートクラブでアルバイトをする女子大生・明子と、そこで出会った老教授タカシ、明子の恋人ノリアキの3人をめぐる物語。80歳を超え現役を退いた元大学教授のタカシは、亡き妻に似た若い女性・明子をデートクラブを通して家に招く。しかし明子は、自分に会うために田舎から出てきた祖母を駅に置き去りにしてきてしまったことが気にかかり、タカシが用意した食事にも手がつけられない。翌朝、明子が通う大学まで車で送ったタカシの前に、明子の婚約者ノリアキが現れる。ノリアキがタカシを明子の祖父だと勘違いしたことから、次第に運命の歯車が狂い始めて……。タカシ役に84歳にして映画初主演となる奥野匡、明子役に「侍戦隊シンケンジャー」の若手・高梨臨。ノリアキ役を加瀬亮が演じる。(映画.comより)



キラキラ光る硝子坂

イランの巨匠アッバス・キアロスタミ
日本を舞台に描いたドラマ……
正直に言うと、僕はキアロスタミ監督作品を
一本も見たことがありません! ほっほっほっほっ!
よって「あーこういうとこ、キアロスタミっぽいよね!」なんて
知ったかぶりは出来ないのは当然のこと、それどころか
まったくかぶっているところはないのに、名前のリズムだけで
なんとなくイエジー・スコリモフスキと混同する始末。
なんでだろ。なぜに〜。ゆえに〜。
ま、その甲斐あって(ただ無知なだけだが)
「あの巨匠」というバイアスに屈することなく
『ライク・サムワン・イン・ラブ』を観ることが出来たのです。

なぜイラン人のキアロスタミ監督が
日本を舞台にした映画を撮ることになったのか。
いろいろとググってみたものの、その動機はわかりませんでした。
しかも、ほとんどのスタッフが日本人で俳優も日本人、
使う言葉も日本語とくれば、
より一層、監督の動機が気になるところですが、残念無念。
キアロスタミ監督が何カ国語を操るのかわかりませんが
さすがに日本語は無理だろうし(話せたりして!)
どうやってスタッフとコミュニケーションをとったり、
俳優に演技をつけていったのか興味津々です。
当日の撮影分しかシナリオを渡されなかったという俳優陣も
一体どんな映画になるのかわからなかったようですが
俳優から監督へ「日本人はこういう言い回しはしませんよ」などの
進言はあった模様で、そういった意味では
より積極的に役にアプローチすることが出来たのかも知れません。
監督にしても、日本語の微妙な言い回しや間の取り方を
演出することは困難なわけですが
そのような撮影現場でのコミュニケーション不全そのものが
登場人物たちのコミュニケーション不全を表現するための
監督のたくらみだったとしたら……あーこわい!

冒頭のバーでのシーンから、この作品の登場人物たちは
みんな核心に迫るようなセリフを言いません。
登場人物たちにとって周知の事実であることなら
セリフで説明するようなことはせず
観客の想像に任せるのです。
会話をしているシーンで多用されるカメラの切り返しが
いまひとつ噛み合わない会話を表現しているようです。
どうやらデリヘル嬢らしき大学生の明子(高梨臨)でんでん
でんでんによって派遣された先での
明子と84歳の元大学教授タカシ(奥野匡)
タカシと明子の彼氏ノリアキ(加瀬亮)との車中での会話など
どれをとってもだらだらと締まりがなく、
それぞれのやりとりを観察しているだけように思えます。

かろうじて明子のキャラクターを説明するために用意された
おばあちゃんのエピソード
留守電に残されたおばあちゃんのメッセージが孫を想う優しさに溢れ、
自身は携帯電話を持たないおばあちゃんが
一日中駅の周りで明子を待っているようすが悲しいことこのうえなく、
おばあちゃんに待ちぼうけさせるほかないことに涙を流す明子が
本来思い描いていたのとは違う人生を
歩き始めていることを想起させます。
とはいえ、おばあちゃんがなぜ上京したのかは
やはり語られることはありません。

謎は謎のまま放置され、観客はたまたまそこに居合わせたように
時間の経過に身をゆだねるしかないのですが
その放置された謎のおかげで、なにも起こっていないのに、
いや、なにも起こっていないからこそ、何かが起こるはずだ
観客はサスペンスを感じるほかないのです。
嫉妬深く凶暴なノリアキが登場してからは
いつ振るわれるかわからない暴力に
なおさらサスペンスの強度があからさまになるのです。

公衆電話に貼ってあったデリヘルのビラの写真が明子に似ていることが
おばあちゃんとノリアキの口から告げられますが
明子自身もタカシの家に行ったあと、
写真立てで飾られたタカシの妻の写真
壁に掛けられた『教鵡』(矢崎千代二)という絵画の女性に
自分が似ているということから
(本当に似ているかどうかはともかく)
実生活が嘘に塗り固められていることとも併せて
明子は確かな実体のない存在だと言えるのではないでしょうか。
タカシにとっては亡き妻の幻であり、
ノリアキにとっては自分が所有したいものの象徴だとすると
明子の没個性の裏付けにもなりそうな気がします。
(没個性=普遍的という見方も出来るかもしれない)

唐突なラストシーンは、虚を突かれますが
それに至るまでの過程がサスペンスそのもので
急用を告げる間の悪い電話はもとより、
ミルクを温め終わった電子レンジの「ピー」という音
繰り返し鳴り、いらいらを増幅させます。
この作品のラストシーンは、物語の結末ではなく
むしろ作品全体がこれから始まる物語のプロローグのようでした。

外国人監督が撮ったとはいえ、画面に映る映像自体は
いつも観る日本映画のそれと変わりはありませんでした。
外国映画に比べて日本映画の映像が
なんとなく薄っぺらく感じていたのですが
それは技術的な問題というより、
温度や湿度が関係しているんでしょうかねぇ……わからんわ。うふ。

そうはいっても、何をどう撮るかは監督次第で
この作品では、冒頭のバーのシーンでの
ガラスに映るでんでんの姿

タカシの車のフロントガラスに長々と写り込む風景など
ガラスが印象的に使われていました。
そして、ラストシーンではガラスが割れてしまいます。
「それは見えない壁なのじゃ!」という深読みもできそうですが
想像に留めておきましょう。
ただ、明子がタカシの家に向かうタクシーで
ラジオから流れてくる懐メロが
高田みづえの『硝子坂』だったのは偶然でしょうかねぇ。

こうして『ライク・サムワン・イン・ラブ』を見終わってみると
このストーリーを表現するために
日本を舞台にする必然性はあまり感じられませんでした。
エスキモーの話なら、そりゃアラスカしかねえべ!
アラスカいくべ! となるのも至極当然なのですが……
もちろん、名のある外国人監督が日本を舞台に
それも日本語で作品をつくることになんの異議もないし、
それどころか、普段は必ず字幕を通して接していた外国作品を
字幕無しで堪能できる喜びと不思議な感覚は
歓迎するほかないのですが
なおさら、監督が日本を選んだ動機が気になり始めるのでした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ