" />

スター・ウォーズ 最後のジェダイ

starwars8.jpg



(原題:Star Wars: The Last Jedi 2017年/アメリカ 152分)
監督・脚本/ライアン・ジョンソン 製作/キャスリーン・ケネディ、ラム・バーグマン 製作総指揮/J・J・エイブラムス、トム・カーノウスキー、ジェイソン・マクガトリン 撮影/スティーブ・イェドリン 美術/リック・ハインリクス 衣装/マイケル・カプラン 編集/ボブ・ダクセイ 音楽/ジョン・ウィリアムズ
出演/デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ルピタ・ニョンゴ、アンディ・サーキス、ドーナル・グリーソン、アンソニー・ダニエルズ、グウェンドリン・クリスティー、ケリー・マリー・トラン、ローラ・ダーン、ベニチオ・デル・トロ

概要とあらすじ
「スター・ウォーズ」の10年ぶりの新作として大ヒットを記録した「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続くシリーズ作品で、伝説のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーを探し当てた主人公レイがたどる、新たな物語が描かれる。前作で「スター・ウォーズ」の新たな主人公レイに大抜てきされ一躍注目を集めたデイジー・リドリーのほか、ストームトルーパーの脱走兵フィンを演じるジョン・ボヤーガ、ダースベイダーを受け継ぐカイロ・レン役のアダム・ドライバー、そしてルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、2016年12月に急逝したレイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーらおなじみのキャストが出演。監督・脚本は「BRICK ブリック」「LOOPER ルーパー」などで頭角を現したライアン・ジョンソンが担当した。(映画.comより



愛とはときに厄介なもの

エピソードVIIにあたる
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
同窓会的馴れ合いに終始し、
ニューキャラクターの登場に期待したものの、
結局また親子げんかかい! とげんなりしたので、
見逃してもいいけどまあ観とくか、くらいの軽い気持ちで観た
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
予想を上回るSWサーガのリセットぶりに大満足でした。

しかーし、公開されるやいなや
見事に賛否両論まっぷたつ。
とくに期待値が高かったと思われるオールド・ファンからは
全否定の酷評の嵐が吹き荒れております。
同窓会の知らせが来たから行ってみたら
婚活パーティーだった…としたら気の毒としかいいようがないが、
「こんなのSWじゃない!」という否定派の意見には
それは知らんわとしか言えません。
スペース親子げんかにうんざりしていたボクにとって
SWらしくないことこそが本作の魅力でした。
まさに「SWを終わらせる映画」なのです。
ちなみにプリクエル3部作は観ていませんが
初期3部作は大好きでした。
要は、熱が冷め切った元SWファンです。

脚本も手がける
『LOOPER ルーパー』ライアン・ジョンソン監督
「SWシリーズ」を埋葬するという難題に挑んだのでしょう。
ファンのSWに対する愛情が深ければ深いほど
反発は予想されたこと。
愛とはときに厄介なものです。
劇中におけるカイロ・レン(アダム・ドライバー)
「古いものを葬る」というセリフは
登場人物たちが直面する問題でもあり、
SWシリーズに対するメタな意味も含んでいます。

ニュー・ヒーローとなるかと思われた
レイ(デイジー・リドリー)フィン(ジョン・ボヤーガ)
ほとんどのシーンで別行動で、
感情的なつながりも希薄です。
旧態依然としたヒーロー像を担うはずの
ポー(オスカー・アイザック)は無邪気さを戒められ、
アンチ・ヒロイズムが徹底されます。
それはこれまでのSWシリーズにあった
特攻精神の否定にも通じます。

また、脈々と続いてきた血統書付きジェダイの系譜を覆し、
レイは酒代のために売られた孤児だとわかり、
フィンはレジスタンスにもファースト・オーダーにも所属しない
拠り所のない存在。
ハン・ソロとレイア(キャリー・フィッシャー)の息子である
カイロ・レンは
レイアを襲うときにわずかな戸惑いをみせるものの、
自ら殺した父親に対してはさほど深い葛藤をみせません。
(褒めてんのか、貶してんのか、
 だんだんわからなくなってきた)
新キャラクターのローズ(ケリー・マリー・トラン)も同様に
選ばれた人間ではなく、無名かつ特別ではない人々が活躍するのは
とても現代的な主張だと思われます。
両親の姿を見たいと願うレイが
暗黒面(?)で体験する合わせ鏡のようなシーン
自分は自分でしかなく、それこそが唯一の真実だと
表現しているように感じました。

フォースに関しては、その神秘性をはぎ落とし、
もはや何でもできる超能力くらいまで矮小化しています。
(やっぱり褒めてんのか、貶してんのか、わからんが)
とにかく、これまでSWを構成してきたあらゆるものを
否定し、解体し、清算しようとしている
のです。
ギャラクシーのうち1%の富裕層が武器商人で
彼らはニュー・オーダーに武器を売って稼いでいるが、
レジスタンスも彼らから武器を買っている、
というエピソードに象徴されるように
登場人物たちに課せられた、いい奴かと思えば悪い奴、
悪いやつと思えばいい奴というような善悪の揺らぎは
ライトサイドとダークサイドという二項対立を
より複雑で混沌としたものとして表現しています。

もちろん、
「こんなのSWじゃない!」という否定派じゃない否定派が主張する
数々の破綻は認めます。
無重力の宇宙空間で爆弾投下? とか、
レジスタンスの行動が無謀かつ杜撰すぎないか? とか、
ポケモンちっくな小動物が鼻につくとか、
キャリー・フィッシャーが
すでに他界していることを知っているものからすれば、
レイアが司令室ごと宇宙空間に投げ出されたカットで
胸を締め付けられそうになったものの、
フォースを使ってにゅ〜っと戻ってきたのはどゆこと? とか、
フィンの特攻をローズが阻止したのはいいけれど
(このローズの行動が不可解というひともいるみたいだが、
 それは籠城している仲間のためにフィンが死ねばよかったてことかね)
それならローラ・ダーンの件はどうなんだ? とか、
腑に落ちないところはありますよ、そりゃあね。
それでも、親子げんかの無限ループから抜け出したのは
とてもいいことだと思ってますし、
単純に本作を楽しめました。
まあ、なんにしろあと1作でしょ?
(まだ続きそうな予感がする……悪寒もする……)
次回作は再びJ・J・エイブラムスが監督するそうで、
一体どうやって「SWサーガ」にケリをつけるつもりなんでしょうか。
面白いんでしょうねえ、きっと。
面白いんでしょうねえ、きっと。

とにもかくにも
R.I.P. キャリー・フィッシャー。
フォースと共にあらんことを。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

いつも楽しく読ませていただいています。
内心「こんなのSWじゃない!」と思ったオールドファンです。

ジェダイ伝説&スカイウォーカー家の物語から離れるのは良いのですが、ファンを傷つけるようなやり方じゃなくても良かったんじゃないかと思う次第です。
ずさんな脚本で普通に映画として破綻していますが、それを正当化する愛も感じられない。
破壊的な方法をとったのを、敢えてよくやったと評価するのもわかります。が、何か、大事にしてきたものを鼻くそほじりながら金属バットで粉砕されたような感じなんです(苦笑)。あまりにあからさまなやり方に、観ている間ライアン・ジョンソンのドヤ顔がスクリーンの裏に透けて見えてしまい、先日決まった次の3部作が彼主導で作られることを思うと悲観的にならざるを得ませんでした。

記事にあまり関係ない個人的な感想を書いてしまいすみません。
これからのブログも楽しみにしています。

2017/12/21 (木) 04:08:13 | URL | AKI48 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

AKI48さん、コメントありがとうございます。
否定派の主張は、概ねAKI48さんがおっしゃっていることと同じなんだろうと思います。
ボクは親子げんかの繰り返しに飽き飽きし、物語の続きをあまりにも長い年月待たされたことで
SWシリーズにすっかり興味を失っていたので、本作の勇気ある改変には肯定的です。
また、ことSWシリーズという「コンテンツ」に限っては、メタな視点は避けられず、
単体の映画として評価することはすでに不可能ではないかと思っています。
もし、本作が単体の映画として観られるものなら、
否定派の人たちがこれほどまでに口汚い呪詛を吐くこともないのではないでしょうか。
(それはまるで娘婿に対する父親のように)
変化を望まない旧来のファンに対しては、EP7を過剰な接待と感じたので
(だからボクのような冷めたファンは辟易したのですが)
もう十分だろうと。
ルーカスが本作を褒めているという話をきくと
SWというコンテンツはすでに作者のものではなく、ファンのものになっていると思われ、
そうなると彼らファンを納得させるものは
決して物語を変化させない二次創作的なスピンオフしかないのでは?とも思います。
ライアン・ジョンソンの個性は反映されているでしょうし、
脚本のクレジットは彼だけになっていますが、
シナリオはその都度会議によって検討され、
スクリプト・ドクターでもあったキャリー・フィッシャーの助言も得ていたそうなので
ライアン・ジョンソンだけを批判の標的にするのはいかがなもんでしょう?
ていうか、本作を自分で監督しなかったJJはズルいなあと思います。

新たな3部作が作られることが決まったんですね。知りませんでした。
まあそうでしょうねぇ。これだけの大改変の後、1本だけで物語をまとめるのは無理でしょう。
まあ、客が入るうちは続くんでしょうね。

結局、本作における賛否の分かれ目は
変化を受け入れるか否か、シリーズに対する愛情があるか否かなんだと思います。
「こんな映画を褒める奴は2度と映画を観るな!」とつぶやく頭のおかしい人もいるみたいですけど、
意見が真っ二つに分かれるのはとてもいいことだと思っています。
稚拙な感想ですが、どうぞまた読みに来てください。

2017/12/21 (木) 21:09:55 | URL | のほうず #- [ 編集 ]

思わずライアン・ジョンソン監督を誹謗してしまいましたが、おっしゃるとおり彼だけ責めるのは酷ですね。
#「ルーパー」も詰めの甘さが気になったのでちょっとネガティブな先入観もありました。

今作はやはりシナリオが粗っぽく、ひとつの作品としては瑕疵が目立ちます(その意味ではルーカス作品もひどいものですが(笑))。
ただ、好きにはなれませんが、のほうずさんのコメントを読んでいるうちに、長い目で見ればシリーズにとって重要な作品なのかもと思えてきました。
とはいえ、それも今後の展開次第ですね。
元々シナリオでもめてコリン・トレヴォロウが降板した経緯もありますし、キャリー・フィッシャーの不在という大きなハンディキャップもあるなかで、JJ・エイブラムスのお手並み拝見ですね。「フォースの覚醒」とは全く違うものが求められるはずですから。

おかげさまで少し視野が広がりました。ありがとうございます。

2017/12/25 (月) 03:49:47 | URL | AKI48 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>AKI48さん
自分と相対する意見をヒステリックに罵る人がいるなかで、とても冷静なコメントをいただき、
こちらこそありがとうございます。
SWシリーズ最大の問題作としてカルト化するかもしれませんね。

2017/12/25 (月) 12:38:15 | URL | のほうず #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ