" />

ノー・エスケープ 自由への国境

noescape.jpg



(原題:Desierto 2015年/メキシコ・フランス合作 88分)
監督/ホナス・キュアロン 製作/ホナス・キュアロン、アルフォンソ・キュアロン、カルロス・キュアロン、アレックス・ガルシア、シャルル・ジリベール 脚本/ホナス・キュアロン、マテオ・ガルシア 撮影/ダミアン・ガルシア 美術/アレハンドロ・ガルシア 編集/ホナス・キュアロン 音楽/ウッドキッド
出演/ガエル・ガルシア・ベルナル、ジェフリー・ディーン・モーガン、アロンドラ・イダルゴ

概要とあらすじ
「ゼロ・グラビティ」で父アルフォンソ・キュアロンと共同脚本を手掛けた息子ホナス・キュアロンがメガホンをとり、アメリカへの不法入国を試みるメキシコ移民たちが謎の襲撃者に狙われ極限状態に追い込まれる姿を描いたサバイバルスリラー。メキシコとアメリカの間に広がる砂漠の国境地帯を、モイセスら15人の不法移民たちが越えようとしていた。そこへ突如として銃弾が撃ち込まれ、仲間の1人が犠牲になってしまう。摂氏50度という過酷な状況の中、水分も武器も通信手段も持たない彼らは、生き残りをかけて壮絶な逃走劇を繰り広げる。「バベル」のガエル・ガルシア・ベルナルが主演を務め、テレビドラマ「ウォーキング・デッド」のジェフリー・ディーン・モーガンが共演。(映画.comより



シンプルすぎるくらいシンプルな

まあ、トランプ大統領が
3000kmにも及ぶアメリカとメキシコの国境に壁を作って
不法移民と麻薬カルテルの流通を遮るとかいっているご時世だし、
(しかも壁の建設費はメキシコ持ちで)
『ボーダーライン』でも国境を巡るリアルで凄惨な現状が描かれているので
『ノー・エスケープ 自由への国境』
アメリカとメキシコの国境を巡る現状を反映させ、
もしくは今後起こりうるかもしれない最悪の未来を予見している作品だと
考えたくなる気持ちはわからないではないし、
世界中で蔓延する排外主義を象徴していると言えなくはないと思いますが、
本作はいたってシンプルな、いやシンプルすぎるくらいシンプルな
スリラーとして楽しめばいいのではないでしょうか。

アルフォンソ・キュアロン監督のご子息で
『ゼロ・グラビティ』の脚本家であるホナス・キュアロン
本作のアイデアを考えついたのは8年前ということなので、
トランプ政権に対するアンチテーゼもしくはアンサーではないでしょう。
もちろん、トランプが登場するずっと前から
メキシコからの不法移民が問題になっていたのは確かですが、
監督の願いは、社会的メッセージを伝えることではなく、
追うものと追われるもののスリリングな関係を
あくまでエンターテイメントとして描く
ことだと思います。

モイセス(ガエル・ガルシア・ベルナル)を含む
メキシコからの不法移民たちが国境を越えようとしています。
そこにふらっと現れるのが、
ひとり国境自警団のサム(ジェフリー・ディーン・モーガン)
トラックが故障して
徒歩で砂漠を移動せざるをえなくなった不法移民たちを
離れた崖の上からスナイプするサム。
蜘蛛の子を散らすように逃げ惑う不法移民たちを
サムがひとりひとり着実に仕留めていく阿鼻叫喚。
いきなりマックスの緊張感を強いられますが、
正直言ってこのシーンがピーク。
その後、これ以上の見せ場が登場しなかったのは残念です。

サムは「この国は俺のものだ!」というので
キチガイ愛国者には間違いありませんが、
それ以上、彼の人格を裏付けるようなことは何も語りません。
サムを、話の通じない敵とするにはこれが正解だと思います。
そしてサムに従順かつ凶暴な飼い犬を連れているあたり、
これはもう「砂漠の『ドント・ブリーズ』

また、モイセスが抱えている事情もわずかに語られ、
若干、情緒的な肩入れを促すようではありましたが、
最小限にとどめています。
自動車の整備工だという彼が器用で正義感があり、
リーダーシップもとれる人間なのは、
ちょっとスマートすぎるような気がしないでもないけれど。

とにかく、なんかわけのわからないキチガイが追いかけてくるので
逃げなきゃ! という非常に単純な構成で
回想シーンなどをまったく挟まないのは好感が持てました。
ただ、フラグが立っている奴が順当に殺された挙げ句に
予想通りにモイセスと女の子が生き残ったり、
舞台が砂漠なのでサボテンと岩場のほかに変化をもたらすものがなく、
状況が最初のシーンからエスカレートしなかったのは残念です。
また、しゃべるぬいぐるみの伏線があざとすぎたり、
信号拳銃(発煙銃?)が登場した時点で、
ああ、これを犬の口に打ち込んで反撃するのねと
すぐに察しがついてしまうあたり、
いまいちアイデアに新鮮さが感じられませんでした。
(武器を持たない主人公が発煙銃で敵を倒すの、何度観たことか)

まるでコントのような岩場クルクルは面白かったのですが、
足が折れたんじゃ〜助けて下され〜と
助けを懇願するサムのそれまでと打って変わった卑屈さはいいとして、
そう見せかけてからのブーツに仕込んであったナイフで反撃!
みたいなのが、あとひとつふたつほしかったところ。
女の子をおんぶしたモイセスが砂漠を歩くラストシーンにも
あまりキレを感じることが出来ませんでした。

でもまあ、面白いっすよ。(ライトに)





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ