" />

春夏秋冬そして春

shunkashuutouharu.jpg



(原題:Spring,Summer,Fall,Winter,and Spring 2003年/韓国 102分)
監督・脚本・編集/キム・ギドク 撮影/ペク・ドンヒョン 音楽/パク・ジウン
出演/オ・ヨンス、キム・ジョンホ、ソ・ジェギョン、キム・ヨンミン、キム・ギドク、ハ・ヨジン、キム・ジョンヨン

概要とあらすじ
1996年のデビュー以来、人間の痛みと悲しみ、社会への憎悪を独特の映像美と残酷性で描いてきた韓国の異端作家、キム・ギドク。山奥の湖の湖面に佇む小さな寺を舞台に、ひとりの男の人生を5つのエピソードで語る美しく静謐なドラマ。山水画をほうふつとさせる韓国の名勝の国立公園をロケ地に選び、国民的民謡歌手キム・ヨンイムが歌うアリランが、映画を情感豊かに彩る。深い山間の湖に浮かぶ小さな庵。穏やかに年月を過ごす幼子と、彼を見守る老僧(オ・ヨンス)が二人で暮らしている。無邪気な子供が成長し、少年から青年、中年そして壮年期へといたる波瀾に富んだ人生の旅程が、水上の庵の美しい季節のなかに描かれる…。万物が息づく春。森のなかで小さな蛙と蛇、そして魚に小石を結びつけるいたずらにふけりながら、天真爛漫 な笑い声をあげる好奇心旺盛な幼子(キム・ジョンホ)。その姿を見守っていた老僧は、彼が寝ているすきに背中に石を背負わせる……(映画.comより抜粋)



眼にもまぶしい白ブラ

キム・ギドク監督の作品を全て観たわけではありませんが
男女の愛憎を描き続けているキム・ギドク監督作品の中で
『春夏秋冬そして春』は異色な作品と言えるのではないでしょうか。

周王山国立公園の中にある貯水池に建てられた(浮かべられた?)
セットの寺院で暮らす老僧(オ・ヨンス)子ども(キム・ジョンホ)
周囲の山々や木々の非現実的な美しさに囲まれて
世俗から切りはなされた寺院を中心としたふたりの生活は
つつましく禁欲的です。
この作品はタイトルの通り、
四季の移り変わりによって表情を変える自然になぞらえて
幼い子どもがやがて老人になるまでの人生を描いています。
深い絆で結ばれた男女の愛情を描いた他作品と違って
この作品は非常に内省的で思索的です。

「春」に登場する子ども(キム・ジョンホ)は
幼く無邪気で、罪の意識もなく魚やカエルや蛇に石をくくりつけ、
自由な動きを封じられた動物を見てはきゃっきゃと笑っています。
それを見た老僧は罰として子どもの体に石をくくりつけて
動物たちにした仕打ちを解くように命じ、
「その一匹でも命がなかったら、
 一生その石が業となってお前を苦しめるだろう」
と言うのです。
泣く泣く探しに出た子どもは動物たちを見つけますが
命があったのはカエルだけでした。
子ども特有の残酷さには誰しも心当たりがあるかと思うのですが
老僧の言葉は「命のありがたみを知れ」では済まない重みがあります。

「夏」で、成長した少年(ソ・ジェギョン)
寺の勤めもすっかり板に付いたようすで、
老僧との穏やかな暮らしを送っていましたが
病気の少女(ハ・ヨジン)が少女の母(キム・ジョンヨン)に連れられて
静養のために寺にやってきたことで、少年の生活は一変します。
ず〜っと人里離れた山奥で、じじいと二人っきりだったところに
年齢が近くてそこそこかわいい女のコが
しばらく一緒に暮らすというのですから
少年が色めき勃つのは仕方ありません。
この少女の登場で、な〜んだ、やっぱりいつものキム・ギドクだ。
と、思ったのは僕だけでしょうか。

幽玄な自然に囲まれた閉ざされた空間で
老僧と少年の修業のような生活に慣れ始めていた僕の眼に
突然飛び込んできたのは、着替え中の少女の白ブラ!!
まさか、いまさらブラジャーを見てハッとするとは思いませんでしたが
同時代性がまったく感じられない作品の世界観から逸脱する
白ブラの即物的違和感&破壊力たるやハンパなく
たまさかそれを見てしまった少年同様、
股間を押さえながら戸惑うしかないのです。

ココリコ・遠藤の元嫁、千秋を色っぽくしたような少女が
どんな病気を患っていたのか定かではありませんが
少年を誘惑するためにやってきた淫婦のようにしか見えません。
すっかり少女にメロメロになったおにぃ、じゃなくて少年は
はじめは少女が座ることを注意していた狛犬みたいな神聖な置物を
どうぞ、お掛けくださいとばかりに
差し出すようになってしまうのです。
老僧は、完全なるエロぼけ状態の少年に
「欲望は執着を生み、執着は殺意を生むだろう」と諫めるのですが
恋は盲目。ふたりは寺を出て行ってしまいます。

「秋」になると、老僧の忠告もむなしく
妻(おそらくは一緒に駆け落ちした少女)を殺した殺人犯となった
青年(キム・ヨンミン)が十数年ぶりに帰ってきます。
老僧の言う「執着」によって嫉妬の鬼と化した青年は
老僧に対して悪態をつくほど平常心を失っていますが
恋愛が成就しないのは、キム・ギドク監督作品としては
異質ではないでしょうか。
老僧は、猫の尻尾を筆にして床(デッキ?)に般若心経を書き、
それを彫れば心が落ち着くと青年に命じます。
そこに現れるのが二人組の刑事ですが、
青年を強行に連行しようとするのではなく、
青年がお経を彫り終わるのを待ってやり、
水に浮いた空き缶を拳銃で狙う遊びに興じたり、
呑気に彫り終わったお経の色づけを手伝ったりするような
この二人組の刑事のゆるい振る舞い
『ソナチネ』における二人組の砂浜での紙相撲ごっこを想起させ、
キム・ギドク監督を「韓国の北野武」と表現したくなる動機を
裏付けているような気がします。

朝になり、刑事たちに連行される青年を見届けると
老僧は船の上で焼身自殺してしまいます。
青年を立派に育てられなかった償いなのか、
自分は役割を終えたという達成感なのか
老僧の死の動機は、はっきりしません。

「冬」になり、歩いて渡れるほどの氷が張った寺の周囲の池に
刑期を終えた中年(キム・ギドク)が戻ってきます。
年を重ねて、やっと老僧の域に達しようとする中年のもとに
顔を隠した女性が訪れ、赤ちゃんを置いていきます。
中年は、子どもの頃に老僧にされたように自分の体に石臼をくくりつけ
菩薩像を抱えて山に登るのです。
険しい山を登る中年が履いていたのは、赤ちゃんを置いて行った後
氷の穴に落ちて死んでしまった覆面の母親の靴であることから
彼の苦行は母親の魂の身代わりとしての行為だと思われます。
途中で登場する氷の仏像は監督本人が彫ったものだそうで
達者なものですね。

「そして春」がやってくると、
冒頭と同じように、老僧と子どもが寺で生活しています。
このように人間の業はループしていくのだということでしょう。

全体を見渡せば、仏教色に彩られた
人生のパノラマような作品でした。
人間は同じ過ちを繰り返すのだとしても
螺旋階段のように、少しずつでもステージを上がっていると
信じたいものです。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ