" />

エイリアン コヴェナント

aliencov.jpg



(原題:Alien: Covenant 2017年/アメリカ 122分)
監督/リドリー・スコット 製作/リドリー・スコット、マーク・ハッファム、マイケル・シェイファー、デビッド・ガイラー、ウォルター・ヒル キャラクター創造/ダン・オバノン、ロナルド・シャセット 原案/ジャック・パグレン、マイケル・グリーン 脚本/ジョン・ローガン、ダンテ・ハーパー 撮影/ダリウス・ウォルスキー 美術/クリス・シーガーズ 衣装/ジャンティ・イェーツ 編集/ピエトロ・スカリア 音楽/ジェド・カーゼル 特殊効果監修/ニール・コーボールド 視覚効果監修/チャーリー・ヘンリー
出演/マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル、カルメン・イジョゴ、ジャシー・スモレット、キャリー・ヘルナンデス、エイミー・サイメッツ、ナサニエル・ディーン、アレクサンダー・イングランド、ベンジャミン・リグビー、ウリ・ラトゥケフ、テス・ハウブリック

概要とあらすじ
リドリー・スコット監督が自身の傑作SF「エイリアン」の前日譚を描いた「プロメテウス」の続編。新たな主人公となる女性ダニエルズを、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で注目されたキャサリン・ウォーターストンが演じ、「プロメテウス」でアンドロイドのデヴィッド役を演じたマイケル・ファスベンダーが続投。前作に続いてスコット監督がメガホンをとった。滅びゆく地球から脱出し、人類移住計画を託された宇宙船コヴェナント号には、カップルで構成された乗組員が搭乗していた。やがて人類の新たな楽園となるであろう未知の惑星にたどり着いたコヴェナント号だったが、そこには想像を絶する脅威が存在していた。その恐怖を目の当たりにした乗組員たちは、命からがら星からの脱出を試みるのだが……。(映画.comより



え? 未知の惑星で?

ものすごく大風呂敷を広げて
多くのエイリアンファンを失望させた
『プロメテウス』の10年後を描く
リドリー・スコット御大の『エイリアン コヴェナント』
です。

正直、『プロメテウス』の続編かあ……と
あまり乗り気ではなかったのですが、
いやいや今回は原点回帰しておるぞという噂だったので
楽しみにしておりました。
『プロメテウス』では、『エイリアン』シリーズのはずなのに
なぜかイカタコ的クリーチャーが登場して
観客を困惑させましたが、
本作では「ゼノモーフ」という
初代エイリアン「ビッグ・チャップ」に近しいデザインの
エイリアンが登場してエラいことになるという意味においては
確かに原点回帰しているのかもしれません。

しかし、『プロメテウス』から引き継がれた
「創造主」を巡る物語は
やっぱり観念的すぎてとりとめがなく、自己完結的。
町山智浩氏の解説を参考にすれば
そもそも「コヴェナント」とは聖書にまつわる「契約」を意味し、
引用されるシェリーの『オジマンディアス』という詩
ワーグナーの『ヴァルハラ城への神々の入城』という楽曲などに込められた
メッセージを読み取ることができる……
のかもしれませんが、
本編を観ていてもそんなことはちんぷんかんぷん
さっぱりわかりません。
で、それらを理解できるように説明していてくれれば
楽しめたのかというとそうでもなく、
その壮大なお話自体が非常に退屈なのです。
また本作では、登場人物たちの関係性を伝えるシーンも
多くカットされているようで
そこは説明しておいてもらわんと困るわ、
という部分が少なくありません。

遠く離れた惑星に移住するべく
2000人の入植者(休眠中)を乗せた宇宙船コヴェナント。
ただ一人活動しているアンドロイドの
ウォルター(マイケル・ファスベンダー)
宇宙船の充電をするために傘を広げたら
どっかのなんかの電磁波の衝撃を運悪く受け、緊急事態に。
やっぱり休眠中だった乗組員たちを急遽たたき起こして
対処しようとするものの、
船長の休眠ポッドが開かない……。
そしてなぜか火だるまになって早々に死んでしまう船長……。

あのー。こういうことって
宇宙を旅する人にとってそんなに想定外のことなんでしょうかね。
トラブルがあると乗組員をたたき起こさないと対処できないなら
おちおち寝ていられないし、
そんな緊急時に休眠ポッドが開かないって。
そんで、丸焼けって。
まあ、パニック映画にはこのような間抜けな設定が
必要不可欠ではありますが、
それにしてもコヴェナントの乗組員の間抜けっぷりは
尋常ではないのです。


丸焼けになった船長は本作のヒロイン、
ダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)の夫で、
ベッドの上に遺品を並べて涙するダニエルズ……。
しかし、あまりにも唐突かつ説明的すぎて
彼女の悲しみはビタイチ伝わってきません。
その後、船長を引き継いだオラム(ビリー・クラダップ)
どうやら頼りにならないやつらしいけれど、
元の船長がどんな人物だったかさっぱりわからないので
オラムの無能さも、そういうことなのねと
無理矢理飲み込むしかありません。
つーか、このコヴェナント号の乗組員は
全員がだれかと夫婦か恋人関係
なんですけど
なんなの、この合同ハネムーン気分。
しかも「俺の妻がっ!」とか言うけど
ちゃんと説明してないから誰のことかわからないという、ね。

突然傍受した電波から
「カントリーロード」が聞こえてきたので
その電波の発信源と思われる未知の惑星に着陸することに。
10年かけて計画してきた移住計画を
気まぐれであっさりと変更してしまいます。

さすがにダニエルズはひとり反対しますが、
だってこっちのほうが近いじゃん!
もう休眠ポッドに戻りたくないじゃん!
 という理由で
却下されてしまいます。
まあ、お前らだけのことならそれでもいいけれど
この船には2000人の入植者が乗っていて
お前ら乗組員の職務は
入植者を無事に目的地に送り届けることのはず。
気安く変更していいわけがありません。

「カントリーロード」が聞こえてくる惑星に
探査機で着陸した乗組員たち。
生えている植物をみて
あれぇ、これ麦じゃね? って言ったかと思うと
もう口に入れています。
バカなの?
地球でもヒアリ一匹侵入しただけで大騒ぎなのに、
探査機に一人残って作業する女性も入口を開けっ放しです。
調査するといって一隊から離れたふたりのうち、
付き添いの男は「ちょっと、しょんべんしてくる」と。
え? 未知の惑星で? 立ちション?
かと思いきや、タバコを吹かし始める男。
え? 未知の惑星で? タバコ? しかもポイ捨て?
いやはや、驚きの連続です。
エイリアンが空気感染するというフレッシュな設定がかすむほど、
目を疑うような乗組員のバカっぷりなのです。

エイリアンに感染したポイ捨ては
連れの女性と一緒に監査室の一室に隔離されます。
ま、こういう緊急事態はシミュレーションされているはずで
当然、隔離は納得済みのはず……なのですが、
「ここから私を出しなさい! このくそ女!」的なやりとり。
産まれたミニ・エイリアンと戦うも
床に広がった血に足を取られてすってーん。
しぶしぶ助けに来た女性もやっぱりすってーん。
むやみやたらに探査機内で銃を撃ちまくり、
探査機を大破させてしまいます。

あまりにも頭悪すぎて、爆笑してしまいました。

その後、前作『プロメテウス』で生き残ったアンドロイド、
デヴィッド(マイケル・ファスベンダー)が登場し、
観念的なやりとりに終始するファスベンダー祭に。
どうやらデヴィッドは「創造」の魅力に取り憑かれた……
というより支配欲に目覚めたようで、
エイリアンを培養したりしているようす。
シェリーの奥方が書いたという『フランケンシュタイン』から連なる
創造主を超えようとする被創造者のお話で
今後更に発展・普及していくであろうAIにも繋がる
古くて新しい問題なのでしょう。
しかし、カメラを何度切り返してもファスベンダーなやりとりを
見せられている間、映画はあきらかに停滞しています。

さて、乗組員たちは
とくに目立った個性を見せるわけでもなく、
順調に死んでいきます。

なぜか船内に潜り込んでいたエイリアンとダニエルズが
原点回帰を思わせる格闘を繰り広げます。
(なんとかエイリアンを宇宙空間に追いやって
 ひょっこり顔を出すダニエルズが
 一体どうやって難を逃れたのか、さっぱりわからなかった)
まあとにかく、
乗組員はほぼほぼ死んじゃったけど
改めて本来の目的地に向かうことになり、
休眠ポッドで眠りにつこうとしていたダニエルズが
ウォルターだと思っていたアンドロイドを
デヴィッドだと気づいて……ということなのですが、
デヴィッドとウォルターが格闘した後で
ダニエルズの前に戻ってきたのは
明らかにウォルターになりすましたデヴィッドだろうと思っていたので
なにを今更て感じだし、ダニエルズが何で気づいたのかも曖昧で
これっぽっちも驚きをもたらさないバッドエンドでした。

なんだか世界観が肥大化して
説明不足でありつつ、説明過多でもあるという
ヘンテコなことになっていると思いました。
本来の『エイリアン』的な面白さを求めるなら
純然たるフォロワーである『ライフ』とかのほうが
バッドエンドの切れ味も含めてより楽しめるのではないでしょうか。



↓カットされたドクター・ショウのシーン。これがないとさっぱりわからない。


↓乗組員たちの関係がわかるシーン。いろいろと飲み込める。


↓ウォルターの誕生秘話。なにこれカッコイイじゃん!




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ