" />

バニーレークは行方不明

bunnylake.jpg



(原題:Bunny Lake is Missing 1965年/イギリス 107分)
監督/オットー・プレミンジャー 脚色/ジョン・モーティマー、ペネロープ・モーティマー 原作/イブリン・パイパー 製作/オットー・プレミンジャー 撮影/デニス・クープ 音楽/ポール・グラス
出演/ケア・デュリア、キャロル・リンレー、ルチー・マンハイム、ノエル・カワード、スザンヌ・ネブ、エイドリアン・コリ、キカ・マーカム、ジル・メルフォード、アンナ・マッセイ、マーティタ・ハント、ローレンス・オリビエ

概要とあらすじ
イヴリン・パイパーの小説を、イギリスの夫妻チーム、ジョン・モーティマーとペネロープ・モーティマーが脚色、「危険な道」のオットー・プレミンジャーが製作・監督したミステリー・ドラマ。ロンドンの昼さがり。アメリカから来たばかりのアン(キャロル・リンレイ)は、ロンドン駐在の記者をしている兄のスティーブン(キア・デュリア)と、この日新しいアパートに入った。そしてアンは4つになる私生児の娘バニーを保育園に迎えに行ったが、バニーの姿はどこにも見えなかった…(映画.comより抜粋



うんっ!!

おそらくは隠れた名作の部類に入ると思われる
『バニーレークは行方不明』は、
できればまったく前情報を入れずに観ていただきたい傑作です。
とかいいながら、いつも通りがっつりネタバレの感想を
書くわけです。

現れた手が紙を剥がしていくかっこいいタイトルは、
ソウル・バス
ひとつずつ謎を解明していくイメージでしょうか。
ロンドン駐在の兄スティーブン(ケア・デュリア)を頼りに
アメリカからイギリスに移り住んできたアニー(キャロル・リンレー)
引越当日、さっそく4歳の娘バニー・レークを保育所に預けます。
引越業者に荷物を運ばせ、買い物を済ませた後、
保育所にバニーを迎えに行くとバニーがいない。
私の娘はどこ? と半狂乱に陥るアニー。
ついには警察沙汰になり、
ニューハウス警部(ローレンス・オリビエ)の指揮の下で
バニーの捜索が開始されますが、
バニーの持ち物や記録が忽然と消え、
さらには、幼い頃のアニーには
バニーと名付けたイマジナリー・フレンドがいたことがわかり、
アニーの娘バニーはもともと存在しないんじゃないか? という疑念が
わき起こってきます。

町山智浩氏が著書『トラウマ映画館』のなかで
はじめに娘バニーの姿を観客に見せないことが特徴だと
書いているとおり、
本作は、登場人物たちは知らないが
観客だけは知っている真実を提示することなく物語が進むので
終盤まで特定の誰かに肩入れすることなく、緊張が続きます。
ただ、ひっかかるのは、引越の荷ほどきをするアニーが
娘が使っているであろうコップを洗面所の鏡の前に置いているのを
これみよがしに強調する
ので
娘のものがなくなってしまったことは確かなんじゃないかな……と思わせ、
どこまでも半信半疑な状態を持続させます。

突然退職した料理人の女性や
自称劇作家でサディストのエロ大家、
録音した子供の悪夢を繰り返し聞いては楽しんでいる保育所の園長など
観客を惑わすいくつものミスリードが重ねられ、
変質者による誘拐の可能性を残しつつ、
アニーが未婚の母であることが
バニーはアニーによる妄想の産物である可能性
より一層強めていきます。
このあたりの、微妙に肝心なことを言わない台詞の応酬が見事です。
さらには、スティーブンとアニーの近親相姦的な関係も匂わせ、
一筋縄ではいかない結末を予感させるのです。

娘バニーの行方を捜すよりも先に
バニーが実在することを証明せざるを得なくなったアニーは
バニーが好きだった人形を修理に出した店へ。
修理店の地下室に置かれた大量にある人形が
拉致監禁された子供たちを想像させます。

アニーが目当ての人形を発見し安堵するのも束の間、
突如スティーブンが現れ、不敵な笑みを浮かべながら
その人形を燃やしてしまいます。
これで一応、スティーブンが
バニー失踪の真犯人
であることが確定します。

スティーブンに気絶させられたアニーは病院に運び込まれますが、
スティーブンは担当医に対して
「ボクの妹は、存在しない娘がいるとか言い出して精神錯乱状態なんです」
みたいなことを言います。
警察に対して
強硬な態度でバニーが存在すると主張していたスティーブンが
担当医にこんなことを言ってしまうこと自体、
彼の論理が急激に破綻していることが窺えます。
アニーがかろうじて病院から抜け出すあいだにも
檻に閉じ込められた実験用の動物たちが映され、
バニーに迫る危険を煽ります。

家に戻って証拠隠滅を計るスティーブン。
はたと思いだし、自分のオープンカーに向かった彼は
トランクに隠していたバニーを抱き上げるのです。
ここでようやく実在するバニーが姿を現すのですが、
何度も登場するスティーブンのオープンカーのトランクに
バニーが詰め込まれていたと思うとぞっとします。

外したネクタイで
いまにもバニーを殺そうとしているスティーブンをみていたアニーが
ガラスを破って突入!!……するのですが、
アニーはスティーブンに「なにしてんの〜?」と優しく声をかけるので
あっけにとられます。
スティーブンは幼児退行の精神障害があり、かつアニーを愛するあまりに、
アニーのイマジナリー・フレンドの「バニー」を葬り、
アニーの夫でありバニーの父である男性も追放した
のでした。

とにかくアニーおねえちゃんと遊ぶのが大好きなスティーブンは
かくれんぼしようと言われると「うんっ!!」といい、
目隠し遊びと言われると、やっぱり「うんっ!!」つって
嬉々として遊びに没頭するのでした。

流麗なカメラワークも見所ですが、
最後まで観客を騙し、裏切り続ける脚本が見事です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ