" />

悪い男

waruiotoko.jpg



(原題:Bad Guy 2001年/韓国 103分)
監督・脚本/キム・ギドク 撮影/ファン・チョリョン 美術/キム・ソンジュ 編集/ハム・ソンウォン 音楽/パク・ホジュン
出演/チョ・ジェヒョン、ソ・ウォン、チェ・ドンムン、キム・ユンテ、キム・ジョンヨン

概要とあらすじ
孤独なヤクザと女子大生の苛酷な恋愛を描いた異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は「魚と寝る女」のキム・ギドク。出演は「魚と寝る女」のチョ・ジェヒョン、同じく「魚と寝る女」のソ・ウォン、「ユリョン」のチェ・ドンムン、これが映画デビューとなるキム・ユンテほか。2001年釜山国際映画祭韓国パノラマ部門・アジア映画振興機構(NETPAC)賞、2002年韓国大鐘賞新人女優賞、同年韓国百想芸術大賞最優秀男子演技賞、同年福岡アジア映画祭グランプリを受賞。昼下がりの繁華街。容易に言葉を発することのできないヤクザ、ハンギ(チョ・ジェヒョン)は、ベンチに腰掛ける清楚な女子大生ソナ(ソ・ウォン)に一目惚れする。ソナは侮蔑の視線をハンギに向け、ボーイフレンドの元に行ってしまうが、ハンギは強引にソナの唇を奪い、街はパニックに陥った。そしてハンギは策略を立てる。書店に財布を置くという罠を仕掛け、その中身を抜き取ってしまったソナは、持ち主に責められ多額の借金を背負ってしまう……(映画.comより抜粋)



大人になれない男子の妄想

いつでも、どこでも
男女を極限のシチュエーションに放り出しては
確固たる愛で結ばれていることを証明させようとする
キム・ギドク監督
『悪い男』では、好きな女性を売春婦にしていしまいます。
『悪い男』はソウルだけで30万人を動員する異例のヒットを記録し、
その後、ヨーロッパでも高い評価を得ている作品です。

ヤクザのハンギ(チョ・ジェヒョン)
デパートの前のベンチで恋人と待ち合わせをする女子大生、
ソナ(ソ・ウォン)に一目惚れ。
明らかに監督の悪意のこもった、
軽率さと頼りなさを全身で表現しているソナの彼氏が遅れて登場し、
恋人たちがデートへ出かけようとしたところで
いきなり、ハンギがソナにチュー!
首を掴んで離しません。
当然のごとく、引き離されてボコボコにされたハンギは
ソナからも唾を吐きかけられ、引き下がるしかありません。
ま、警察を呼ばれてそのまま逮捕でもおかしくないと思いますが。

ソナに振られた怒りを窓ガラスにぶつけるソンギは
(ソンギの怒りはだいたい窓ガラスに向けられるのだが…)
二人の子分たちの手を借りて、ソナを貶めることに。
どうやら美術好きのソナは、本屋でエゴン・シーレの画集から
「Embrance[抱擁](1917)」が載っているページを破り取り、
持ち帰ろうとするのですが、すぐ横の平積みにされた本の上に
財布が置かれているのを発見して、持ち去ってしまいます。
すぐに財布の持ち主に捕まり、見つからない小切手を弁償するために
自らの体を担保に金融業者で借金をさせられ、
多額の借金を返せないソナは、売春宿に売られることになるのです。

と、ここまでがこの作品の発端となります。
財布の罠はソンギとその子分の仕業ですが
ソナがエゴン・シーレの画集を破り取るのは
ソンギにとっても予想外だったのかも知れません。
彼氏からホテルに誘われても拒むほどウブで
清純無垢なソナがそのような小さな悪事を働くことで
彼女にも陰の部分があり、
またそれがエゴン・シーレの画集だったことが
ソナの性への恐怖と同時に憧れを表していると思われ、
売春婦となる資格を無自覚に有していたのかも知れません。
自分の体を売ってまで
不本意に背負わされた借金を返すはめになったソナが
家族にも警察にも助けを求めないのは、いささか不可解ですが
とにもかくにも、ソンギとソナのラブストーリー
このような前提で始まるのです。

キム・ギドク監督がDVDに収録されていたインタビューで
「男性ならだれでも一度は考えることで、
 女性を暴力的にでも自分のものにしてから優しくしたい」

と、語るのに完全同意はできないものの
この作品は、好きな女の子にいじわるをして困らせて
気を惹きたいという男性、というより男子の発想から作られています。
女性にはなかなか理解してもらえないと思いますが
異性を意識し始める年頃の男子は、好きな女子に対して
いじわるをしたり、悪態をついたりすることでしか
コミュニケーションを取れないのです。
これには男子本人も無自覚で、むしろ反射的に
そういう態度をとってしまうのですよ。(……経験済み)
だからといって、好きな女子を
売春宿に売り飛ばしたりはしないのですが、ははは、
そのような監督のセンチメンタリズムを極端にデフォルメしたのが
この作品なのです。

一目惚れした相手に路上でいきなりチューする積極性はどこへやら
売春婦として働き始めたソナに対して、つかず離れず、
客に抱かれるソナを隠し部屋からマジックミラー越しに見つめるソンギ。
あたかも変態のように思えますが、
これはまるっきり中2病です。だはは!
ソンギのこの描写を性倒錯者だと非難する声もあるようですが
これは全くの見当違いでしょう。
ソンギが性倒錯者なら、客に抱かれるソナを覗き見て興奮し
オナニーをするはずですが、ソンギにとってソナは穢れのない存在なので
性欲の対象としてソナやソナの行為を見ているわけではないのです。
好きな女子を気づかれないように見つめてしまうという経験は
男性なら少なからず覚えがあるでしょう?
そのかわり、ソンギの性欲はほかの売春婦に向けられますが。

白いドレスからピンクのかつらとドレスへと容姿を変え、
売春婦として生きることを受け入れたように見えるソナにも
ソンギに対する愛情が芽生えたように思えますが
限定された状況で、かろうじて頼りになりそうなのは
ソンギだけだったという見方もできると思います。
それを愛情と受け取る男性の身勝手さと同時に
女性のたくましさも感じられます。

ふたりはついに結ばれたかに見えますが、
ソンギはあいかわらず、移動売春宿に改造したトラックの荷台で
ソナに客を取らせています。
喉に傷があってしゃべれないはずのソンギが子分に向かって
声を振り絞り、「ヤクザに愛なんて」と言ったように
ソンギは、まだ自分にはソナを愛する資格はないと考えているのでしょう。
正直に言って、いつまでしみったれたことをぬかしやがると
思わないではないですが
ソンギはこんな方法しかソナに対する接し方を知らないのです。

ふたりの結びつきを裏付けるように登場する赤いドレスの女性が
この作品のファンタジー色を強めています。
好きな女性を売春婦として働かせるという設定とは裏腹に
純情でプラトニックな男女の関係を描いた
いかにもキム・ギドク監督らしい作品と言えるのでは
ないでしょうか。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ