" />

私は猫ストーカー

nekostoker.jpg



(2009年/日本 103分)
監督/鈴木卓爾 原作/浅生ハルミン 脚本/黒沢久子 撮影/たむらまさき 音楽/蓮実重臣
出演/星野真里、江口のりこ、宮崎将、徳井優、坂井真紀、品川徹、諏訪太朗、麻生美代子

概要とあらすじ
イラストレーターの浅生ハルミンの同名エッセイを、俳優・脚本家としても活動する鈴木卓爾が映画化。古本屋でアルバイトをするハルの趣味は、道端や路地裏で見つけた野良猫を時間が許す限り追いかけること。そんなある日、古本屋の店長が昔恋人に送った本が偶然出てきて……。主演は「さよならみどりちゃん」の星野真理。(映画.comより)



タイトルで判断するニャよ

猫という生きものを前にした人々は
少なからず「かーわーいーいー」という同調圧力
さらされるものです。
とくに猫好きを自称する女性たちは
他者とのコミュニケーションを前提としない独特の会話法で
各々が各々に「かーわーいーいー」を連呼し
少しでもそれに同意しないような素振りを見せようものなら
白い眼で睨み返し、人非人の烙印を押すのです。

そのような恐るべき同調圧力を利用した「猫映画」は多数存在し、
「猫をかわいいと言ってるあたしはかわいい」という
自己愛に溺れた観客の弱みにつけいらんとして
ステレオタイプな「猫のかわいさ」を鼻先に押しつけてくるのです。
ま、同調することに心地よさを感じる人々にとっては
表現がステレオタイプであることこそが重要なのでしょうが。

『私は猫ストーカー』 というタイトルは
即座にそのような「猫のかわいさ脅迫映画」を喚起させ、
僕にとってはタイトルを目にしただけで「観なくていい映画」として
普段ならスルーの対象になるのですが
蓮実重彦氏の『映画時評2009-2011』での絶賛を目にして
御大がそういうならちょっくら観てみるかと
DVDをレンタルしたのです。
まさか、この作品の音楽を担当している蓮実重臣
蓮実氏の息子であることが絶賛の理由ではないことを祈りつつ。

『私は猫ストーカー』の舞台になっているのは
谷中、根津、千駄木といったいわゆる「谷根千」と呼ばれる一帯で
昭和的町並みにノスタルジーを感じる人々の間で
ちょっとしたブームにもなっているようです。
確かに、この作品の舞台が「谷根千」であることは
重要な要素だとは思いますが
たとえば、同様に猫を扱った『グーグーだって猫である』
いまさら感あふれる「吉祥寺あるある」を登場させた
ご当地映画であったのとは一線を画し、
この作品の「谷根千」が
あくまで映画の主題に沿った舞台でしかないことは
主人公ハル(星野真里)のバイト先の「猫額洞」という古本屋
中野新橋に実在することや
終盤で登場する「猫返し神社」が立川にある「阿豆佐味天神社」を
モデルにしていることからも明らかです。
(ジャズピアニストの山下洋輔さんのエピソードで有名だそうな)
むしろこの作品には、「谷根千」の町並みや
古本屋の店内などに象徴される「狭さ」が重要で
それ故にあえてスタンダードサイズ(4:3の画面)で
撮られています。
もちろん「谷根千」には野良猫が多いというのが
重要な要素であることはいうまでもありません。

それにしても、この作品が
プリプロダクションや編集などの後処理の時間を除いて、
撮影がたった一週間で行なわれたたというのは驚きです。
この作品に登場する猫たちは
「猫額洞」で飼われているチビトムという名の俳優猫を除いて
(実在する猫額洞には猫はいないのだとか)
本当の(?)野良猫だそうで、
たとえ俳優猫だったとしても、動物を演出することは難しく
スタッフの奮闘ぶりは想像に難くないのですが
自由奔放に振る舞う猫を追いかける「猫ストーカー」ハル
カメラが「ハルストーカー」となって追うさまは
ドキュメンタリーのようです。
それゆえにハルの演技や独り言も
星野真里が自然に発したものをそのまま採用したそうです。
そのような制御の効かない猫を相手にしていながら
カメラが待ち構えているところに猫がフレームインして
画面の中で止まって見せたりするシーンは
奇跡としか言いようがありません。

カメラがハルの行動を追いかける
「ハルストーカー」に徹している理由として
中盤で挿入されるナレーションが
(監督曰く「前半部分の終わりを告げる合図」)
ハルの言葉でありながら元彼の声であることが挙げられます。
登場人物が考えていることを
片っ端からナレーションで説明してしまう
副音声映画をたまに見かけますが
この作品ではハルの内面に立ち入ることを避け、
あくまで観察者としてハルに接しているのです。
それはハルの猫に対する接し方と同じです。

ハルが元彼と電話で話すシーンでは
突然、シュールな演劇的トリックをみせられます。
電話で話すハルからカメラがパンすると
同じ部屋に電話の向こうにいるはずの元彼がいるのです。
バンドを辞めて実家でりんご作りをしている元彼が
近々結婚することになったと知っても
目の前にいると感じるほど
ハルの心には元彼の存在が強く居残っていることの表現でしょうか。
その後、元彼から送られたりんごが入っていた段ボール箱を
ハルが処分するために畳んでいる長々としたシーンは
ハルが元彼への感情を断ち切っているように見えました。

ゆるゆるとした時間を過ごしているように見えるハルの生活にも
事件が起こります。
「猫額洞」の主人(徳井優)が昔の恋人に送った本が
偶然にも手元に戻ってきて、それを機に
妻(坂井真紀)が嫉妬からか荒れ始めるのです。
本を手にした主人が思い出にふけるような態度をみせる後ろで
微妙な表情の変化だけで妻の心の揺れを演じる坂井真紀の演技は
素晴らしいものです。

ついにはチビトムが「猫額洞」から出かけたまま帰ってこなくなり
妻のパニックは頂点へ。
チビトムを追うように妻も出て行ってしまいます。
「猫ストーカー」たるハルは独自のルートで
チビトムを探しますが、やがてある考えに到り、
一緒にチビトム捜索をしていた猫仙人(品川徹)にこう言います。
「チビトムは探して欲しくないんじゃないでしょうか」

この作品のテーマに関わる最も重要なポイントは
あれほど熱心に猫を追いかける「猫ストーカー」で、
間違いなく猫好きのハルが猫を飼っていないことです。
DVDに収録されていたオーディオ・コメンタリーでは
鈴木卓爾監督はこの点について明確に答えようとはしませんでした。
おそらくは、この作品の最も根幹に関わることなので
監督がそれに答えてしまうことは
観客の解釈の幅を限定してしまうだけとの判断からでしょう。
(監督は「答えたくない」と言い、代わりに
 「これはSF「猫の惑星」なんです」
 余計にわからなくなるたとえをされていました。たはは)

ゆえに、観客のひとりである僕は
僕なりに「ハルが猫を飼っていない」理由を考えてみるのですが
ハルは猫に対して、というより人間関係においても
お互いを所有したり、所有されたりという関係を望まず、
(猫においても人間においても)出会いというものは偶然で
「こんにちは。それではまた。さようなら」という
瞬間を楽しめばそれで十分で、それ以上の関係性に
固執するべきではない
と考えているのではないでしょうか。
噂話や恋愛話が大好きな(すなわち他人に干渉することが大好きな)
ハルのバイト仲間・真由子(江口のりこ)
チビトムがいなくなったことに奮起し、
電柱に張り紙を貼って回る姿をみたハルが表情を曇らせるのも
「チビトムは探して欲しくないんじゃないでしょうか」と
考えているからでしょう。
このような、対象に敬意を払いつつ距離を置くような関係性が
「猫ストーカー」たるハルの態度の取り方であり、
「ハルストーカー」たるカメラの態度の取り方なのです。

いなくなった妻を捜しに出た「猫額洞」の主人が
昔の恋人のことをまだ好きなのかとハルに聞かれ
「感傷ってあるでしょ? 次元がちがうんだよ」と答えるのも
この作品のテーマに関わってくると思われ、
一言に猫を好きだと言っても
「猫を飼うこと」と「猫ストーカー」することは
次元が違うんだと言っているようです。

本当の「ハルストーカー」鈴木(宮崎将=宮崎あおいの兄)
黒マントの自称僧侶(諏訪太朗)
ハルが住むアパートの大家(麻生美代子=「サザエさん」のフネ!)など
サブ・キャラクターたちの存在も魅力的です。
そして、なんといってもハルを演じる星野真里が美しい。
世間一般の評価など知ったこっちゃないが
誰がなんと言おうと、星野真里は美しい。かわいい。いやだもう。
テレビでは明石家さんまにいじられて
天然キャラばかりが目立っていましたが
時折見せる眉間のしわがこれまた色っぽいのです。

そんなわけで、よくある「猫のかわいさ脅迫映画」とは
一線を画すどころか、雲泥の差。
「かわいい、かわいい」を連発するような映画ではないのです。
よって。ゆえに。
「え〜、ぜんぜん猫かわいくないじゃ〜ん、
 ストーリーがよくわかんないし〜
 あたしお腹空いた〜」
などというメス猫がいたら、ペディグリーチャムを
缶のまま投げつけてやりましょう。額めがけて。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ