" />

夢売るふたり

yumeurufutari.jpg



(2012年/日本 137分)
原案・脚本・監督/西川美和 撮影/柳島克己 美術/三ツ松けいこ 編集/宮島竜治 音楽/モアリズム
出演/松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、安藤玉恵、江原由夏、木村多江、倉科カナ、伊勢谷友介、香川照之、笑福亭鶴瓶

概要とあらすじ
「ゆれる」「ディア・ドクター」の西川美和監督がオリジナル脚本で描く長編第4作。料理人の貫也と妻の里子は東京の片隅で小料理屋を営んでいたが、調理場からの失火が原因で店が全焼。すべてを失ってしまう。絶望して酒びたりの日々を送っていた貴也はある日、店の常連客だった玲子と再会。酔った勢いで一夜をともにする。そのことを知った里子は、夫を女たちの心の隙に忍び込ませて金を騙し取る結婚詐欺を思いつき、店の再開資金を得るため、夫婦は共謀して詐欺を働く。しかし嘘で塗り固められた2人は、次第に歯車が狂い始めていき……。主演は「告白」の松たか子と「なくもんか」の阿部サダヲ。(映画.comより)



女はまさにミステリー

男にとって女とは永遠に謎の生きものだと、
僕なんぞは思っているのですが
女にとって男とはこの上なくわかりやすい生きものだと
思われているのでしょうか。
だとすれば、空恐ろしくてなおさら縮み上がるほかないのですが
いままで男を主人公に据えた作品を作ってきた西川美和監督
満を持して(?)女性を描いた『夢売るふたり』
そんな男と女の謎にヒントを与えてくれるのかも知れません。

とはいえ、それじゃあ、あまりにも女を買いかぶりすぎ。
女性監督が女を題材に撮った作品に
独善的で自己愛にまみれたものが多いと感じるのも事実です。
では、女である西川美和監督が女を描いた『夢売るふたり』は
はたして……

貫也(阿部サダヲ)里子(松たか子)が営む小料理屋が
開店5周年を迎えたその日に火事になるのがことの発端ですが
重箱の隅をつつくようなことを言うと
客で溢れている狭い店内で、あそこまで火が広がってしまうまで
誰も気がつかないのはちょっと不自然。
ガスに引火したのが原因で火の勢いが拡大してしまう描写はあるものの
消化器すら登場しないのは、いかがなもんでしょう。
ま、とくに前半はコメディとして作られているのは明らかなので
野暮なつっこみかも知れません。

焼けてしまった小料理屋の常連客でもあった玲子(鈴木砂羽)
不倫相手(香川照之=ビミョーに二役)の事故によって
手渡された手切れ金を
一夜の情事ののち、貫也に渡したことをきっかけに
「なるほどね」とつぶやいた里子が
貫也に結婚詐欺をやらせることを思いつくのです。
玲子が店を失った貫也にほだされたのだとしても、
貫也に渡す金はもともと玲子が受け取りたくなかった金なので
それをヒントに里子が結婚詐欺を思いつくのは
いささか飛躍しすぎている気はするものの
一度は金を燃やしてしまおうとする里子が思いとどまり、
風呂に軟禁された貫也に投げつけた後、
濡れた紙幣をぶつぶつとつぶやきながら数え集めるシーンは
金にきれいも汚いもない、金は金じゃないか
里子になにかのスイッチが入った瞬間でした。

その後、新しい勤め先の客、咲月(田中麗奈)に対して
最初の結婚詐欺を開始するシーンでの貫也の振る舞いが
それまでの貫也のダメッぷりとうってかわって
あまりにもスマートな詐欺師ぶりだったのは
少し先を急ぎすぎているように感じました。
もう少しだけ時間をかけて、里子が
「そうじゃなくて、こう言わないと女はグッとこないわよ」などと
貫也に女心を指南し、特訓するようなシーンがあっても
よかったんじゃないかと思います。
(カンペを渡すシーンはあったけど)

そもそも、貫也と里子は10年前に上京したようで
九州のものと思われる方言で話しています。
とくにふたりっきりでいるときほど、方言がはっきりと出るので
ふたりの親密さを表現するために用意されていると思われますが
貫也の詐欺にひっかかる女たちも、ときおり方言を話すところをみると
貫也と里子だけでなく、そのほかの女との親密度を
表すためにも使われているような気がします。

オリンピックを目指すウェイト・リフティングの選手(江原由夏)
詐欺のターゲットにしたあたりから、
徐々に貫也に良心の呵責が芽生えはじめるのですが
「あんな女を抱かなきゃいけない、貫ちゃんが気の毒」という里子は
その悪気の無さそうな表情がかえって背筋を凍らせるのです。
こういう残酷さはやっぱり女性特有だと思われ、
女同士で面と向かっているときはしらじらしいほど褒め合うのに
その腹の内ではこんなことを考えているあたり、
女っつーやつはほんとに恐ろしい生きものです。
「そんなおまえのほうが気の毒だよ」と貫也にいわれた里子が
長いエスカレーターに乗ってひとりで降りていくカット
里子が後戻り出来ないところまで
(自動的に)墜ちていっている描写でしょう。

とはいえ、徐々に里子にも心境の変化が訪れ、
外で女を抱いている貫也に対する愛情を持て余すようになります。
貫也の開業資金を集めるために始めた結婚詐欺なのに
やがて自身の仮病の治療費を口実に
貫也に女から金を巻き上げさせる里子が
「まだまだ(金が)足りん」と言うと、貫也から
「お前の足りんは、金やなくて、腹いせの足りんたい」と言われるのです。
里子は思わず、水の入ったコップを手に取り投げつけようとするも
すんでのところで思いとどまり、
コップに残っていた絶妙な量の水を飲み干し
「ごちそうさま」と言った後、何事もなかったように
店の掃除を始めるのです。
どうなんだよ!と食い下がる貫也に対して、里子は
「わかんなーい。貫ちゃんがそう思うならそうなんじゃない?」
……このシーン、見事としか言いようがありません。
こういうとき、女は答えないんだよ!
だーから、わけわかんないんだよ!
そして、こういうとき男ははっきりさせたがるんだよな〜。
身につまされるというか、なんというか……

男と女の恋愛感情が、端から見ると不可解なものであることを
最もよく示しているのは
風俗嬢(安藤玉恵)その夫(伊勢谷友介)のエピソードでしょう。
貫也と里子、貫也とそのほかの女たちに留まらず
サブキャラクターの中にも愛憎のシークエンスを盛り込んだのは
秀逸だと感じます。

ハローワークに務める滝子(木村多江)との出会いから
貫也は滝子とその家族に詐欺の対象を越えた愛情を持ち始めるのですが
滝子のもとへ向かう貫也に、里子は最後を予感したのか
すがるような素振りを見せます。
貫也が出て行ったあと、残された里子のいる店内に
風が起こる演出
がラストシーンへ向けての不安を煽ります。

下世話な話題を呼んだ松たか子のオナニーシーンについては
触れないわけにいかないでしょう。(触れるんかい!)
映画の中の女性のオナニーシーンといって、僕が思いつくのは
『台風クラブ』の工藤夕貴、『ピストルオペラ』の江角マキコ、
近いところでは『恋の罪』の水野美紀や
『ブラックスワン』のナタリー・ポートマンや
『イノセント・ガーデン』のミア・ワシコウスカくらいですが(十分か?)
行為自体の描写は思ったほど過激ではなかったものの
そのあとでティッシュで指を拭くのが、逆にエグい印象で
別のナプキン貼付シーンや、ケツのアザ見せシーンと併せてみると
全裸のベッドシーンよりも、こっちのほうが
よっぽど度胸がいるんじゃないかと思ってみます。

貫也と里子が行なっているのは結婚詐欺という犯罪なので
最終的には罰を受けることになるのは当然の帰結ですが
そもそも、まっとうな結婚やまっとうな恋愛も
お互いの信頼関係でしかなりたっていない危ういものですから
騙した・騙された、裏切った・裏切られたというのは
男と女の愛憎に含まれる初期設定であると考えると
この作品の結婚詐欺はそのデフォルメであると言えます。

女の強さと弱さ、狡猾さと脆さという両面を描き、
男の行動原理も身につまされるものでした。
もうちょっと、里子が狂気に向けて
エスカレートしていく感じがあってもよかったのではという
ないものねだりをしてみたくなりますが
見直すたびに見方が変わるような作品でした。
ぼんやりとした作風が賛否両論を呼ぶ西川作品ですが
こと今回の『夢売るふたり』に関して言えば
幾度となく物語にされ、永遠に正解が出ない恋愛というテーマには
適していたのではないかと思います。

ラストシーンのために、
フォークリフトの免許まで取った松たか子は言わずもがな、
4か月もウェイト・リフティングのトレーニングをした江原由夏、
阿部サダヲの2.5枚目ぶりも絶妙でした。
田中麗奈の暴れっぷりも貴重かと。
ツルビン師匠はいつもどおり「スジナシ」でした。はは。
オススメっす。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ