" />

トレジャーハンター・クミコ

kumiko.jpg



(原題:Kumiko, the Treasure Hunter 2014年/アメリカ 105分)
監督/デビッド・ゼルナー 製作/ネイサン・ゼルナー、キャメロン・ラム、クリス・オールソン、アンドリュー・バンクス、ジム・バーク 脚本/デビッド・ゼルナー、ネイサン・ゼルナー 撮影/ショーン・ポーター 音楽/ジ・オクトパス・プロジェクト
出演/菊地凛子、勝部演之、河北麻友子、東加奈子、シャーリー・ベナード

概要とあらすじ
2001年、ノースダコタ州で凍死体となって発見された日本人女性にまつわる都市伝説「タカコ・コニシ事件」を、菊地凛子主演で映画化。東京で暮らす29歳のOLクミコは、親しい友人も恋人もおらず孤独な毎日を過ごしていた。そんな彼女の唯一の楽しみは、コーエン兄弟の映画「ファーゴ」を見ること。冒頭の「本作は実話に基づく」というテロップを信じ込み、スティーブ・ブシェーミ演じる登場人物が大金を埋める場面を繰り返し見てはその場所を想像するのだった。ある日、会社のクレジットカードを預かったクミコは、そのカードを使って旅費を支払い、映画の舞台となった都市ファーゴへと向かう。(映画.comより



現実逃避の対象としての『ファーゴ』

コーエン兄弟による『ファーゴ』を初めて観たときの衝撃はすさまじく、
いまでも大好きな作品なのですが、
『ファーゴ』の冒頭に示される「This is true story」を真に受けて
これが事実だってんだからスゲェよなあと、しばらくは思っておりました。
そんな『ファーゴ』のフェイクをずーっと真に受けていたひとがいたというのが
『トレジャーハンター・クミコ』です。
しかも本作は
「タカコ・コニシ事件」と呼ばれる事件をモチーフにしているという、
虚実入り乱れる仕上がりになっております。

29歳のOLクミコ(菊地凛子)
勤め先の会社でも私生活でも冴えない日々を送っております。
結婚のことばかり口にする母親がウザいのはまあいいとして、
女子社員がほぼメイドみたいに扱われる会社って、
今時存在するんでしょうか。(う〜ん、存在してるかもしれないなぁ)
まあ、徹底的にクソみたいな日常にうんざりしているクミコは
なぜか『ファーゴ』に執着していて、
スティーブ・ブシェミが雪の中に隠した大金の場所を割り出そうとしている
のです。

『ファーゴ』のVHSをテープが伸びるほど
クミコが繰り返し観ているのはわかりますが、
息を吹きかけて埃を払う仕草って、ファミコンじゃないの? と思うのは
とりあえず気にしないことにするとしても、
大金の場所を、
地図としての機能をほとんど果たさない刺繍にする
意味がまったくわからず、
『ファーゴ』に愛するクミコの本気度が
イマイチ伝わってこないのが残念なところ。
ただ、現実逃避の対象としての『ファーゴ』だったのかも知れませんが、
クミコがあまりにも行き当たりばったりで無計画なところが
かえって彼女の抱える狂気を伝わりづらくしているような気がします。
狂ってるやつって、もっとディティールにこだわると思うのですが……。

堪忍袋の緒が切れたクミコがアメリカへ渡ってからの珍道中が
本作の見所になるはずですが、これもいまいち魅力に欠けるのです。
人のいい保安官を演じていたのがデビッド・ゼルナー監督だそうですが、
クミコが出会う人々とのエピソードが
どれもイマイチ心に響きません。
クミコ=菊地凛子はつねに陰気で可愛げがなく、
世話になった人をいともたやすく裏切ったりするので
彼女が抱える鬱屈した想いにも共感できないのでした。

大金が埋まっている場所にたどり着いたクミコは
「計画通り」に雪の中からバッグを掘り出し、どこかへ消えていきます。
心から強く願えば嘘も本当になる的なファンタジーとして
涙を流さずにはおれないラストシーンのはずですが、
メンヘラ・クミコに対する共感がビタイチ育まれていないため、
まったくカタルシスを感じないエンディングとなってしまいました。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ