" />

悪魔は誰だ

akumadareda.jpg



(原題:Montage 2013年/韓国 120分)
監督・脚本/チョン・グンソプ 撮影/イ・ジョンヨル 音楽/アン・ヒョンジョン
出演/オム・ジョンファ、キム・サンギョン、ソン・ヨンチャン、チョ・ヒボン、ユ・スンモク、チョン・ヘギュン

概要とあらすじ
時効を迎えた幼女誘拐殺人事件がたどる結末を、「私のちいさなピアニスト」のオム・ジョンファと「殺人の追憶」のキム・サンギョン共演で描いた骨太サスペンス。15年前、娘を何者かに誘拐され殺されてしまった母親ハギョンは、犯人逮捕を願って自ら情報を集め続けていた。そんな彼女のもとを担当刑事チョンホが訪ね、事件が間もなく公訴時効を迎えることを告げる。時効まで残り5日に迫るなか、事件現場に一輪の花が置かれているのを見つけたチョンホは、これを手がかりに捜査を再開。犯人を確保寸前にまで追いつめたものの取り逃がし、事件は時効を迎えてしまう。それから数日後、15年前と全く同じ手口の事件が発生し……。オム・ジョンファが愛する娘を失った母親役を熱演し、韓国のアカデミー賞と言われる大鐘賞で最優秀主演女優賞を受賞した。(映画.comより



どうすんのよ、これ。

韓国では、毎年1万人もの児童が失踪しているそうで、
そんな社会問題を背景にしているのでしょうか。
『悪魔は誰だ』
さあ、誰でしょうねえ……。

時効が目前に迫った15年前の幼女誘拐殺人事件
被害者の母親ハギョン(オム・ジョンファ)
怒りと悲しみに暮れながら、独自に犯人の手がかりを探っています。
担当刑事のチョンホ(キム・サンギョン)
なんとかして真犯人を捕まえたいと思っていますが、
時効までに残された時間はすでに5日と限られています。
そんなとき、警察と当事者しか知り得ないはずの
被害者の少女が死んだ場所に一輪の花を手向けたものが。
これは犯人に違いないというわけで、急遽動き始めるチョンホ。

本作、全体を通じて
かな〜りご都合主義的な演出が多いのですが、
ドライブレコーダーの映像で犯人のものと思われる車を特定するも
ナンバーがわからない。
そんで、もう一回見てみると、
商人組合かなんかのシールが貼ってある。
とりあえず市場に行ってタバコを吸ってると
なんと目の前にそのシールを貼った車が止まっている……というね。
食堂に逃げ込んだ男を発見するも
なぜかすぐに声をかけず、じわりと距離を置くチョンホ。
で、結局声をかけようとして逃げられてしまいます。
まあ、ここで犯人が捕まったら話にならないのですが
物語の引き延ばし方がどうにもあざといのです。

やむなく事件は時効を迎え、警察を辞職するチョンホ。
ああそうか、法で裁けなくても自分で捜査を続けようとするんだな
と、思っていたら、家でぐうたれているだけだったというのはさておき、
時効を迎えた後、同様の手口を使った誘拐事件が発生します。
あいかわらず都合のいい描写が頻出し、
あまりにも誇張された警察の無能っぷり
どうにもイマイチのれません。
15年という月日を感じ取れる美術やメイクなどの工夫が
感じられなかったのも残念でした。
(困惑させるためにあえてミスリードしたのかもしれないが)

やがて、被害者少女のおじいちゃん
身代金の受け渡しのときに現行犯逮捕されます。
おじいちゃん、すげえ走れるなあ……というのはともかく、
おじいちゃんは真犯人に指示されただけだと主張するも
犯行現場から物的証拠がつぎつぎと発見され、
あいかわらずの警察の杜撰な捜査も手伝って、
おじいちゃんが真犯人だとされてしまいます。

当然、この結果にチョンホが納得するはずもありません。
このあたりのミステリーは素直に楽しめたし、
15年前の事件と現在の事件は同一犯だろうと思っていたので、
15年前の事件の真犯人はおじいちゃん、
そして現在の事件の犯人は被害者の母ハギョン
だったという展開には
ほっほ〜となりました。

ハギョンは独自に犯人捜しを進めるうちに
おじいちゃんにたどり着き、真犯人だと確信して、
同じ目に遭わせて復讐しようとしたのでした。
そもそも15年前、
おじいちゃんは娘の心臓手術の費用を捻出するために
ハギョンの娘の誘拐を企てたので
ハギョンとおじいちゃんは
どちらも娘のためを思って苦渋の決断を下した
というわけで、
歪な家族愛が悲劇を繰り返してしまった、と
いったところでしょうか。
最終的におじいちゃんは、
誘拐された孫の安全と引き替えに
自分が孫を誘拐した犯人になることを受け入れるのでした。

演出的に、ハギョンの娘の死因を最後まで隠す必要があるのか疑問だし、
ハギョンが
ピンポイントでおじいちゃんへの復讐を決意したのなら、
その前に男の子を追いかけて逃げられたのはなんなのよ?
と思わないではありませんが、
それよりもなによりも、
無事に保護されたおじいちゃんの孫は
事情聴取でどんな証言をするんでしょうか。

「あたち、ずっとおじいちゃんと一緒にいたの」と
嘘をつくんでしょうか。
ハギョンに同情し、もろもろの事情に納得して?
そういうことなら、おじいちゃんが刑務所送りになるのも仕方ないかって?
んなわけないよね。
普通に考えて、
「あたち、知らないおばちゃんと一緒だったの」ていうでしょ。

どうすんのよ、これ。
ねえ、どうすんだよ、これ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ