" />

ZONBIO 死霊のしたたり

zonbio.jpg



(原題:Re-Animator 1985年/アメリカ 85分)
監督/スチュアート・ゴードン 脚本/デニス・パオリ、ウィリアム・J・ノリス、スチュアート・ゴードン 原作/H・P・ラブクラフト 製作総指揮/マイケル・エイヴェリー、ブルース・カーティス 製作/ブライアン・ユズナ 撮影/マック・アールバーグ 音楽/リチャード・バンド 特殊/メイクアンソニー・ダブリン
出演/ジェフリー・コムズ、ブルース・アボット、バーバラ・クランプトン、デビッド・ゲイル

概要とあらすじ
マサチューセッツの総合大学病院を舞台に“死体蘇生”を研究する若きマッド・サイエンティストの暗躍を描くホラー映画。某大学の研究室。ドクター・グローバーが血だらけになって死んだ。同室のハーバート・ウエスト(ジェフリー・コムス)に容疑がかかるが彼は生命を与えようとしたのだ、と不思議なことを口にした。マサチューセッツ州のミスケトニック・メディカル・スクール。ウエストはここの脳外科医ドクター・ヒル(デイヴィッド・ゲール)の研究室に入ることになった。気の弱いダン(ブルース・アボット)と同室だ。ダンには、学長ホルジー博士(ロバート・A・バーンズ)の娘でメグ(バーバラ・クランプトン)という恋人がいた…(映画.comより抜粋



お薬注入ラブ注入

「死霊」ってやつは、
はらわったり、盆踊ったりしてなにかと紛らわしいのですが、
今回はしたたってる『ZONBIO 死霊のしたたり』です。
『ライフ』のセリフに登場してたのは記憶に新しいところ。

意外にも、というと失礼かも知れないが
人体の解剖図をイラスト化したオープニングのアニメーションが
なかなかカッコイイです。
音楽はちょっと間が抜けてるけれども。

いきなり研究室の中からうめき声が聞こえてきます。
警官がドアを押し破って部屋に入ると
呻くドクター・グローバーと助手(?)のハーバート(ジェフリー・コムス)
目玉を飛び出させて死んでしまったドクターを殺したと疑われたハーバートは
「違う! 蘇生したんだ!」というのでした。
うん、蘇生したのが本当なら一回死んだんだよね?
それはなんで死んだの? という素朴な疑問など顧みず、
お話は一気にアメリカへと飛ぶのでした。

マサチューセッツの大学病院に転入してきたハーバート。
そこにはダン(ブルース・アボット)という将来を嘱望された優等生がいて、
『ストップ・メイキング・センス』のポスターが貼ってある部屋で
学長の娘メグ(バーバラ・クランプトン)とエッチしたりしているのでした。
ハーバートは、転入してきたばかりのくせに
脳外科医のドクター・ヒル(デイヴィッド・ゲール)の理論は
自分の師匠ドクター・グローバーの盗作だと食ってかかり、
しかもダンのルームメイトにもなって
ぐいぐい切り込んでくるのでした。

ダンのルームメイトになったハーバートは
さっそくダンの飼い猫を蘇生実験のえじきに。
ものすごーく発色のいい蛍光グリーンの液体を注射された猫は
蘇生してハーバートに襲いかかってくるのですが、
猫のぬいぐるみ感が半端ない。
本作の特殊メイクはかなりイケてると思うだけに
猫に対する熱の低さが際立ちます。

死んだはずの猫が蘇生するさまを目の当たりにしたダンは
ハーバートの実験結果を認めざるを得ず、
次は人間にチャレンジだぜ! とばかりに病院の死体安置室へと潜り込み、
一体の新鮮な死体にお薬注入ラブ注入するとあら不思議。
死体が蘇生してふたりに襲いかかってくるのです。
蘇生した死体はなぜ凶暴なのか、
なぜ蘇生すると腕力がパワーアップするのか
ということが
気にならないといえば嘘になりますが、
そもそも死体が蘇生する理屈が謎である以上、
それはもうスルーするしか本作を楽しむ方法はありません。
そんなことより、
蘇生した死体によって学園長が殺されたので、
さっそく薬を注入して蘇生させるハーバート。

騒動を聞きつけたドクター・ヒルは
ハーバートのもとを訪れると、いまいちよくわからない理屈で恫喝し、
ハーバートの発見を自分のものにしようと企みます。
もう、それが嬉しくって嬉しくって隙だらけのドクター・ヒルは
あっけなくハーバートに後ろからスコップで襲われ、
首を切断される
のでした。
ドクター・ヒルの頭部をトレーに乗せたハーバートは
はたと思いつき、ドクター・ヒルの頭部に薬を注入してみることに。
まあ、ここまでは理解できるのですが
頭部とは別に残された身体のほうにも薬を注入する愚行に及び、
蘇生した身体にあっさりと逆襲される
のでした。
そりゃ、そうだよ。

ここからの、ドクター・ヒルの身体が生首を抱えて歩く後半は
完全にコメディ。
いつのまにか学園長にロボトミー手術していたドクター・ヒルは
意のままに学園長を操れるのです。
そしてドクター・ヒルがまっさきにやることとは、
学園長の娘メグをとっつまかまえて全裸にし、
拘束した状態でぺろぺろすること
でした。
もともとメグにゾッコンだったドクター・ヒルは
メグの使用済みナプキンをぺろぺろしていたようなので、
(この事実をダンが知っていたのも謎というか気色悪いが)
ま、ド変態なのですね。

しかーし! 
かろうじて娘への愛情だけは意識に残っていた学園長が覚醒。
ドクター・ヒルの頭部をぶっつぶすのです。
そして、遅れて現れたハーバートがドクター・ヒルの残った身体に向かって
「これでもくらえ! たっぷりとな!!」
と、例の蛍光グリーンの薬を大量に注射するのです。
……そんなことしたら、もっと元気に蘇生しちゃうのでは?
と不安になったのも束の間、
案の定、超元気になったドクター・ヒルの身体は破裂しつつ、
飛び出した大腸がハーバートをぎんぎんに締め上げるのでした。

だよねえ!! だと思った!!

逃走する途中で蘇生した死体に首を絞められたメグは
瀕死の状態で治療室に運ばれるも、あえなく死亡。
悲しみに暮れるダンは、人がいなくなったのを見計らって
蛍光グリーンの薬をメグに注入……
というところで、ジ・エンド。

まあ、荒唐無稽でゴアゴアなホラー・コメディではありますが、
ダンによる冒頭のけが人の蘇生シーンとラストシーンが呼応してたり、
ダンとメグが廊下でいちゃついてるときの「ノー、ノー」から
ベッドの上での「イエス、イエス」に移り変わる編集とか、
ちょこちょこ気の利いた仕掛けもある作品です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ