" />

オクジャ okja

okja.jpg



(原題:Okja 2017年/韓国・アメリカ合作 120分)
監督/ポン・ジュノ 製作/デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー、ルイス・テワン・キム、チェ・ドゥホ、ソ・ウシク、ポン・ジュノテッド・サランドス 原案/ポン・ジュノ 脚本/ポン・ジュノ、ジョン・ロンスン 撮影/ダリウス・コンジ
出演/ティルダ・スウィントン、ポール・ダノ、アン・ソヒョン、ピョン・ヒボン、スティーブン・ユァン、リリー・コリンズ、ユン・ジェムン、シャーリー・ヘンダーソン、ダニエル・ヘンシュオール、デボン・ボスティック、チェ・ウシク、ジャンカルロ・エスポジート、ジェイク・ギレンホール

概要とあらすじ
「グエムル 漢江の怪物」のポン・ジュノ監督が、ブラッド・ピットの映画製作会社プランBとタッグを組んで手がけたNetflixオリジナル映画。韓国の山間の家で暮らす少女ミジャは、大きな動物オクジャの面倒を見ながら平穏な毎日を送っている。優しい心を持つオクジャは、ミジャにとって親友ともいえる大切な存在だった。ところがある日、多国籍企業ミランド社がオクジャをニューヨークに連れ去ってしまう。自己顕示欲の強いミランド社CEOルーシー・ミランドが、ある壮大な計画のためにオクジャを利用しようとしているのだ。オクジャを救うため、具体的な方策もないままニューヨークへと旅立つミジャだったが……。「ハウスメイド」「その怪物」で知られる子役アン・ソヒョンがミジャ役を演じ、「スノーピアサー」でもポン・ジュノ監督と組んだティルダ・スウィントン、「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホール、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・ダノら豪華キャストが共演。第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。(映画.comより



いろんな意味で軽いファンタジー

シリアスな展開のなかに突拍子もない笑いを放り込んでは、
もやっとさせることで有名なポン・ジュノ監督による
Netflixオリジナルの『オクジャ okja』です。
ティルダ・スウィントンにポール・ダノ、ジェイク・ギレンホールと
錚々たるメンツが出演しているのですから、
ネット配信限定だといって侮っている場合ではありません。

ナンシー・ミランド(ティルダ・スウィントン)が率いるミランド社は
世界的な食糧危機に乗じて一儲けしようと、
チリの農場で発見された「スーパーピッグ」なる動物の繁殖に成功。
26匹のスーパーピッグを支社のある世界中の酪農家(?)に託し、
スーパーピッグをもっとも大きく育てたものを表彰する
コンペを催したのでした。
しかし、世界中のいろんな場所で一匹ずつ飼育させる目的が不明で、
しかも結果がわかるまでには10年かかるというのです。
どうやったら効率的に繁殖させられるかを研究するわけでもなく、
人類の未来がスーパーピッグに託されているというほどの悲壮感もなく、
一番大きく育てた人、優勝! って……
その固体だけの話だし、ましてや食糧危機なんてちっとも解決しないと
思うんすけど。

そして、韓国の山奥で暮らすミジャ(アン・ソヒョン)
オクジャと名付けられたスーパーピッグの信頼関係が
ジブリ的に描かれます。
ミジャ&オクジャが、いかにもな可愛いらしさではない感じは
意図されたものでしょう。
とにかくミジャ&オクジャは心通じ合う関係なのですが、
そこへジェイク・ギレンホールたちミランド社の連中が現れ、
オクジャを連れ去ろうとするのでした。
その間に、ポール・ダノ率いる動物保護団体が登場したりするのですが、
40年続いているという団体のわりにはメンバーは4〜5人の若者だったり、
やっぱりいまいち素直に飲み込めないところがあります。

ポン・ジュノ監督は本作について、
「肉食そのものへ反対しているわけではなく、
 資本主義による利潤を目的とした工場生産式の畜産などについて
 批判をしています。」
「ギズモード・ジャパン」
と、インタビューで語っています。
しかし、そう遠くない将来やってくるかもしれない食糧危機を
題材にするにしては、
ちょっと甘ったるいんじゃなかろうかと感じてしまいます。
前述のインタビューでは
前田哲監督『ブタがいた教室(2008)』にも影響を受けたといっているように、
(未見だけど)
同じ動物をペットとして扱うか、家畜として扱うかという問題に
言及しているようではありますが、
わたしの大好きなオクジャ(+小ブタ)が食べられなくてよかった〜♡
というミジャの愛情はあくまで主観的なものに過ぎず、
あの大量に集められていたほかのスーパーピッグはどうでもええんかい……と
突っ込みたくもなります。

まあ、ポン・ジュノ監督作品なので
そういったつじつまが合わないところは気づかなかったことにして、
いろんな意味で軽いファンタジーを楽しむべきなんでしょう。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ