" />

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

pbtp.jpg



(原題:The Place Beyond the Pines 2012年/アメリカ 141分)
監督/デレク・シアンフランス 脚本/デレク・シアンフランス、ベン・コッチオ、ダリウス・マーダー 撮影/ショーン・ボビット 編集/ジム・ヘルトン、ロン・パターネ
出演/ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー、エバ・メンデス、ベン・メンデルソーン、ローズ・バーン、マハーシャラ・アリ、ブルース・グリーンウッド、ハリス・ユーリン、レイ・リオッタ、デイン・デハーン、エモリー・コーエン

概要とあらすじ
「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランス監督&主演ライアン・ゴズリングが再タッグを組み、親の罪が子にも受け継がれるという血の因果を描いたクライムドラマ。かつての恋人ロミーナと再会したルークは、息子ジェイソンが産まれていたことを知り、2人を養うため銀行強盗に手を染める。新米警察官のエイヴリーは、ルークを追いつめるがあるミスを犯し、罪悪感を抱える。しかし、周囲からは評価され複雑な気持ちを胸に、警察の腐敗に立ち向かう。15年後、成長したジェイソンはルークとエイヴリーそれぞれの秘密を知ってしまい、その怒りの矛先は親しくしていたエイヴリーの息子AJへ向けられる。共演にエバ・メンデス、ブラッドリー・クーパー。(映画.comより)



ま、そうなるでしょうね。

とてもとても評価の高い『ブルーバレンタイン』
デレク・シアンフランス監督ライアン・ゴズリング
再タッグを組んだこの作品!
て、いいながら、
ぼかぁ『ブルーバレンタイン』を観ていないのです。無念。
ホラー映画を追っかけていると、こういうことになるのです。
ま、しょうがない。そのうち観よう。

ライアン・ゴズリングといえば、やっぱり『ドライブ』でしょ。
この作品は、パッツリと3部構成になっているのですが
その最初のチャプターが、ライアン・ゴズリングのパートで
まさに『ドライブ』の車をバイクに置き換えたような
クライム・アクションの様相を呈しています。

移動遊園地でバイクショーを演じるルーク(ライアン・ゴズリング)
楽屋からショーが行なわれる球体の籠まで移動して
バイクに跨り、籠の中でぐるんぐるん回り始めるまでを
ワンシーン・ワンカットの長回しでとらえるオープニングは
胸がわくわくするに十分なシーンでしたが、
ライアン・ゴズリングが『ドライブ』のカー・スタントを
自らやってのけたこともあり、
このバイクショーも自分でやったのかどうかが
Twitterでちょっと話題になったりしていました。
そこで語られていたとおり、球体の籠に入る直前に
ライアン・ゴズリングが一瞬だけフレーム・アウトしていて、
おそらくその隙にスタントマンと入れ替わったのでしょう。
いくらなんでも、あんなにぐるんぐるん回るバイクのテクニックを
そんなに簡単に身につけられるわけないですよね。
だって、あんなにぐるんぐるん回るんですから。
みんな、そんなにぐるんぐるん回れないでしょう?
(昔、日本でもサーカスでこのバイクショーを
 やっていた記憶があるんだが、今はどうなんだろか)

ルークがショーを終えた後、子どもたちにサインをしていると
現れるのが昔(一年前?)の恋人、ロミーナ(エバ・メンデス)
僕好みの貧乳をパイスラッシュ(←わかる人だけわかればいいです)で
盛り立てたロミーナに扮するエバ・メンデスは
なんと、『ホーリー・モーターズ』ケイ・M!
気づかなかった! ぜんぜん違うじゃないかっ!
無機質なモデルのケイ・Mとうって変わって
ロミーナは生活感溢れる薄幸そうな美女なのです。

ロミーナが自分の子どもを産んでいたことを知ったルークは
街から街へと旅する生活に終止符を打ち、
ロミーナと子どものために「スケネクタディ」に留まることを
決意するものの、ふたりを養う金がない。
そこで、修理工場を営むロビン(ベン・メンデルソーン)
銀行強盗を実行するようになるのです。

走るバイクを後ろから追いながら斜俯瞰で捉えるショットや
林の中を疾走するルークを捉えるショットなどは疾走感に溢れ、
銀行強盗を働いて、トラックの荷台に駆け込むまでのシーンも
緊張感たっぷりでスリリングなものでした。
やがて、自暴自棄になったルークは単独で銀行強盗に挑むものの
失敗に終わり、新人警官のエイヴリー(ブラッドリー・クーパー)
射殺されてしまいます。

ここから、第2章
エイヴリー(ブラッドリー・クーパー)のエピソードになるのですが
第1章のドキドキするような躍動感はなくなります。
ルークを射殺した際に自身も足を負傷したエイヴリーは
一躍ヒーローとなりますが、
ルークの射殺には判断ミスがあったのではないかと
自責の念にかられています。
また一方で、悪徳警官と戦う正義感は持ちながらも
それを自分の出世に利用するずるがしこいところもあるのです。

第3章は、一気に15年後にとんで
ルークとエイブリーの息子たちの物語です。
ルークの息子ジェイソンに扮するデイン・デハーン
リバー・フェニックスとディカプーを合わせたような美少年で
本国アメリカではすでにブレイク済みだそうですが
エイヴリーの息子AJ(エモリー・コーエン)
白ブタっぷりにはイライラします。わはは。
役柄にはピッタリですが、それでも腹が立ちます。

言わずもがな、当然このふたりは
それぞれの親の因縁によって対峙することになるのですが
分かりきった展開にこれといった驚きはなく
「でしょうね」という言葉しか感想が出てきません。

区切られたチャプターによって
全く違う作品のように演出されている構成そのものに
面白味があるといえばそうかもしれませんが
時系列に沿って素直に展開される物語に驚きはなく
第1章がスリリングで魅力的だっただけに
第2章以降の落ち着いた雰囲気によって
作品全体が失速したように感じられます。
「宿命」といっても、人間模様に複雑さはなく
子どもたちの葛藤もそれほど深くは描かれていません。

素人考えと笑われるのを知りながら、あえて言ってみますが
この作品を、子どもたちの物語から始めて
過去の因縁に遡っていくようにしたら、どうだったでしょうか。
子どもたちには、理解できない親たちの不可解な態度がありつつ、
徐々に運命の謎が解きほぐされていく……とかさ。
少なくとも、ミステリーの要素は加わると思うのですが。

ちなみに、作品の舞台となっている「スケネクタディ」という街は
ニューヨーク州スケネクタディ(Schenectady)のことで
インディアンのモホーク語で「松林の向こう側」という意味だそうです。
原題の「The Place Beyond the Pines」とは、その英語訳だとか。

ま、いいか、そんなこと。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ