" />

デス・レース2000年

deathrace2000.jpg



(原題:Death Race 2000 1975年/アメリカ 80分)
監督/ポール・バーテル 製作/ロジャー・コーマン 原案/イブ・メルキオー 脚本/ロバート・ソム、チャールズ・B・グリフィス 撮影/タク・フジモト 音楽/ポール・チハラ
出演/デビッド・キャラダイン、シモーネ・グリフェス、ハリエット・メディン、シルベスター・スタローン、ルイザ・モリッツ、メアリー・ウォロノフ、ドン・スティール、ジョイス・ジェームソン、フレッド・グランディ、マーティン・コーブ、ジョン・ランディス

概要とあらすじ
「B級映画の帝王」と呼ばれるロジャー・コーマンが1975年に製作し、後にリメイクなどもされたカルト的人気を誇るSFバイオレンスアクション。西暦2000年、独裁国家となったアメリカでは大陸横断レース「デス・レース」に国民が熱狂していた。そのレースは、走行中に人間を殺していくことでポイントが加算される文字通りの死のレースで、参加するレーサーたちは壮絶な死闘を繰り広げる。主人公の覆面レーサー、フランケンシュタインにデビッド・キャラダイン。「ロッキー」(76)以前のまだ無名だったシルベスター・スタローンも、レーサーの1人で出演している。日本では77年に劇場公開。2017年には、日本公開40周年を記念してリバイバル。(映画.comより



これでいいのです。

伝説のカルト映画、というか
一部の好事家に愛され続ける傑作『デス・レース2000年』
監督のポール・バーテルよりも、
製作のロジャー・コーマンのほうが有名かも知れません。

小学生が考えたようなデザインの自動車で
小学生が考えたようなレースをする
という、
非常に馬鹿馬鹿しい映画ではありますが、
それを大の大人が大まじめに(?)作ることが素晴らしいのです。
レース会場の背景が未来都市を思わせる書き割りだったりするのも、
そんなに無理してSF感を出すことないのに、
気を遣ってもらってなんかすみませんと
申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

とにかく、全米の歓喜に迎えられて
大陸横断レース「デス・レース」は開幕するのです。
たった5チームしか参戦しませんが、
なかでも注目はデビッド・キャラダイン扮するフランケンシュタイン。
国民的ヒーローのフランケンシュタインは
レース中の事故で何度も身体を欠損するほどの大けがをしており、
その都度移植手術を受けて復活した経緯があるのですが、
そんなにケガするならレーサーとしてたいしたことないような気がするし、
フランケンシュタインは科学者の名前なんだけどなあ、

という想いはあるにせよ、そんなことを言い始めたら
自分にはこの映画を楽しむ資格がないと宣言するようなものなので
全身黒タイツのフランケンシュタインを
なんとなくカッコイイなと見とれているのが正しいのです。
あと見所としてはやっぱり、ブレイク前のスタローンでしょうか。

レースですから、当然スピードを競っているわけですが、
そのほかに、人間をひき殺すと得点になるというルールがあるのです。
年齢や性別によって得られる得点は違うのですが、
目的地に先に到着することとひき殺した人数によるポイントが
どのように成績に反映されるのかなどということは
前述したようにまともに考えてはいけません。
ていうか、ゴールしたときには
優勝者たるフランケンシュタイン以外の参加者はみんな死んじゃってるので、
得点とか、そもそも意味がないのです。

一応、このレースは
狂ったアメリカ人によって選ばれた狂った大統領によって
催されているので、
当然、対抗するレジスタンスが登場し、
フランケンシュタインのナビゲーター役の
アニー(シモーネ・グリフェス)はレジスタンス集団のリーダーの
孫娘だったりします。
独裁的な大統領やそれに歓喜するポピュリズムの脅威を忍ばせつつ、
あくまで馬鹿馬鹿しいエンタメ作品としているのです。
まあ、暴力反対といっていたはずのレジスタンス集団のリーダーは
あれやこれやと仕掛けた挙げ句、
大統領を暗殺しようとするのですから、あまり説得力はありません。
(その皮肉を描いてるのか?)

いろいろありまして、
大統領をぶっ殺したフランケンシュタインが
次の大統領の座に納まります。

何度も言うように、え? 選挙は? などと、考えてはいけません。
とにかくすべてが丸く収まったのだから
これでいいのです。

というわけで、すでに『デス・レース2050』という
正統な続編が作られていて
そこでは当然のように、
トランプ大統領そっくりの大統領(マルコム・マクダウェル)が
アホみたいなことを言っているらしいので
そのうちにどうにかして観たいと思っています。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ