" />

ドッグ・イート・ドッグ

dogeatdog.jpg



(原題:Dog Eat Dog 2016年/アメリカ 93分)
監督/ポール・シュレイダー 製作/マーク・アール・バーマン、ゲイリー・ハミルトン、ブライアン・ベックマン、デビッド・ヒラリー 原作/エドワード・バンカー 脚本/マシュー・ワイルダー 撮影/アレクサンダー・ダイナン 美術/グレイス・ユン 衣装/オルガ・ミル 編集/ベンジャミン・ロドリゲス・Jr. 音楽/ダニエル・パークス
出演/ニコラス・ケイジ、ウィレム・デフォー、クリストファー・マシュー・クック、オマール・J・ドージー、ポール・シュレイダー、ルイーザ・クラウゼ、メリッサ・ボロナ、レイ・ガイエゴス、チェルシー・メルトン、ブルース・ライゼン、ジェフ・ヒラード、アリ・ワズドビッチ、ルイス・アンソニー・ペレズ、マギ・アビラ

概要とあらすじ
エドワード・バンカーの同名ハードボイルド小説を、ニコラス・ケイジ&ウィレム・デフォー共演で実写映画化したクライムサスペンス。長年の刑期を終えて出所したトロイは、刑務所仲間だったコカイン中毒のマッド・ドッグや巨漢の取り立て屋ディーゼルと再会する。3人はどん底の人生から這い上がるべく、地元ギャングのボスから75万ドルの報酬がもらえる仕事を引き受ける。それは借金を返さない男の赤ん坊を誘拐するという単純な仕事だったが、事態は思わぬ方向へと転がり、3人は追われる身となってしまう。トロイ役をケイジ、マッド・ドッグ役をデフォー、ディーゼル役をテレビドラマ「ウォーキング・デッド」のクリストファー・マシュー・クックが演じる。「アメリカン・ジゴロ」のポール・シュレイダー監督がメガホンをとり、ギャングのボス役で出演。(映画.comより



ケイジはともかくデフォーが!

ポール・シュレイダー監督の『ドッグ・イート・ドッグ』。
ニコラス・ケイジとウィレム・デフォーの共演ということで、
わーい、『ワイルド・アット・ハート』だと浮かれ、
渋いクライム・サスペンスをなんとなく想像していたのですが、
かなりポップなヘンテコ映画でした。
多くの亜流を生んだ初期タランティーノ風味な演出は
いまやむしろ古くさく感じてしまいますが、
ポール・シュレイダー監督が御年70歳だと思うと、
その若々しさになんだか微笑ましい気分になったりします。

トロイ(ニコラス・ケイジ)
をリーダーとした
マッド・ドッグ(ウィレム・デフォー)
ディーゼル(クリストファー・マシュー・クック)
仲良し3人組は
いい年こいて使いっ走りみたいな仕事ばかりしています。
ま、それはいいとしても、
ニコラス・ケイジやウィレム・デフォーが演じるにしては
こいつらの無邪気さがいまいちしっくりこないのです。
いくつになってもこんな馬鹿はいるよといわれればその通りですが、
ケイジはともかく(!)
とくにデフォーがこんなに馬鹿で薄っぺらいわけがない!
思ってしまいました。
とはいえ、
「裸足でカーペットをこすると気持ちがいい」と言ってみたり、
サムライ=ジャッキー・チェンと思っていたりするマッド・ドッグを
デフォーご本人はとても楽しそうに
演じてらっしゃいます。

とにかく、うだつの上がらない人生から抜け出すぞと
借金を返さないメキシコ人を脅すために
そいつの1歳児を誘拐してこいという仕事を引き受けた3人。
屋敷に忍び込んだ3人はたまたま居合わせた男を射殺してしまいますが、
その男こそが借金を取り立てるメキシコ人だったから
さあ大変……なわけですが、
さほど窮地に追い詰められた感じが迫ってきません。
先に言ったように、初期タラ風味な本作は
全編を通じて、いわゆる「スタイリッシュ」な演出が頻出し、
それ自体がそんなにかっこよくないだけでなく、
物語に没入するのを妨げている
ように思います。
さまざまなエピソードもぶつ切りだし、
いつまでたっても集中できないのです。

死体を処理しながら、
なぜか友だちになってほしいとくどくど言い始めたマッド・ドッグに
ブチ切れたディーゼルが
マッド・ドッグの頭を銃で撃つのが唐突に感じたし、
スーパーの駐車場での女性警官との格闘シーンや
ディーゼルがパトカーで逃走するシーンなど
余計だとしか思えない演出が連続するので
ちっともノレません。
死んだはずのトロイが
牧師夫婦の車をジャックするラスト・シーンは
トロイの魂がみる幻のようなものでしょうか。

アメリカの銃社会に対する揶揄や
警官による(とくに黒人に対する)暴力に対する批判などが
込められているような気がしないではありませんが、
なんにしろ散漫な印象しか残らない作品でした。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ