" />

蜘蛛女

kumoonna.jpg



(原題:Romeo is Bleedings 1994年/アメリカ 100分)
監督/ピーター・メダック 脚本/ヒラリー・ヘンキン 製作/ヒラリー・ヘンキン、ポール・ウェブスター 撮影/ダリウス・ウォルスキー 美術/スチュアート・ワーツェル 音楽/マーク・アイシャム 編集/リー・パーシー
出演/レナ・オリン、ゲイリー・オールドマン、アナベラ・シオラ、ジュリエット・ルイス、ロイ・シャイダー、マイケル・ウィンコット、トム・ウェイツ、ウィル・パットン、ロン・パールマン、トニー・シリコ、ポール・バトラー

概要とあらすじ
美しく冷酷な悪女と、彼女に魅入られて破滅していく悪徳警官の姿を描いたフィルムノワール。「危険な天使」の女性脚本家ヒラリー・ヘンキンのオリジナル脚本を「チェンジリング」「ザ・クレイズ 冷血の絆」のピーター・メダックの監督で映画化。ジャック・グリマルディ(ゲイリー・オールドマン)は万年巡査部長の生活から抜け出すためにマフィアと内通し、情報を提供して大金をもらっていた。美しい妻のナタリー(アナベラ・シオラ)と若く魅力的な愛人シェリー(ジュリエット・ルイス)に囲まれた彼の生活は申し分ないように思えた。ある日、ジャックはマフィアの女殺し屋モナ・デマルコフ(レナ・オリン)を護送する任務についた…(映画.comより抜粋



切ないけど、自業自得かもね。

『蜘蛛女』という邦題からすると、
網にかかった男がもがき苦しむさまを思い浮かべますが、
どちらかというと蟻地獄のほうが
本作の内容にはふさわしいような気がします。
原題の『Romeo is Bleedings』(ロメオは血だらけ)
トム・ウェイツの曲名から取られているとか。

古いアルバムをめくるダイナーの店主ジムが
「5月1日と12月1日にはあいつがやってくる」という
モノローグで始まる本作。
「あいつ」とは悪徳警官ジャック(ゲイリー・オールドマン)であり、
ジム=ジャック。
名前を変えてダイナーを営むジャックが
そこに至るまでの経緯を回想するかたちで物語が進みます。

ジャックは妻ナタリー(アナベラ・シオラ)
慎ましやかな生活を送っていましたが、
その反面、ウエイトレスのシェリー(ジュリエット・ルイス)という
愛人がいて、
金ほしさにマフィアに警察情報を流したりしています。
やがてジャックは、ロシア出身で凄腕の女殺し屋モナ(レナ・オリン)
マフィアに引き渡すように命じられますが、
モナが逃走したため、お前がモナを始末しろと脅される羽目に。

原題の「ロメオ」には、色男という意味があるそうですが、
色男ロメオことジャックが関わる女性たちが
それぞれまったく違うタイプなのが面白い。
妻ナタリーは、家事が得意そうではないけれど
安心感を感じさせてくれるような女性。
シェリーはどこかオツムが足らないような感じもあるが
幼い色気を湛えています。
そして、殺し屋モナは、
いつも下着の上にコートを羽織っているだけの女で
むせかえるようなフェロモンでジャックを翻弄します。
男性主観のTPOによって分別されたような女性たちに
それぞれTPOに則した愛情を注ぐジャックを描いたのは
女性脚本家ヒラリー・ヘンキンだということが
すべてを見透かされているようで空恐ろしい気分にさせます。

マフィアのドン(ロイ・シャイダー)
モナを殺せといわれたジャックでしたが、
一枚も二枚も上のモナは逆にジャックを金で強請って
自分が死んだことにする死亡証明書を書かせ、
生き延びてマフィアを乗っ取る寸法でした。
苦悶しながらも結局は目先の利益に飛びついてしまうジャック。

モナは殺し屋というわりには、
実際に行なう殺しの手腕が長けているとはいえず、
どちらかというと色仕掛けの謀略家
ジャックに殺させたシェリーを自分の身代わりとするために、
自らの左腕を切り落としたり、
たとえ逮捕されても司法取引を利用し、
すべての罪をジャックに押しつけて無罪放免にされるのです。

妻のことは愛しているし、愛人は可愛いし、
金も欲しい、と
全方位型にご都合主義的だったジャックは
結局、すべてを失うことに。
5月1日(もしくは12月1日)に再会を誓っていた妻ナタリーが
モナの手によって殺されたことを知ったジャックは
同僚警官の拳銃を素早く抜き取り、
モナに銃弾を浴びせます。
ところがそのことで、ジャックは警察から功労賞を授かり、
今度こそ彼は自由の身となるのですが、
結局ジャックは、マフィアや警察やFBIが巡らす策略のなかで
コマとして扱われ、右往左往していただけなのです。

5月1日のダイナーでは
待ち人を妄想する孤独なジャックが。
おそらく12月1日がくれば、
彼はまた同じようにアルバムをめくるのでしょう。
そしてそれは、彼の孤独と後悔を深めるだけなのです。

だらしないゲイリー・オールドマンを堪能できる快作です。
切ないけど、自業自得かもね。ジャック。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ