" />

ある優しき殺人者の記録

aruyasashiki.jpg



(2014年/日本・韓国合作 86分)
監督・脚本/白石晃士 製作総指揮/杉原晃史、イ・ウンジョン プロデューサー/紀嘉久、チェ・ユリ 撮影/白石晃士、ソン・サンジェ 照明/イ・ソンファン 編集/キム・ムンピョ
出演/ヨン・ジェウク、キム・コッピ、葵つかさ、米村亮太朗

概要とあらすじ
「ノロイ」「口裂け女」など独特のホラー作品を手がけてきた白石晃士監督が、POV(主観映像)方式で撮り上げた日韓合作のサスペンススリラー。韓国の障害者施設から、18人が犠牲となった連続猟奇殺人事件の容疑者の男が脱走する。その後、男から電話で呼び出された韓国人女性ジャーナリストは、いまはは廃屋となっているマンションである映像を見つける。そこには、男の独白とともに衝撃的な映像が収められていた。ジャーナリストの女性役で「息もできない」のキム・コッピが出演。撮影はオール韓国ロケで行われた。(映画.comより



一回、包丁置いてくれ。

モキュメンタリーを得意とする白石晃士監督の作品を
それほど多く観ているわけではないけれど、
いつも斜め上行く展開に驚かされます。

日韓合作の『ある優しき殺人者の記録』
ほとんどのシーンが廃マンションの一室で展開する
ワン・シチュエーション・ドラマ。
おなじみのPOV映像はチープなように思われるかもしれないが、
全編を長回しのように見せる(実際は繋いでいる)
ルベツキ的編集
が見事で
リアルタイムで進行しているかのような臨場感を味わえます。

世間を騒がす連続殺人犯サンジュン(ヨン・ジェウク)から電話を受け、
取材することになったジャーナリストのソヨン(キム・コッピ)
日本人カメラマンの田代(白石晃士)を引き連れて
指定された廃マンションの一室へと向かいます。

サンジュンとソヨンは幼馴染み。
幼い頃、ふたりがもうひとりの仲良しユンジンと3人で遊んでいたとき、
ユンジンが車にはねられて死んでしまったのでした。
その頃から少しずつオツムがおかしくなり始めたサンジュンは
「神の声」を聞くようになり、
「27歳になったとき、27人殺せばユンジンが生き返り、
 殺した人も生き返る」

と考えるようになったのでした。
なんで27なのか、さっぱりわからないけれど、
すでに25人殺したというサンジュン。残るはあと2人。
サンジュンはこれから起こることをすべて記録しろというのでした。

ハイテンションで「神の声」を説明するサンジュンの
話の通じなさがナイス。
ていうか、頼むから一回、包丁置いてくれ。話は聞くから。
最後のふたりに間違われて殺されるカップルが不憫でなりませんが、
ともかく、サンジュンがいう時間ぴったりに
日本人カップルがその部屋に現れるのでした。

よりによって、この葵つかさと米村亮太朗の夫婦が
好戦的なエロキチ夫婦

夫婦の愛を確かめようとサンジュンが葵つかさをレイプすると
むしろ喜ぶ始末。
サンジュンが聞いた「神の声」によると
最後のふたりは首にアザがあるはずでしたが、
エロキチ夫婦の首にはそれはなく、
かわりにサンジュンとソヨンの首にアザがあったのでした。

それまで壁の配管に縛り付けられて
ほとんど動いて演技することができなかったキム・コッピ=ソヨンが
わりとあっさり葵つかさの首を包丁で切り裂いたのは
唖然としましたが、それはともかく、
田代が死に、(田代は殺人の数に入っていない巻き添え)
ソヨンも息絶えると、
サンジュンはユンジンが車にはねられる直前にタイムスリップ。
身を挺してユンジンを守り、自分が轢死するのでした。

そして、ラスト。
サンジュンとソヨン、ユンジンの3人は
約束通りに映画を見に行くのです。
「神の声」に従ったサンジュンの願いがかなったわけですが、
なんという甘くてファンタジックな展開。
一応、この奇跡のために殺された人たちも生き返るはずですが、
あっけにとられるハッピーエンドではあります。
(プロデューサーの意向だとか)

制限された状況でも
なにかしらフレッシュなアイデアで楽しませてくれる
白石晃士監督らしい作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ