" />

ザ・ウォール

thewall.jpg



(原題:The Wall 2017年/アメリカ 90分)
監督/ダグ・リーマン 製作/デビッド・バーティス 製作総指揮/レイ・アンジェリク 脚本/ドウェイン・ウォーレル 撮影/ロマン・バシャノフ 美術/ジェフ・マン 衣装/シンディ・エバンス 編集/ジュリア・ブロッシュ
出演/アーロン・テイラー=ジョンソン、ジョン・シナ

概要とあらすじ
イラク戦争を舞台にスナイパーに狙われたアメリカ兵の極限下の戦いを描いた、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン監督によるサバイバルスリラー。2007年、イラクの荒廃した村。アメリカ兵のアイザックとマシューズは、瓦礫の中に残る大きな壁に潜む敵を狙っていたが、5時間まったく動きがないため、マシューズが様子を見るために壁に近づいたところ、想定外の場所から銃撃されてしまう。援護に向かったアイザックも銃弾に狙われ、なんとか壁の背後に退避したものの、まったく身動きが取れなくなってしまった。その時、仲間を名乗る謎の男から無線が入り、その声にかすかな訛りを聞き分けたアイザックは、男の正体を確認しようとするが……。主人公のアイザック役に「GODZILLA ゴジラ」「キック・アス」のアーロン・テイラー=ジョンソン。マシューズ役をWWEのレスラーでもあるジョン・シナが演じる。(映画.comより



「…」は、いらないよね。

『ボーン・シリーズ』の監督・製作などなど
大作アクションを手がけてきたダグ・リーマン監督による
非常にミニマルな『ザ・ウォール』
舞台はイラクの砂漠ですが、ひとり芝居による密室劇でもある、
ワンシチュエーション・スリラーです。

イラク戦争終結後の砂漠に救助要請を受けて派遣された
マシューズ(ジョン・シナ)
アイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)
復興のためのパイプをひく工事をしていたその現場には
敵スナイパーに殺された死体が転がっていましたが、
それらはどれも頭を正確に打ち抜かれていて、
スナイパーの能力の高さが窺えます。
ふたりは長時間にわたって灼熱の太陽に照らされながら
石を積み上げて作った壁の向こうに
潜んでいるかもしれない敵を警戒していましたが、
待てど暮らせど変化がない。
しびれを切らしたマシューズが、
俺、みてくるわとばかりに現場に近づくと
どこからともなく飛んできた銃弾に打たれ、
助けに駆け寄ったアイザックも右脛を狙い撃ちされて
命からがら半壊した壁の陰に隠れるのでした。

まあ、このあたりのことまでは
映画を見に行く前にわかっていることなので
このふたりはそのうちスナイパーに突然撃たれるんだと
思いながらみているわけで、
それがいつなのかというのが面白みのひとつのはずなのですが、
字幕の「○○が…」の「…」の部分で
わかっちゃうという問題ね。

セリフが中断するのかもしれないけど
「…」は、いらないよね。ほんと、いらないよね。
「…」がないからセリフが中断したってわからなかった! って
怒る人、まあいないと思うんだよね。

劇判がまったくない非常にストイックな本作は、
ここからアイザックが逃げること(もしくは敵を倒すこと)が
出来るのでしょうかーというシンプルにもほどがある物語
撃たれて横たわったままのマシューズは気を失ってしまい
終盤までまったく動かないので、
99%がアーロン・テイラー=ジョンソンのひとり芝居で、
贅肉をそぎ落としたような構成の潔さには敬意を表するものの、
さすがに変化に乏しいぞと感じました。

ま、そんなことは作り手も百も承知の助で
いろいろと展開に起伏を加えようとしているのは窺えます。
やはり本作の肝といえるのは
正体不明だけど実在したとされる伝説のスナイパー、
「ジューバ」をモデルにしている敵スナイパー
無線を操ってアイザックに話しかけてくる設定です。
「お前のことが知りたいんだ」というスナイパーは
アイザックを弄ぶように質問を繰り返します。
その会話からは、
アイザックが隠れている壁は
かつて米軍が破壊した小学校の壁であること。
「ジューバ」は元教師で、
アメリカで訓練を受けた経験があることなどが明らかになってきます。
そこで浮き彫りになってくるのは
アメリカ合衆国がイラクに対して行なった欺瞞です。
イラクが大量破壊兵器を持っているという憶測を理由に
アメリカはイラク攻撃を始めましたが、
結局、大量破壊兵器は見つかりませんでした。
そのようなイラク戦争に至る経緯をアイザック個人に投影し、
戦友の死について彼が隠していた嘘を暴いていく
のですが、
ブッシュがついた嘘の責任を一身に背負わされたアイザックは
さすがに気の毒な気がします。
しかし、戦争とはこういうものなのかもしれません。

やがて、「ジューバ」が米軍の無線を牛耳っていることがわかります。
(どういう仕組みかわからんけども)
「ジューバ」はわざと
ひとりだけは膝を狙って命を奪わずに救助を呼ばせ、
そのうえ無線ではなにも問題が起きていないと装って、
救助にやってきた兵士をまた襲うということを繰り返していたのでした。
それに気づいたアイザックは半分やけを起こして壁を壊し、
「ジューバ」がいると思しき瓦礫の山を一か八かで狙撃。
そこへ到着する救助のヘリ。
「ジューバ」は撃ち返してこない……。命中したのか……。

アイザックを救助したヘリが飛び立ち、
これで助かったと思ったのも束の間、
瓦礫の山から狙撃され墜落するヘリ。
「瓦礫に敵がいるんだ! 瓦礫に!」というアイザックの叫びがむなしい。
そして、墜落したヘリに呼びかける無線の声に
「任務完了です」と応える「ジューバ」。
(↑セリフの記憶は怪しい…)

「お後がよろしいようで」という声が聞こえてきそうな
小咄みたいな終わり方は切れ味抜群。
イラク戦争の責任を訴えるような社会派なところもあるけれど、
一度も姿を見せない「ジューバ」が
エイリアンというか、モンスターというか、
未知のものに襲われる恐怖を描いたパニック・ホラーとして
軽快に楽しめる作品なのではないでしょうか。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ